タグ:荻上直子監督 ( 1 ) タグの人気記事

トイレット

映画トイレットを見てきました。
友人の送迎つき、おやつつき、シネプレで、偶然お嫁さんにも紹介され、
映画後のランチ、帰ってから友人宅でお茶と
まる一日遊んでもらっちゃったのでした。 
この映画は、とても気にいったので、
いろいろ記録しておきます。 
■見どころ
「かもめ食堂」「めがね」などで高い評価を得ている
荻上直子監督がカナダを舞台に完成させた家族ドラマ。
祖母とのふれあいを通して、次第に変化していく
3人兄妹の姿を優しい視点でつづる。荻上監督作すべてに出演し、
いまやなくてはならない存在である、
もたいまさこがばーちゃん役に扮し、独特の雰囲気で物語を彩る。

■ストーリー
企業の実験室で働くレイは、母親の葬儀の後、
実家に戻ることに。そこで彼を待ち受けていたのは
4年も引きこもっているピアノが弾けなくなったピアニストの兄モーリーと、
勝気な大学生の妹リサ、そして祖母のばーちゃんだった。
それぞれマイペースに暮らしてきた3兄妹は、
ばーちゃんとの交流により、家族の絆を取り戻していく。

e0117945_18563178.jpg
 シネマカフェ この映画のこだわりが載ってます。 
この映画のキャッチコピーは 「みんな、ホントウの自分でおやんなさい」。
ジワジワと心温まる映画かなと...それが不自然でもなく、
異国の壁も超えて、心と心でぶつかるみたいな感じ。 
めがねの冗長さと比べると、ずっと刺激的。
もたいまさこ演じるバーちゃんは、英語が通じない、だからなのか一言も発しない、
けれど、本気で喋れば言ってることがわかるのである。  
喋っても喋っても通じない、理解し合えないどころか、喋れば
喋るほどドツボにはまることのある人間関係。 
無言の素晴らしさも味わって、納得、頷く我々でした。 
ディテールにこだわった、調度、ファッション。
なくてはならない、食。   
これには、見る前から期待大。 
餃子がキーでもあります。
キャストもピッタシ。  
それに、
ここで登場する猫 ’センセー’に、もうメロメロまいってしまいました。  
トイレット、日本のトイレは素晴らしい! それは、どこの外国に行っても
いちばんに思い浮かぶことではないでしょうか? 
あたりまえのありがたさも、あらためて感謝がわきます。 
それから、もっと重大な想像もしていなかったヒミツがありました。 
それも考え方次第?  
いい映画でした^^  
[PR]
by kimikitak | 2010-08-31 19:28 | 映画