タグ:林真理子 ( 4 ) タグの人気記事

電車で読む本

e0117945_20154246.jpg
子供ができないまま六年目を迎えた結婚生活に、すれ違いを覚える洋一と映子。
やがて二人は、互いに異なる人へ想いを寄せ始めていく。
婚外恋愛の甘さと苦さが胸にせまる、大人のための恋愛小説。

やさしい夫に愛されている女はいくらでもいる。
けれども夫以外の男から、激しく思慕されている女が、いったい何人いるだろうか―。
ワイン工場と葡萄園を経営する夫と、平凡な生活を送る映子。
だが、子どもができないことへの負い目から、二人の心は少しずつすれ違っていく。
やがて、互いに異なる相手へ想いを寄せ始めるが…。
結婚の苦さと婚外恋愛の甘さを描く、大人のための恋愛小説。


友達が電車用にまわしてくれた、読みやすい本。 
真理子先生の出身地、山梨が舞台。 
1998年の作品なので、微妙に過去ですが、私の若い頃よりずっと感覚は新しいはず。
林真理子の中・高時代のモデルもあるのかもと思いながら読み進みましたが、
なんといっても、あそこもここもどこもかしこも、みんなちょっと繋がってる
いなかの閉塞感に逃げ出したくなりそうな空気が全編を通じて流れてました。 
方言で会話も書かれているので、よけいに地元の感覚があらわで、
真理子さんは、かの土地から脱出したかったのだろうと想像しました。
いつの時代も不倫はあるものの、その時代その時代によって重さも
代償も違うと思いますが、必ず責任は誰かがとらなくてはいけないのが世の常。
この話も、そう軽くなくて、意外に内容はシビアで、なかなかにドキドキさせられるものが
あり、するすると読みました。 
問題を含みつつ、再生方向にいく結末は救いがありました。 


e0117945_20385825.jpg

優しい夫に真っ白でふわふわな猫―美由紀の満ち足りた生活は、
夫の溺死によりピリオドが打たれる。しかしそれは、
新たなる絶望への幕開けに過ぎなかった。
小説推理新人賞受賞作「隣人」を含む戦慄のサスペンス集。
予測のつかない結末6篇!


永井するみ… 初めて目にしました。 が、既に亡くなられた作家さんなのでした。 
表題作の隣人、この隣人というタイトルは、すでに映画やドラマに
恐いストーリーがいろいろあったと思い返し、タイトルと装丁だけでも不気味な様相を
感じました。 
他の作品も、心の叫びというか、人の心に潜む暗いどろどろしたものが
積み重なって爆発する、最後には想像をはるかに超えた結末が待っていると
いった感じで、先が知りたくなる短編でした。
人の内面の表現もうまく、見た目だけでは絶対にわからない人の奥底を見せられた
ようでした。  
ミステリーなので極端ですが、普通の人の生活の中にも、なにかしら似通ったことが
おこってるのだろうと思えます。 
おもしろかったので、長編も読んでみたいところで。
 
[PR]
by kimikitak | 2014-03-21 21:01 |

林真理子 いいんだか悪いんだか

e0117945_1937325.jpg 林真理子/著
書籍紹介: 京都で『源氏物語』に悩み、
イタリアではオペラにうっとり。
ブログを更新しつつ女優を夢見、
クラス会では青春の1ページが……。
東奔西走するマリコの抱腹絶倒エッセイ、
今回も美を追求しつつ、ときには世間を
チクリと批評。
「週刊文春」にて大好評連載のエッセイ、
待望の2009年総集篇!
価格:1,250円











目次
京都の品格
ふくよかな時代
クラス会
この病い
プロジェクト始動
大丈夫?
湯タンポの功罪
劇場は誰のもの?
ミゾユウの出来ごと  ウズ中 渦中
もうイタくない〔ほか〕
ずっと林真理子のエッセイは読んできたので、もう
慣れてしまってますが、
私の年齢に近いこともあり、共感できることがあって
楽しく読んでます。 
とはいえ、あちらは才能あるセレブ、ゆえに言葉の重みも
ずっしりですが、ことエッセイは、普段着の話し言葉で
親近感がよりわきます。 
こんなこと書いちゃって大丈夫かな?という芸能ネタ、
これは、実名でちゃん書いてるあたりがスゴイです。
政治ネタも、主婦の目線をおさえていて、代弁してもらって
いるようで、気持ちよいといえます。 
いろいろ思うことあっても、言葉や文章にできないので、
こんな風に、あれこれそこらへんの身近ネタを
ご本人の責任において書けるのは、勇気ありと思えます。
本当は、もっと難しいことばも使えるのでしょうが、
あくまでもわかりやすいところが、楽しめます。
こんな口調で、今の話題、相撲界の野球賭博のことなど
切り込んでいただきたいところ。 
私、朝青龍がいなくなってからの大相撲に興味がわかないのですが、
朝青龍を追っ払ってしてやったりという、内館さんややくみつるさん、
いつも不思議に見ていたのですが、今回は静かで、不気味です。
こういうネタ、真理子さんはどのようにお考えか、聞いてみたいところです。
ところで、真理子さんは、別格の作家、村上春樹氏に
原宿ラフォーレで偶然にも出会って、挨拶したと大はしゃぎ。
それから、いちばん着目すべきダイエットに関して、
専門医について、遺伝やDNAなど徹底的に調べて
サプリと食事療法であれよあれよと14キロ痩せたとか。 
確かに、最近の写真は’あれもこれも日記’をみても
いつになく細いようです。
真理子さんとダイエットは切っても切れないテーマ、
私も、ず~っとその状況なので、親近感でつい興味を
もってしまいます。
今後の太さに注目したいと思います^^ 
 
 
[PR]
by kimikitak | 2010-06-22 20:12 |

RURIKO

e0117945_2125115.jpg RURIKO 林真理子
  昭和19年、満州の帝王・甘粕正彦を四歳の少女が魅了した
というキャプションで、興味津々。 
現在も活躍中のルリ子さんゆえ、ロマンは感じにくいものの、
昭和の華やかな銀幕時代がよくわかり、一時代を築いた
スターたちの赤裸々さが、この時代を少し、知ってる人間としては、
昭和を感じ、おもしろかったです。
アナーキスト大杉栄、伊藤野枝夫婦とその甥を殺害したとされる
甘粕事件の甘粕正彦、服役後、
満州に渡り特務を担う、その歴史的部分から始まり
一人の美貌の少女が、銀幕スターになるまで、
その頃の映画界の人間模様が、リアルすぎて、
女性週刊誌を読んでいるようでした。さすが、真理子さん。
登場人物は、知っている人ばかり、でありながら
知らなかったゴシップ。 そうだったのか~と、
昔に思いを馳せながら、古き良き映画時代を感じました。
小学生の頃、上野毛にあった’ひばり御殿’の前を通り、
子供心に、スゴイ人たちとなんだと思ったりもしましたが、
その派手さの裏側にある、あの人たちの孤独感も
描かれていて、いいときも悪いときも残酷なまでの
厳しい世界がよく伝わってきました。
ルリ子さんだから、当然のごとく石坂さんも登場しますが、
石坂さんは、少し後で、うまくテレビに滑り込んだ人。
’陽の当たる坂道’’ありがとう’の印象が強い好青年で
私は憧れてましたが、その人物像も、真理子さんならでは?
なかなかの切り口でした。
この本を読んだあと、テレビで石原裕次郎の映画の特集があり
’狂った果実’を見ましたが、北原三枝もスタイルよく美しい。
白黒の日本映画なんて久しぶり、長門裕之もツルッとした
美青年、激しい終わり方でしたが、これがあの頃の映画
のパターンだと、納得。
[PR]
by kimikitak | 2008-12-04 21:57 |

最近読んだ本

e0117945_19223793.jpg「綺麗な人」と言われるようになったのは、四十歳を過ぎてからでした
年齢が近いよしみで読んでみました、
能力も生活も雲泥の差ではあるけれど…
でも、同年代ということは、幼少時代も思春期も、
過ごした時代のバックグラウンドは一緒。
だから、セレブの真理子さんのおっしゃることに
庶民である私でも、共感できることが多い。 
ルンルンで直木賞のときの、あの初々しい?真理子さんの映像
が懐かしい~m(._ _*)m

e0117945_19341049.jpg ホームレス中学生
実家に行ったときに、あったので読んだわけですが
そのときはベストセラーで騒がれてました。
執筆者である’お笑いの麒麟の田村’というのが、そのときは
知らなかった。 今でもよくわからないけれども、
これが実際のことということで、淡々とすすむ状況描写が
かえって、辛く感じたりもしました。
これが小説だと、感動する作品になるのかもしれない。
ドラマや映画になるのかな?

e0117945_19473219.gif 流星ワゴン
これから自分や家族の未来がわかるという設定で
果たして、困難な辛い未来が変えられるかというのは、
TVアメリカのドラマ 『トゥルー・コーリング』 も同じ、
これって、とても頭の中がゴチャゴチャになって あまり
好きではないのでした。
絶対に決まっている未来、でも変えなくてはならないような未来、
だれでも’たら・れば’はしばしばあることなので、身につまされ、
悲しくなりました。
身につまされたといっても、主人公の妻の行いとその理由は
理解しがたいもの。 


e0117945_2043912.jpg 風が強く吹いている
箱根駅伝がテーマの長編ということなら、読んでみようか…
我が家の近くは駅伝のコース、もう何年も見続けているので
どういう話になっているのか興味津々。
すべりだしからして、ありえなそう…だからこその展開を
期待したのですが、いかにせん長すぎ、不必要なタイムの羅列など
少々、読むほうが息切れ気味。 
あまりにもメジャーなテーマに勢い込みすぎ? 
でも、楽しませてもらいました。
[PR]
by kimikitak | 2008-04-05 20:24 |