タグ:エッセイ ( 3 ) タグの人気記事

ピーことば

e0117945_19421588.jpg
辛口だが、愛情あふれるコメントが人気のピーコ。自身も大病を経験し、
老いへの向き合い方をシビアに考え、今を大事に「きちんと」生きている67歳。
その口から紡ぎだされる言葉には含蓄がある。
「若作りって恥ずかしいことよ」「きれいになりたかったら継続が必要。
すぐに結果は出ません」「自分を磨くための我慢は50歳からするの」
「毎日をきれいに暮らすこと。『しんどい』はタブー。
おしゃれって、結構そういうところからくるものよ」
「自分のためだけに生きていると空しさはなくならないの。
人のために生きなさい」「命に限りがあると知り、
欲を捨てて生きられるようになったの」「『いい人と思われたい』
という欲を捨てるとラクに生きられるわ」
「年をとっても幸せでいるためには、自分の中に楽しみを持っていることが大事なの」
など、ピーコの金言を集めて構成する。
マツコ・デラックス、吉行和子、奈良岡朋子との対談も収録。


カーブスの友だちが、たまにはエッセイも軽くていい、なんぞと言って貸してくれました。 
もともと、辛口ピーコのファッションチェックは大好きで、よく見てたので、ピーコの発言は
おもしろいかと。 
雑誌’ゆうゆう’に掲載されたエッセイ+対談で仕上がった本でした。 
長年の朋友、吉行和子、奈良岡朋子との対談に加えて、マツコデラックスとの対談で、
テンション上がりまくりの暴露的お話に、思わず、これは誰のこと言ってるのかな?と
興味津々となったり、おもしろおかしくササッと。 
「あれは、化け物ね。恋多き女優として有名で、昭和30年代のNHKホームドラマで有名に
なった… 今70歳くらい? 」 「もう何度もお直ししまくりだから」 ってマツコとの対談。
果てさて、この女優って誰だろうと気になることなること。 お直しの女王だそうです。 
マツコと二人で、今流行の美魔女をメッタ切り。これにはちょっとばかり溜飲がさがるような。
’哀れっていえば、有名な男と結婚したからってイバってる女も哀れだと思うの“ 
こんな調子の対談は、なかなか小気味よく感じました。 
吉行、奈良岡の大御所は、当然のことながら、すがすがしい竹を割ったような話しぶりが
素敵でした。 まさに大人の女!  
この3っつの対談以外はピーコならではの格言に、説明やエピソードつき。 
40代で眼球摘出という大病に遭遇してるからか、自分自分じゃなくて、
辛口でも優しい思いやりやフォローも忘れてないようでした。 
ピーコのことばと言っても、わりと当たり前といえばいえるような話
がほとんどですが、やはり人間の基本は普遍的なものとも思え、 
斬新なもの言いはあまりなかったです。 
たとえばこんな風に。 
「年をとって自分のことばかり話すような鈍感な人にならないために、
美術館に行って絵を見たり、...」 とか
「死ぬときは皆ひとり。私は行き倒れて死んでもかまわないと思ってるの。
そのために、身辺を綺麗に片付けて、周囲の人に負担をかけないように…」
などと、わりと当たり前のことが中心です。
ファッション指南も多く、そうそう、言い訳しきりでなりふりかまわぬままじゃ
いけないな~とあらためて思った、そんな気にもさせてくれました。 
でも、もっと厳しいかとおもいきや、それほどでもなかったのは、
少々、オバさんたちへのあきらめも入ってるかも。  
ピーコさんは本がないと生きていけないともおっしゃって、読書家のようです。
オカマが珍しかった時代の双子のオカマ、それぞれ映画とファッション、
ふたりとも今もって活躍中。 おすぎの映画評もおもしろく、
やはり才能ある双子オカマだったのだな~と、あらためて思いました。 
[PR]
by kimikitak | 2013-06-09 20:32 |

平松洋子のエッセイ

e0117945_8445289.jpg
仕事で訪れた外国の街のその男は、初めて会ったのになつかしいひとだった……。
夜匂う花、口中でほどける味、ふるい傷の痛みが、記憶をたぐりよせる。
伊丹十三、沢村貞子、有吉佐和子、殿山泰司など愛読書の頁を繰れば、
声の聞こえる思いがする。
誰もが胸に抱くかけがえのない瞬間をすくいあげた、こころにのこるエッセイ66篇。

書評・対談


平松洋子といえば、もともと料理研究家というイメージ。 
最近は、新聞でもエッセイに出会って、そのおもしろさに思わず笑えたり。
何冊か食関係のエッセイも過去に読んでみたけれど、 
その着眼点と文章力で、どれも内容が濃くて楽しいと思ったものでした。 
こちらの本は、新聞で角田光代が褒めていたので、図書館にオーダー
『この人の凛りんとしたたくましい文章は、読む、というよりも、味わう、という表現がふさわしい。
五感を刺激されながら、句読点までしゃぶるように味わい尽くした』 
という、角田さんの評も素晴らしく読む気にさせます。 
そんな期待を裏切ることなく、数多くの話題が美しい文章で綴られてました。 
油揚げ一枚が驚くほどの文章になるのも彼女ならでは。 
冷やし茶碗蒸しをつくろう、と思いついたくだりには、
ついついこちらも作ってしまうのでした。 
ただ話題によっては、あまりにも詩的で美しい文章になっていて
凡人の私には、かえって響かないというのもありました。
ことばが溢れてくるのか絞りだすのか、単なる日常生活も深いものにみえてきます。
次は 
タベルタビカンコクムカシノアジ
食べる旅 韓国むかしの味 
    も読んでみたいと思います。


e0117945_915303.jpg
ずっと前に買った平松洋子の料理本  
この本にもずいぶんと楽しませてもらいました。
あまりにも才女なんでしょうね。  
e0117945_917418.jpg
  
[PR]
by kimikitak | 2012-07-26 13:43 |

林真理子 いいんだか悪いんだか

e0117945_1937325.jpg 林真理子/著
書籍紹介: 京都で『源氏物語』に悩み、
イタリアではオペラにうっとり。
ブログを更新しつつ女優を夢見、
クラス会では青春の1ページが……。
東奔西走するマリコの抱腹絶倒エッセイ、
今回も美を追求しつつ、ときには世間を
チクリと批評。
「週刊文春」にて大好評連載のエッセイ、
待望の2009年総集篇!
価格:1,250円











目次
京都の品格
ふくよかな時代
クラス会
この病い
プロジェクト始動
大丈夫?
湯タンポの功罪
劇場は誰のもの?
ミゾユウの出来ごと  ウズ中 渦中
もうイタくない〔ほか〕
ずっと林真理子のエッセイは読んできたので、もう
慣れてしまってますが、
私の年齢に近いこともあり、共感できることがあって
楽しく読んでます。 
とはいえ、あちらは才能あるセレブ、ゆえに言葉の重みも
ずっしりですが、ことエッセイは、普段着の話し言葉で
親近感がよりわきます。 
こんなこと書いちゃって大丈夫かな?という芸能ネタ、
これは、実名でちゃん書いてるあたりがスゴイです。
政治ネタも、主婦の目線をおさえていて、代弁してもらって
いるようで、気持ちよいといえます。 
いろいろ思うことあっても、言葉や文章にできないので、
こんな風に、あれこれそこらへんの身近ネタを
ご本人の責任において書けるのは、勇気ありと思えます。
本当は、もっと難しいことばも使えるのでしょうが、
あくまでもわかりやすいところが、楽しめます。
こんな口調で、今の話題、相撲界の野球賭博のことなど
切り込んでいただきたいところ。 
私、朝青龍がいなくなってからの大相撲に興味がわかないのですが、
朝青龍を追っ払ってしてやったりという、内館さんややくみつるさん、
いつも不思議に見ていたのですが、今回は静かで、不気味です。
こういうネタ、真理子さんはどのようにお考えか、聞いてみたいところです。
ところで、真理子さんは、別格の作家、村上春樹氏に
原宿ラフォーレで偶然にも出会って、挨拶したと大はしゃぎ。
それから、いちばん着目すべきダイエットに関して、
専門医について、遺伝やDNAなど徹底的に調べて
サプリと食事療法であれよあれよと14キロ痩せたとか。 
確かに、最近の写真は’あれもこれも日記’をみても
いつになく細いようです。
真理子さんとダイエットは切っても切れないテーマ、
私も、ず~っとその状況なので、親近感でつい興味を
もってしまいます。
今後の太さに注目したいと思います^^ 
 
 
[PR]
by kimikitak | 2010-06-22 20:12 |