ブーリン家の姉妹

e0117945_20473029.jpgブーリン家の姉妹
2週間限定で、いつもの映画館で上映。
よかったけれど、もっと早くみせて~

ヘンりー8世を取り巻くイギリス王室の物語。
16世紀、6回の結婚を繰り返した王。
史実があっての映像なので、その美しさに
ひたりながら、真実はいずこに?と、あれこれ
考えながら見ました。
今回は、心優しい妹メアリー、頭脳明晰で野心家のアン
両極の二人の姉妹の運命が中心で、そのかけひきも
おもしろく描かれてましたが、彼女たちの母の目を通して
母が家族を思う気持ちが、幾度となく重要な場面で
現れていました。 この母が、ヘンりー王の寵愛を受けて
いたらしいのですが、それはこの映画ではわかりません。
その上、娘を差し出すのですから、スゴイ話。
心優しい自然体のメアリーが望んだとおりの、最後
シアワセな田舎暮らしを手に入れたと描かれていましたが、
気の強い姉の影にいながら、実のところこの人の方が
強かったのかと思いました。 
役者ぞろいで、この映画にはいりこめました。
[PR]
by kimikitak | 2008-12-17 22:02 | 映画
<< 待たされる 小田原に電車で行ってみた >>