月下上海

e0117945_11224373.jpg

スキャンダルを逆手にとり人気画家にのしあがった財閥令嬢・八島多江子は、
戦時統制下の日本を離れ、上海に渡った。謀略渦巻く魔都・上海で、
多江子が出会う四人の男たち。
憲兵大尉・槇庸平、民族資本家・夏方震、
医学生ながら抗日運動に身を投じる黄士海、
そして多江子の前夫・奥宮瑠偉。いま、運命の歯車が回り始める―。
第20回松本清張賞受賞!



以前みたテレビ番組で食堂のおばちゃんこと山口恵以子さん を知り、
彼女の作る食堂のごはんがあまりにもおいしそうでビックリ、
そんな忙しい人が書く小説に興味がわき、受賞作を読んでみました。
上海の様子が目に浮かぶようで、
当時の租界の活き活きとした様子や、一転地元民のあぶない界隈など
行ったこともない上海にノスタルジックな気持ちになりました。 
ストーリーはわりと展開がはやく、登場人物も戦時下ということで
濃い人たちばかり。
主人公の多江子は情熱の人。手ごわい女。とりまく男たちも、ただものにあらずで、
誰かモデルとなる人物がいるのかと思いましたが、そうでものないようでした。
(菊池寛など実名ででてきたので)
すとんと場面も移動して、少々読みにくい部分もあったものの、
全体的にハラハラして、おもしろかったです。
生きていくのに必死だった時代、立ち向かう派のお嬢様は、
いつ何どきでも、強く美しい。 こんな激しい人は、お付き合いしたこと
ないのでわかりませんが、魅力的に描かれてました。 
壮大な話なんだけど、感銘を受けるというより、エンタメ作品と云った
感じでしょうか。 

この話のあとは、一転、「食堂のおばちゃん」を借りてみました。 
角川春樹さんに、食堂の話を書いてと言われてたようです。 
  

 
by kimikitak | 2015-10-09 11:51 |
<< 気分はモンブラン~お祭り シニア  >>