人気ブログランキング |

めぐり合わせのお弁当

e0117945_23152684.jpg
めぐり合わせのお弁当

インドの大都市ムンバイ。
そこでは今日も大量のお弁当がオフィスに届けられている。
その中のひとつが、早期退職を控えた保険会社の会計係をしている
サージャンの元に届いた。
しかしそれはいつものお弁当ではなく、
主婦イラが夫の愛情を取り戻すために腕をふるったお弁当だった。
サージャンはそのおいしさに完食し、
イラは空っぽになったお弁当箱に喜ぶ。
しかしイラは不審に思い、翌日のお弁当に手紙を忍ばせるのだった…。



昨日まで孫の世話で忙しかったのですが、きょうはようやく暇になり
師meguさんからご紹介いただいたインド映画を 銀座シネスイッチで
ご一緒に鑑賞できました。
今までみたインド映画は、歌って踊ってチャンチャンみたいなにぎやかなもの。 
この映画は、しみじみとして、数々の賞にも輝いたヒューマンなもの。
そのぶん、ちょっとトーンが暗めで哀しくもあります。 
お弁当の調理場面をかなり期待した、meguさんと私。 
食べ物系の映画は、みてても飽きないので。 
お弁当はたしかにとてもおいしそうでした。 
だから、もっともっと見せてほしかったかな、っと。 
ガスで直火で焼くチャパティは、あっという間にぷっくり膨れて 
とてもあこがれました。 カレーの香りも漂ってきそうでした。  
夫の不貞に苦悩する30代の主婦と、一人暮らしの定年間際のやもめ男の
間に生まれる感情。 
その先は、見る側の想像に託される感じは、少々物足りなくも思えますが、
昨今の映画といえば、こういった投げ方が多いようなので、しかたないのでしょう。 
結論はそう簡単にでないのでしょうね。 
インド、ムンバイという町のパワーと、まだ途上な感じが何度となく
映像に映し出されますが、生きていくには過酷なんだろうな~などと思ったり… 
 




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0117945_085583.jpg


e0117945_091532.jpg

映画が終わったのは1時過ぎ 
下調べしなかったので 三越の上でランチ 
ゆっくりできるお店でした。 
おかげで4時過ぎまで、meguさんと久しぶりにお喋りは
嬉しかった~ 

e0117945_0114943.jpg
メインはメダリオンステーキ 

e0117945_011089.jpg

by kimikitak | 2014-10-16 23:23 | 映画
<< ソフィテル・センタラ・リゾート ipad MINIその後 >>