手術

e0117945_20385971.jpg義姉作、小さいバッグ &
義姉お友だち作 フェルト手芸
をいただいちゃいました♪(*^-゚)v
息子の新婚ムードから一転、
またまたわが身に戻ります。
避けて通れない手術、初めてメスが入ると思うと
恐ろしくはありましたが、ベッドで寝たきりから
解放されるには、はやいところ手術が終わった方がましだわ、
と手術の日を待ち焦がれました。
錘で固定された足は、みごとになんの筋肉もなくなってタルタル。
元気な方の足は、必死で動かしていたので
まだそれなりの筋肉が残っていましたが。
そして、私の手術は、4時間半もかかりました。
こちらは、麻酔で寝てる間に終わりますが、先生方も大変、
待っている家族も大変だったと思われます。
私が大変だったのは、術後。 
’がまんしないように’と言われて、点滴、注射、座薬と、
痛み止めフルコースをしてもらっても、そんなものは、たいしてい
効いているとも思えない波状攻撃的な激痛にもだえる状態。
そんな一晩があけると、激痛は治まり始め、
午前中には、車椅子の練習をして、ウロウロ。 
ようやく、洗面所で会った、他の入院患者さんとオシャベリもできるというもの。
麻酔の副作用もなく、翌日には気持ちは元気でしたが、
痛みに耐えたぶん憔悴した感じです、
やはり、手術となると、大ごとでした。
術後翌日の夜のこと、隣りのおばあさんが、真夜中に
おなかが痛いといって大騒ぎ。 
当直医がやってきて、あれこれ診察してましたが、
とうとう、レントゲンを撮るということになり、
その器械を入れるため、私のベッドがれいによって
外に出されることになりました。 
結果は、単なるフン詰まりだったらしいですが、この騒ぎで
まさか廊下でも眠れず、病室にもどされても眠れず、
その後も毎日、このおばあさんの夜中のナースコールで
全く安眠できなくなりました。     
by kimikitak | 2009-07-11 23:13 | 健康
<< リハビリ 若夫婦 >>