タグ:高田郁 ( 2 ) タグの人気記事

最近の読書

忘れかけてる読書記録
簡単感想
e0117945_946514.jpg

2020年、高齢者が国民の3割を超え、社会保障費は過去最高を更新。
破綻寸前の日本政府は「七十歳死亡法」を強行採決する。
2年後に施行を控え、宝田東洋子(55)は「やっと自由になれる」
と喜びを感じながらも、自らの人生の残り時間に焦燥感を隠せずにいた。
我侭放題の義母(84)の介護に追われた15年間、懸命に家族に尽くしてきた。
なのに妻任せの能天気な夫(58)、働かない引きこもりの息子(29)、
実家に寄りつかない娘(30)とみな勝手ばかり。
「家族なんてろくなもんじゃない」、東洋子の心に黒いさざ波が立ち始めて…。
すぐそこに迫る現実を生々しく描く。注目作家、渾身の書き下ろし小説。


おもしろかった! 
荒唐無稽だけど、現実の問題が全部盛り込まれていて、納得!
登場人物は、あまりにもキャラの誇張がすごいけれども、あくまでも
創作だから許せる範囲。寝たきりの姑の言動のひどさ、夫の身勝手ぶり、
熟年離婚ものだけど、この主婦は、介護しつつあと2年たてば…とガマンの日々。
どう結末させるのだろうと、期待て一気に。 
さすがに、まとめに入ったあたりは、都合よくまとめ感はあるけれど、
少々明るく終わるので、救いがあるのはけっこうなこと。
最近では、下重暁子の「家族という病」という売れてる新書もチラッと
立ち読みしたけど、わりと普通に思い当たることが書かれててちょっと
気になる本。  


e0117945_10201812.jpg
優秀な営業マンの宗太は、理解ある夫、
愛情深い父親として幸せな毎日を過ごしていた。
だが、母親の介護を発端に夫婦に亀裂が入る。
そして、たった一度の過ちが、
順風満帆だった彼の人生から全てを奪っていく。
誠実に生きてきた。懸命に生きている。それでも、
人は「彷徨い」、時に道を外す。
平凡な幸せが脆くも壊れていく様を描いた衝撃のミステリー


これもI子さんから回ってきた。
こちらもまた、介護問題をはらみ、不倫に殺人とてんこ盛り。 
天野節子といえば、'氷の華’を以前読んだけれどすっかり内容は忘れた、
確か、テレビドラマにもなったはず。
こちらも、そんな仕立てではある。著者の年齢が同世代なので、
内容表現は共感するところが多い。 
かなり分厚い文庫、少々、まわりくだかったり、状況設定が飛ぶのが
ちょっと読みづらい。
キーになってる日光の三猿のストラップのくだりが、ちょっと無理があるかなと。
それなのに、ストラップ、ストラップと、くどいのが印象に残ってしまった。
介護の問題は、リアルで現実的。  


e0117945_10365752.jpg
元飯田町に新しく暖簾を掲げた「つる家」では、ふきという少女を下足番として雇い入れた。
早くにふた親を亡くしたふきを、自らの境遇と重ね合わせ信頼を寄せていく澪。
だが、丁度同じ頃、神田須田町の登龍楼で、澪の創作したはずの料理と全く同じものが
「つる家」よりも先に供されているという。はじめは偶然とやり過ごすも、
さらに考案した料理も先を越されてしまう。
度重なる偶然に不安を感じた澪はある日、
ふきの不審な行動を目撃してしまい―――。
書き下ろしで贈る、大好評「みをつくし料理帖」シリーズ、待望の第二弾!


もうこれはいつ読んだかも忘れたけれど、載せてなかったので。 
載せたいのは、好きな小説だから。 
登場人物も魅力あり。 
これは是非とも シリーズ で全部読みたい。 
何といっても、江戸の町が魅力だし、みをの作る料理の美味しそうなこと!
[PR]
by kimikitak | 2015-06-03 10:46 |

銀二貫

e0117945_216040.jpg
大坂天満の寒天問屋の主・和助は、仇討ちで父を亡くした鶴之輔を銀二貫で救う。
大火で焼失した天満宮再建のための大金だった。引きとられ松吉と改めた少年は、
商人の厳しい躾と生活に耐えていく。
料理人嘉平と愛娘真帆ら情深い人々に支えられ、松吉は新たな寒天作りを志すが、
またもや大火が町を襲い、真帆は顔半面に火傷を負い姿を消す…。<
br clear=all>
めったに手にとることのない時代小説。 
ベストセラ-にもなってたし、新聞にも紹介されてたので、
軽い気持ちで読み始めたら、先が気になってとまらない。 
鶴之助(松吉)を銀二貫で助けた和助、
大阪天満宮に寄進するための大金をこんなことに使ってしまった主に
憤懣やるかたない番頭善之助、
善之助に認めてもらえないことを悲しく思う松吉
そんな3人を軸に、この寒天問屋をとりまく人々、
すべてわかりやすい人物像で、いいもの、悪いものに分かれ、
時代劇を見るようです。
だからといって、薄っぺらではないところがまたいいのです。 
大阪商人の心意気、和助という人、先を読む力も素晴らしく、お金の使い方は
決して死に金にならず、いつも周囲をいたわることになるところは、
読みながら、先が想像できても、心地よいなりゆきで嬉しくなります。 
解説によれば、高田郁(カオル)という作家さん、
作品に登場するお料理、全部自分で作ってみて、納得いかないと執筆しないらしい。 
この度は、寒天料理、しょっちゅう寒天をふやかして格闘してたようです。 
寒天作りの製造過程も興味深く、天草と水の産地の相性や天場の様子など、
詳しく知るにつけ、寒天の奥深さに驚きましたが、その資料集めひとつも
他人任せにしないため、効率の悪い取材活動の連続の果ての作品らしく、
簡単に読んでしまうのは悪い気がするという解説者に、なるほど~と1票でした。
大阪弁の作品ですが、時代にあったことば、使いまわし、
大阪商人の気質も、ありありと描かれて、みたこともないのに昔の
風物が目に浮かぶようでした。 
この時代の火事のおそろしさも半端なく、何度となく辛い方向へいきそうで
ハラハラドキドキ感もあります。 
この作者の、みおつくし料理帖のシリーズも読んでみたいと思いました。
[PR]
by kimikitak | 2013-08-18 21:45 |