タグ:茶道 ( 1 ) タグの人気記事

書道→茶道

e0117945_1944363.jpg

きょうは書道でなく茶道 
 私とN夫人が、書道教室を卒業するにあたり 
 同じクラスの紳士で茶道暦がとても長いOさんが、
 お茶を点ててくださるということになって
 とても素敵な茶道の時間を過ごさせていただきました。
 すべての準備をしてくださり、 
 ご自宅ではないので ポットでということでしたが、 
 茶箱点前で、卯の花点前で といのこと
 ちんぷんかんぷんながら、 
 お茶を点てていただく前に 
 あらかたのお作法を簡単に教えていただきました。 
 なにせ、無作法で恥ずかしいかぎり。 
 お茶会なるものは、大昔に怖いもの知らずで護国寺で
 いただいたのが最後。 
 それでも、子供の頃からご近所にお茶の先生がいらして
 ちらちら出入りしていたので、馴染みはありましたが
 すっかり忘れてます。

e0117945_19534683.jpg
 

                                         お茶のときの楽しみはなんといっても
                                        まずはお菓子
                                      なんとも素敵なお菓子ばかり
                                    きょうはお正客扱いの私
                                   いの一番の選ばせていただいたお菓子は水仙 
                                  ふりだしの中から 金平糖   

e0117945_19581458.jpg

お茶箱といえば
美濃吉のお茶箱弁当を思い出しますが
鎌倉彫のお茶箱の中には
お宝のようなお道具の数々 
O紳士は いろいろと教えてくださいますが
なにせ覚える方が吸収力に限りがあるので
はがゆかったのでは?と思います。 

e0117945_2003765.jpg


                                               お棗は鎌倉彫 
                                             骨董とのこと、とても豪華です。
                                          お薄を点てていただき、教えていただいた
                                         お作法をしどろもどろしながら
                                        いただきました。

e0117945_2081999.jpg

お茶碗はO紳士の作陶のお品 
お茶碗やお道具、あまりそれが
銘品にかたよっyたり、こだわったりははお嫌なようで
(でもきっと有名作もお持ちと思えますが)
わざわざご自身の作で入れてくださいました。 

e0117945_2013825.jpg


                                             最後に お濃茶もふるまってくださいました。 
                                           お濃茶は、茶懐石で胃に食物を入れたあとにいただくのが普通なので
                                          これだけをたくさんいただくと、気分が
                                         悪くなることもあろうとご注意も受けての上でいただきました。 
                                        お濃茶の茶入れも紳士の作陶の品
                                       蓋の内側は金がはられていて、毒を見分ける
                                      ことが由来にあるようです。
                                      この茶入れは 仕覆という袋に入ってます。
そもそもお濃茶とお薄では、お茶の種類が違い
お濃茶の抹茶には 名前に~むかしがつき
お薄には ~白がつくとのこと 
などなど、今朝の小一時間にとても有意義に学習させていただき
次の機会にお茶をいただくときに、ちょっと自信がもてるかもしれません。

e0117945_2025106.jpg 

お菓子をおみやげにいただいたので
きょうのところは緑茶で夫にサービス 
 
今朝は、とっても素敵な時間を過ごさせていただいて
感謝の気持ちでいっぱいでした。 
茶道も書道もつながるところがあり、学習したいことばかりです。
                                      
[PR]
by kimikitak | 2014-02-07 20:28 | 書道