タグ:東野圭吾 ( 8 ) タグの人気記事

人魚眠る家

e0117945_14142549.jpg
娘の小学校受験が終わったら離婚する。
そう約束した仮面夫婦の二人。
彼等に悲報が届いたのは、面接試験の予行演習の直前。
娘がプールで溺れたー。
病院に駆けつけた二人を待っていたのは残酷な現実。
そして医師からは、思いもよらない選択を迫られる。

過酷な運命に苦悩する母親。その愛と狂気は成就するのか。
愛する人を持つすべての人へ。感涙の東野ミステリ。



姉から図書館からのこれが回ってきて、2日で読めるからと
ムリだと思ったけど、660人待ちだというので急いで読んだ。

瑞穂とその弟をあずかってプールに連れて行ったのは
薫子の母親と妹 
溺れたというより、排水溝に手が挟まって動けなくなった瑞穂。 
ICUに運ばれた瑞穂は脳死と医師から告げられ、
臓器提供の選択の意思を確認される。 
夫の浮気への不信感から離婚寸前のふたりの前に共通の課題が。 
一夜考えるという、両親。 
さて、わが子だったら、わが孫だったら。 
気の毒なのは、あずかっていた薫子の母親。 
代わりに死にたいとボロボロ。わかるこの心境。
答えをださなくてはならない、翌日、瑞穂の手がちらっと
動いたことにより、臓器提供どころか、瑞穂をこのまま生かしておきたい
と考える薫子。 
播磨テックスという最先端技術の会社を経営している夫、 
財力と技術力で、瑞穂の自呼吸をさせることに成功。 
これは、今の技術では無理なのではないのかな? 
そのことによって、仮面夫婦も仮面のまま離婚せずに瑞穂を
見守り、家に連れて帰ることになった。  
そこから始まる、苦闘の日々。
周囲の人を大勢巻き込んで、狂ったように瑞穂の世話をする薫子。 
実家の母親も、もう薫子のいいなりに。 
そこからは、最先端技術を駆使して、車いすで外出もできるのである。 
でも、とっくに脳は壊滅状態なのにもかかわらず、あたかも
手足が動いているような、そんな日々。  
ミステリーというか、脳死、臓器移植がテーマの人間模様とでも
いうような作品。 
思ったより、読み進むのは大変だったし、イライラ感もわいたけれど、 
考えさせらるとことはいっぱいあって、医療に関しても少々
詳しくなった感じ。 
よかったのは、各々の人の心情がうまく描き書かれていたことでしょうか。
薫子の両親、妹、姪、播磨テックスの社員とその恋人、
瑞穂の弟の心の中も、大変に複雑。    
最後は、うまくまとめて、少々リアルにいい方向が見えます。    
[PR]
by kimikitak | 2015-12-20 14:36 |

麒麟の翼

e0117945_2127187.jpg
麒麟の翼

日本橋にある翼を持った麒麟像の下で、青柳武明という男性が息絶えた。
彼はナイフで刺された状態で8分間も歩き、わざわざその像の下までやって来て倒れたのだ。
日本橋署の刑事・加賀恭一郎は、青柳のそんな行動に疑問を持つ。
容疑者の八島冬樹は、青柳の鞄を持って逃走している最中に車に轢かれて意識不明になっていた。
加賀は警視庁捜査一課の刑事で従兄の松宮とタッグを組み、
八島の恋人・香織や青柳の家族たちに話を聞いて回る



きょうは、これ。
原作を読んでないのでまっさらな状態、想像をめぐらしながら、
何が潜んでいるのか考えつつ、殺人事件とはいえ楽しみながら見ました。 
キャストも豪華で、わかりやすい人物像にピタリ。 
青柳の部下の鶴見辰吾、とてもいい人なんだと見せて胡散臭さをかもしているし、
劇団ひとりも、ある意味キーパーソン、何かありそうな教師にまさにぴったり。 
中井貴一は、これぞ父親という威厳と悲哀を見せていました。 
百恵次男も、この役にはまってたと思います。
友和父にも似た喋り方、やはり親子は似るのですね。
阿部寛は、ヒーローでもよかったですが、加賀役、あたり役と思えます。 
不遇でも美しいガッキー。
この映画は美形揃いで、現実感からは遠のいているのかもと思いつつ、 
物語が大きく進展するにつれ、入り込んでいけました。  
殺人なのにエンタメ、見応えがありました。
日本橋界隈、人形町、水天宮、きれいに撮れていて、歩いてみたくなりました。 
日本の道路の起点、日本橋、麒麟の翼もこの目で見たいと思いました。 
歩く捜査の加賀、その足取りを追ってみるのも楽しそう。



 

スタバのキッシュ
[PR]
by kimikitak | 2012-02-15 22:03 | 映画

白銀ジャック

e0117945_17244086.jpg
ゲレンデの下に爆弾が埋まっている――

「我々は、いつ、どこからでも爆破できる」。
年の瀬のスキー場に脅迫状が届いた。
警察に通報できない状況を
嘲笑うかのように繰り返される、
山中でのトリッキーな身代金奪取。
雪上を乗っ取った犯人の動機は金目当てか、それとも復讐か。
すべての鍵は、一年前に血に染まった禁断のゲレンデにあり。
今、犯人との命を賭けたレースが始まる。
圧倒的な疾走感で読者を翻弄する、痛快サスペンス!


いきなり文庫化、売れてるというし、目につくので思わず買った。
う~~ン! 期待しすぎたかしら~!
っていうところです。 
スピーディな感じもしなくて、というかあまり読み進まなくて
もたもた読んで、よけいにおもしろくなくなったのかも。 
ゲレンデの描写などが、スキーヤーでもボーダーでもない
私にはくどく感じてしまったし、リアリティも感じなくて
ようやく読みました。 
[PR]
by kimikitak | 2011-01-20 17:30 |

プラチナデータ

e0117945_19195192.jpg プラチナデータ 
幻冬舎
2010年6月

犯罪防止を目的としたDNA法案が国会で可決し、
検挙率が飛躍的に上がるなか、
科学捜査を嘲笑うかのような連続殺人事件が発生した。
警察の捜査は難航を極め、警察庁特殊解析研究所の
神楽龍平が操るDNA捜査システムの検索結果は「NOT FOUND」。
犯人はこの世に存在しないのか?
時を同じくして、システムの開発者までが殺害される。
現場に残された毛髪から解析された結果は…
「RYUHEI KAGURA 適合率99.99%」。
犯人は、神楽自身であることを示していた―。
確信は疑念に、追う者は追われる者に。
すべての謎は、DNAが解決する。
数々の名作を生み出してきた著者が、究極の謎「人間の心」に迫る。
 

姉からまわってきたので読んだのですが、
かなり読むのに時間がかかってしまいました。 
すべりだし順調におもしろかったのですが、 
こういった、いつか未来にありうるのかわからないものに、なかなかついていけない。 
昨日まで見ていたドラマ’ジョーカー’も、非現実的なものだったけれど、
映像になってしまうと、なんだか納得してしまう。 
だらだら読むので(実際、やたら長い気がしてしょうがなかったですが)
途中、犯人を特定することもできず、 
最後の方になってようやっと、本気になってズンズンと進みました。 
東野さん、読み手に人物像をわかりやすくするためかどうなのか、
登場人物の名前が、地名でラインナップされてました。
浅間、神楽、蓼科兄妹、滋賀、戸倉、木場、那須、水上など。 
わかりやすくて、ありがたかったです^^
苦情をいいつつ、最後はなるほど、凝ってる話だと納得しましたが、
この手が苦手なのかもしれないと思いました。
だいたいDNAで管理され、その人のすべてが顕になってしまうという
おそろしいことに、ちょっと寒気を覚えたのでした。 
[PR]
by kimikitak | 2010-09-15 19:39 |

東野圭吾

e0117945_21174424.jpg
 姉から回ってきたので、珍しく新刊本。 
タイトルからも想像のつく内容は、予想した展開とは
別の方向に進み(私だけが外してるのかも)
サクッと読みました。 
このサクっと言うのは、おもしろいけれども、少し
重厚感に欠けるかな?っと、生意気にも思ったからなんですが、
それというのも、こないだ読んだ『新参者』が、
ミステリー+アルファですごく良かったから、つい
それ以上を期待するからかも。
2段構えではないので、厚みのわりには短いです。
もともとヒミツを抱える物語なので、あまり書けません。 
それにしても、東野さんは、次から次へとネタが尽きず、
すごいな~と思います。 
楽しませてくれて、感謝しつつ、あっという間。  
 
[PR]
by kimikitak | 2010-03-27 21:34 |

1話完結

e0117945_17591975.jpg日本橋。江戸の匂いも残るこの町の一角で発見された、
ひとり暮らしの四十代女性の絞殺死体。
「どうして、あんなにいい人が…」
周囲がこう声を重ねる彼女の身に何が起きていたのか。
着任したばかりの刑事・加賀恭一郎は、
事件の謎を解き明かすため、未知の土地を歩き回る。


楽しみにしていたこの話、姉からまわってきて、
‘みんな1日で読んだ’と言うので、
それほどおもしろいのかと、期待大でしたが、やはり一気読み。
東野圭吾が10年にわたって温め描いたという作品を、
あっという間に読んでしまい、
なんだかもったいない気がしました。
この話でとても魅力的な加賀刑事、人気シリーズだそう。
なのに‘赤い指’の加賀刑事、あまり記憶に残ってないのはなぜ?><
加賀が、そこに住む人々と向き合って、人の心にちょっとずつ入って
ときには、抱える問題を修正できたりするのが、痛快です。

ドラマになるというので気になったものの、イメージは自分でつくりたいので
読んだあとにキャストをチェック。
主人公の刑事 加賀恭一郎、阿部寛はいいかも。
4月日曜スタート(TBS)、ストーリーはわかってても見てみたいと思います。
舞台といい、9つの話に登場する人々のキャラクターといい、
ドラマになったら、とてもおもしろそうです。
活き活きとリアルに描かれた人々、ことに瀬戸物屋にとついだキャバクラ出身の嫁、
そりの合わない姑の関係など、橋田寿賀子のごとく、事細かでおもしろいです。
人形町へは、昔々の戌の日に水天宮に行って以来、行ってないような…
この話を読んだら商店街を歩きたくなりますが、モデルとなるお店もあるのでしょうか?
とりあえずドラマで見られるのが楽しみになってきました。
一話ずつ、完結し、最後の最後に期待がかかり、
どんどん先に進める構成なので、あっという間というわけでした。

e0117945_1815521.jpg
この装丁のイラストも綺麗! 

e0117945_18185394.jpg巨大銀行で次々と起こる
不祥事・スキャンダル処理の特命担当調査役・指宿修平。
特殊な「捜査権」を与えられた男の
孤独な闘いを描いた銀行ミステリーの傑作!


アリスさんのレビューで興味をもった池井戸潤の銀行もの。
前回読んだ驚異的事務処理能力をもつ、
女性主人公の’不祥事’は痛快そのもの!
こちらも、短編8話が、1話ずつ完結するので、とっとと読めますが 
内容・タッチは少し重く、リアリティもあっておもしろい。
おばあさんの、孤独という弱味につけこんだ
’ペイ・オフの罠’など、とてもインパクトありです。
銀行内部の、人間関係(派閥、男女、上下など)など、
ありそうなことで、人生を台無しにしている人も少なからず
いるのだろう、などと思いながら読みました。 
また、別の作品も読んでみたい作家さんです。
 
[PR]
by kimikitak | 2010-03-06 18:44 |

東野

e0117945_20373996.jpge0117945_2038260.jpg
流星の絆 
殺人の門

東野作品2冊 これ、だいぶ前に読んだので、感想もうすくなっています。
ドラマ化された、流星の絆、その前に読みましたが、ドラマは
原作のイメージと違ってしまうので、みませんでした。
この話は、エンタメ的要素も強く、一気に読みました。
そのおかげか、思ってもみなかった犯人に、ビックリ!
これ、たいていの人は、途中で気づくのでしょうが、
まんまとはめられるのは、読みが浅いのでしょうか?
ハヤシライスの味に泪するという場面があるのですが、
ハヤシライスをあまり食べないので、そのレシピに
まつわるくだりが、あまりピンとこないで、
ついつい、心の中でケチをつけたりしながら読むので
犯人を想像すらできなかったようです。
なかなかいい読者だと思います。

殺人の門、こちらは… 
  どうしても殺したい男がいる。その男のせいで、
  私の人生はいつも狂わされてきた。あいつを殺したい。
  でも、私には殺すことができない。殺人者になるために、
  私にはいったい何が欠けているのだろうか……。

殺したいほど憎い相手とは?
この話、導入部分がすごくおもしろく、どうなっていくのか
期待がこもりましたが、すぐに騙され、拒むことができない主人公が
どんどん落っこちていく様が、あまりにもふがいなく、イライラの
連続、またその父親が、さらにイライラするキャラだった
(もとはといえば、すべてこの父のせい)ので、
どこまでもどこまでも果てしなく落ちていく家族、これには
なかなか重ったるくて、読み進むのが大変でした。
肝心の殺したいほどの相手、これがまた、狡賢こく、これに
まんまと騙されていくくだりにイライラ。
そのキャラクターを描いている部分が、すごく綿密で
おもしろかったです。
これ読み終わってみると、なかなかの膨大な一代記の
ような作品で、読み応えあり。
どちらかといえば、流星の絆よりも、作品としては
いいような気がしました。
[PR]
by kimikitak | 2008-12-05 21:01 |

東野圭吾

きょうは ’容疑者Xの献身’を観てきました。
読んだときは 湯川を まさか福山とはイメージせず、
今となっては ガリレオでわけがわかったところです。
少し前に、ベトナムの旅番組があって、バタバタ
しながら見ていたら、旅人を福山と思いこみ、
お笑いの誰かだったことが、あとでわかり、よく似た
人がいたものだとビックリ。
e0117945_20463537.jpg
この映画で 数学、物理の場面は、ちんぷんかんぷんでさ~っとパス。
昨日、きょうと ノーベル賞の話題で、久々、物理、化学と
わからないことの連続。
凡人以下の私にでるのはため息だけ。
そうしたら、メル友のおじさまから、 物理メールをいただきました。
主な内容をペーストしてみます。


物理の基本は物質の原子から宇宙まで共通の原理なのです。
 それは、前にも書きましたが、身近には水が氷だったりお湯だったり蒸気が水に戻ったり、物質の中の水の原子が電子レンジでぶつかり合い熱を出す事のように、すべての変化がエネルギーの移動として眼で見られますが、原子エネルギーで動いてる宇宙は、人間の感覚で感じられないので分からないわけです。
 
 その宇宙の働きで一番身近なのは太陽で、太陽は水素爆弾の連続爆発なのです。
前にも書きましたように、宇宙のエネルギーは計り知れなく、ビックバンのエネルギーは富士山の大きさがキャラメルになり、キャラメルの大きさで富士山の重さな訳で、とても人間に持てないとなります。
 その宇宙エネルギーも核爆発と同じなのですが、地球上では自然現象としては生じる心配はないものの、この原理から人間が核爆弾を作ったのでどんな事が起きるか分かりません。
 ともかく、今度のノーベル物理学賞の研究は、そんな原子の形態を究明するものです、宇宙の構造解明には貢献するでしょうが、早急に役に立つものではないです。その点即役に立った米沢教授に与えて欲しかったです。  

[PR]
by kimikitak | 2008-10-08 20:59 | 映画