タグ:ドイツ ( 34 ) タグの人気記事

中世犯罪博物館

e0117945_10272983.jpge0117945_10293948.jpg
e0117945_10352093.jpg
この町で どうしても行きたいところがある という夫。
  中世犯罪博物館
『薔薇の名前』という映画が、大好きで何度も見ている夫。
私はこの種の映画は苦手。 
この映画の中に出てくる 罪人をひきまわすための乗り物も
おいてありまた。
中は 撮影禁止でしたが、日本語の解説もところどころにあり、
12~17世紀の司法や立法の歴史的なものが展示され、かなり詳しい
内容がわかりました。 拷問の器具は、生々しくて、ここの町では
こんな暮らしを強いられていたのか?と、ドキリとしました。
 
  お喋りが過ぎる女用の鉄のマスク
  ケンカする女たち用の首かせ
  言うことを聞かない生徒へのみせしめに使う木馬 
  身持ちの悪い女を閉じ込める ’鉄の乙女’
  大酒のみを懲らしめる樽  



などなど手の込んだ辱めの道具の数々には、驚きの連続。
舌禍事件を起こしやすい私としては、少々 意気消沈。
さぞや 暮らしにくかったことでしょう!


e0117945_10594070.jpge0117945_111775.jpge0117945_1113692.jpg

私が行きたいお店  高輪にもある ケーテ・ウォルフォルト 本店
ここには クリスマスミュージアムもあり、歴史的な古いものも見ることができて見る価値はありましたが、ショップのクリスマスの小物も、
今はもう、それほど欲しくないのが現実。
その上、高価でもありました。

More
[PR]
by kimikitak | 2007-06-17 11:21 | ドイツ

白アスパラのいちごソース

e0117945_12513562.jpge0117945_12524998.jpg

 レストランおススメの 白アスパラガスのイチゴソース 
 この組み合わせは 自分では思いつかないですが、酸味がきいて
 おいしかった! 
 

e0117945_13231542.jpge0117945_13235659.jpg
e0117945_13252666.jpg
 カルトッフェル・ズッペ  じゃがいもの濃厚でまろやかなスープ
 ヴィーナー・シュニッツェル 子牛のカツレツ
 レバーゲーゼ 牛肉と豚肉の蒸し焼きミートローフ
   ミートローフ、家でつくるイメージと違いましたが、 辰巳芳子の
   本のレシピの感じかな?と思いました。 美味!
 どこでも パセリが散らしてあるパターンが多く、
 基本なのでしょうか。 
 一度に たっぷり ジャガイモを食べたことになりました。



More
[PR]
by kimikitak | 2007-06-16 13:55 | ドイツ

朝市

e0117945_1735017.jpg この黄色い建物は レストラン

土曜日の朝は、教会の前に市がでていました。
これが また おいしそうなものばかりで 
もの欲しそうに 眺めてしまいましたが
地元の人は たっぷり楽しそうに買い物していました。
日曜日は お店はお休みだというのは
翌日 わかりました。


e0117945_17395691.jpge0117945_17404359.jpg

e0117945_17413621.jpge0117945_17421820.jpge0117945_17582517.jpg

この5月は 白アスパラガスの季節で それを使ったメニューも
豊富で たっぷり食べられたので 私は満足 … なんとも単純。
[PR]
by kimikitak | 2007-06-14 18:00 | ドイツ

ダニエル塔

e0117945_16581399.jpge0117945_16585131.jpg
直径1kmほどの丸い町は、
必要なものはすべて揃っている
生活の場でした。
聖ゲオルグ教会、
リース・クレーター博物館
(アポロ16号のときの月の石を見学)
などが見どころで、 
教会の塔(89.9m)に
上って 心拍バクバク… …

e0117945_1718219.jpg
e0117945_17295322.jpg
赤い屋根がかわい中世の町。
これは ほぼ完全な形で残されたとのこと。
ホントに違う時代に来てしまった感じ。
[PR]
by kimikitak | 2007-06-14 17:26 | ドイツ

ヴィース教会

e0117945_20373124.jpge0117945_20375664.jpge0117945_20381949.jpge0117945_20384225.jpg

 ロマンティック街道にむけて出発

e0117945_20474054.jpg
草原の中にある世界遺産 ヴィース教会 (1754)
 ロマンティック街道で最も有名な教会
  ドイツ ロココ調の最高傑作といわれる豪華な装飾
  大理石と化粧漆喰による構成 

ガイド本のとおり、シンプルな外観 でありながら、ゴージャスな内部に
圧倒されるばかりでした。
e0117945_20593273.jpge0117945_212816.jpge0117945_214531.jpg


More
[PR]
by kimikitak | 2007-06-07 21:26 | ドイツ

ノイスバンシュタイン城

e0117945_15513142.jpge0117945_1552526.jpg

ホーエンシュバンガウ〈白鳥の高地〉
ノイスバンシュタイン城を臨む、ふもとの村で、とてものどかなところでした。
ホテルの窓からお城が見えて、久々の山の中の空気!
マイバウム(五月の木)という、ポールは街道の集落ごとにあり、ここでは、
バイエルン州の国旗のカラーの青白。
BMWのエンブレムにも使われているというも初めて知ったのでした。


e0117945_1671894.jpg


e0117945_16105679.jpg

   お城の見学 … マリエン橋から撮影 
       ネット予約 
楽しみにしていたので 力が入ってます。
 

More
[PR]
by kimikitak | 2007-06-06 17:53 | ドイツ

朝食

ホテルでの朝食は、大都市であればフルーツ・野菜が豊富だったり
もしましたが、だいたい 決まってこんな感じでした。
飽きるかと思ったのですが、聞くところの、
マイスター制度が整って、きちっとした
職人がつくるという ハム・ソーセージは、とてもおいしくて、
主婦感覚からいえば、日本で こういうものを買うのは とても
値もはるので、ありがたく いただきました。
化学物質がはいっていないのか?塩分はきつめ、これに
ガス水が、とても合うと思いました。

e0117945_19173663.jpge0117945_19175823.jpg

e0117945_19183271.jpge0117945_191974.jpg
e0117945_19215255.jpg e0117945_19193592.jpg

街角のハム・ソーセージやさんをのぞいてみれば、
おいしい理由もわかります。 店内はとても清潔で、
正確な仕事をしているようにみえました。
やはり はたらきもの…

e0117945_19285155.jpg e0117945_19292096.jpg
[PR]
by kimikitak | 2007-06-05 19:32

ショーンガウ

e0117945_23212315.jpgノイスバンシュタイン城、フュッセンを目指す途中、
ショーンガウというかわいい町を歩いてみました。
アルプスの田舎町…

e0117945_23252731.jpge0117945_23255315.jpg

繊細なスタッコ装飾 の礼拝堂 〈マリア被昇天教会〉
ちょうど、パイプオルガンの練習中で、奏者は厳しい指導を受けているように聞こえました。
宗教心のない、関係のない者が入り込んで、申し訳ないような見学でしたが、美しさに見とれました。           
パイプオルガンは、どこの教会にもあり、教会にこそ必要な音色なのだと思いました。

e0117945_2346155.jpge0117945_23481016.jpg

左に見えるのは お城? あっけなく みえてしまった ノイスバンシュタイン
[PR]
by kimikitak | 2007-06-04 23:35 | ドイツ

アウトバーン

e0117945_22151331.jpge0117945_22171463.jpg

ミュンヘン中央駅に、ネット予約したレンタカーの手続きに行きました。
これがまた、夫が日本の普通免許証を持参しなかったために、別会社で借りなおすハメになり
(会社によって国際免許とクレジットカードだけでOK)、
またもやツンツン気分。 
でも、手配も運転も相方任せなので、もんくも言いえません。
車をホテルまで届けてくれるタイとは大違い。
ここは、言われた道順を覚えて駐車場まで自分でとりに行く、という手順で、もう一度、聞き直していたら、若いカワイイ男性社員が
'ボクがいっしょに行く’と言って連れて行ってくれました。息子ぐらいの歳かも…
とんがった気分も吹き飛びます。
e0117945_2249396.jpge0117945_22502870.jpg

そのあとは、無事に アウトバーン96号
に乗れるか という問題です。 慣れない 右側通行、なんとかクリアで
これまた 慣れない地図を見ながら(冷や汗)、Landesberg を目指しました。
出口は、地図にも番号が表示され、比較的わかりやすくなっていました。
[PR]
by kimikitak | 2007-06-04 23:04 | ドイツ

フラウエン教会

e0117945_1402357.jpge0117945_141540.jpgフラウエン教会
100メートルの塔に上り、
この玉ねぎアタマの中から
景色を見ることができます。
このあと、この玉ねぎアタマには
よく出会います。
息も絶え絶えで途中まで、そこから
ありがたいことにエレベータがあり
無愛想でハンサムなドイツ人のおじさんが
’はやく来い’と手招き。
上ってみれば、ミュンヘンの街、アルプス
が、360度一望でき、感動。
e0117945_14112347.jpg
 

こんな景色は、やはり3ユーロ払って上った甲斐があったというもの。    
教会を見学し、また感動して外にでようとしたら、傘がない...
’たぶん塔の上だ’ということになり、私ひとり、また上りました。
(相方は他人事で不親切)
今度は ’忘れた傘をとりにいきたいから’と言って、無料で。
あのコワいエレベータおじさんにビクつきながら事情を話したところ、
一転、とーっても親切でにこやかになって、一緒になって探して
くれました。 ああ、おじさん いい人だったのだと... ここでまた、
’ドイツ人は親切’ と、私の中で決めたのでした。

e0117945_14362752.jpg
 
           フェルトやさん   素敵な色でした。  
[PR]
by kimikitak | 2007-06-03 14:41 | ドイツ