タグ:ソウル ( 46 ) タグの人気記事

サッカー 日本×韓国

e0117945_015492.jpg

e0117945_0221864.jpg

 
                           きょうの海
                           しぼり優先で撮ってみました。 
                           数値を変えるともっと違う画像になるのかも。 
                           何か作るのか、木材が運ばれてる浜辺。                   
                           サッカーアジア杯 日本×韓国 
                           延長戦に入ってて、なんだかどきどきしてみてるのつらい、そんな感じです、どうなるのでしょう? 

e0117945_0241667.jpg
友人宅で午後ティー 
来月、ソウルに行くという友人。
ソウル話でもりあがってました。

      と、ここで、日本岡崎PK獲得 です!
      本田のPKはとめられるも細貝がフォロー
       GOOOOOOOOL! 
      ここで2-1と勝ち越し。
      まだまだ見てるのドキドキ中。 

おばさんたちは、今宵の日韓戦のことなど関係なく、
ピビンパやら、チープコスメ、ソウル情報でアタマいっぱい。


e0117945_0354495.jpg
お大福のもち肌があまりきれいなので撮ってみました。

      このまま、終わるのでしょうか?
      延長戦後半、しっかり見よう!



                       

明洞思い出し画像
[PR]
by kimikitak | 2011-01-26 00:40 |

参鶏湯

e0117945_1946381.jpg 
明洞にある 百済参鶏湯 お初、サムゲタンを食す!
 e0117945_19475931.jpg
店内、朝から営業してます。 
もちろん日本人も多いし
地元の人も多く
元気が出そうな勢いがあります。
この写真の後ろっかたに、
大勢のグループなど、にぎやかなんです。
 
e0117945_19502284.jpg


                       まずは小皿、ここのキムチも、あとひきキムチ。もちろん、おかわり。 カクテキも美味しいです^^  五穀もち米?もついてきます。 
 
e0117945_19541627.jpg


                               いよいよもって、登場のサムゲタン  熱々~ の グツグツ~! 
   
e0117945_19551274.jpg


                               掘り出し物のように、具材が現れます。 ナツメ、朝鮮人参、栗、もち米もたっぷり。 
                               ここの鶏は、うんとちっちゃいです。スッキリした味わいで、本当にからだに良い感じがします。
                               朝鮮人参は、かじってみたらやわらかい、でも苦くって食べられたものではありませんでした。
 
e0117945_19584317.jpg

                                砂肝の炒め物、ガーリックがきいて、これもあとひきです^^
                                初めてのサムゲタンに、すっかり満足、身も心もホクホクでした。 
                               
[PR]
by kimikitak | 2011-01-15 20:03 | 韓国

明洞聖堂

e0117945_18531672.jpg
明洞聖堂 ミョンドンソンダン
1898年に創建された国内最古のカトリック教会
ネオゴシック様式で韓国最大の規模 

観光はここのみ 
ミョンドンの繁華街から
ちょっと歩いて
坂道を登って、
教会に入ってみました。
e0117945_18584396.jpg

 
e0117945_1912519.jpg

e0117945_1859152.jpg


                   信者さんの邪魔をしないよう、静かに見学させていただきました。とても立派な教会です。   
               
[PR]
by kimikitak | 2011-01-14 19:02 | 韓国

タッカンマリ

e0117945_2355591.jpge0117945_23693.jpg
夜の街を歩くemoticon-0169-dance.gif
東大門(トンデモン)を目指して歩く… 
新しいビルの前の大きな歩く人オブジェ、ちょっとレゴっぽい。
清渓川(チョンゲチョン) 川の遊歩道は歩いてみたい名所
現在22の橋がかかりライトアップされてきれいな5.8キロの川。
 e0117945_23211483.jpg東大門のタッカンマリ横丁へ  
途中、アウトドア用品店がズラリと並び、
横丁あたりにつくと、
焼き魚がズラリと売られてました、
何の魚かしら~?  
  e0117945_23252087.jpg ここがいちばん
流行ってるお店らしく、長蛇の列。
チンハルメウォンジョ タッカンマリ 
このおばさんのお顔を見てると
入ってみたくなるものの、 
いつまで待ってれば順番が
くるのか見当もつかず、
2番手のお店で妥協することにしました。 
 e0117945_23283945.jpg e0117945_23285652.jpg
ミョンドン・タッカンマリ ここもにぎわってましたが、とりあえず座れました。
 
e0117945_23305758.jpg


                     座ったらすぐにドーンとでてきた、この洗面器のようなお鍋  これこそがタッカンマリ                
                     鶏一羽が丸ごと入ったスープ鍋  手際よくハサミでちょんちょんと切られ、そこに砂肝、トッポギ、ジャガイモなどが投入されました。 
 
e0117945_23344883.jpg


                     次にタレの説明、それは日本語です。 
                     お店独自のタレに、にんにくおろし、タテギ、韮の刻んだの、マスタードを入れ、よく混ぜるのだそうです。  と、ここまでで説明は終わり。 
                     
                     あとは、周りを見まわし、どうやって食べてるのか観察しながら煮立つのを待ちました。 
                     キムチを投入しぐつぐつなったら灰汁をとり、薬味ダレにつけて、いたたきます。 
                     みんなにぎやかに食べて盛り上がってます。 タテギはそれほど辛くもなくコクがあり、たっぷり入れて食べても大丈夫。 
                     トッポッキがことのほか美味しい、ジャガイモもこのタレにあってて美味しい。もちろん、鶏で栄養満点。  
 e0117945_23431289.jpg
〆にカルグクス(うどん細麺)を入れて、
スープと一緒にいただきます。
ここで、トッポッキを追加すればよかったと軽く後悔。 
10種類以上の材料を5時間煮込んだというスープは、
最初よりもどんどんおいしくなってて、
とてもあとをひき、いつまでもいただいてました。 
ここのお店ので大満足でしたが、並ぶ人のあふれてる
チンハルメおばさんのところは、何がどれほど違うのか
知りたいところです。 
このお鍋、私は大変気に入りました。 
                      

 
[PR]
by kimikitak | 2011-01-13 23:50 | 韓国

石焼きピビンパッ

e0117945_1844334.jpg朝の9時から
営業している明洞のピビンパの超有名店。 
全州中央会館ここで朝食。 
  e0117945_18464714.jpg店内
e0117945_18471829.jpg 
無料でついてくる小皿おかず
キムチとナムル、ここのはとても
おいしい^^
石焼ピビンパッの前に、
海鮮チヂミ 
タレもあっさりして、
とても美味しいです。
あったまりたいので味噌チゲも。 
もやしのスープはピビンパッにつきます。
 
e0117945_18495719.jpg

 
                     満を持して石焼ピビンパ。トルソ(石釜)で焼いた香ばしご飯。 いいろいろな種類がありますが、基本のものをオーダー 
                     ピビンが混ぜるで、パッがごはんという意味 ∴ 混ぜる混ぜる、順に石にはりつけ最後までアッツアツ!
                     ガイド本によると具材は  卵黄 ホウレンソウ ゴマ ぜんまい サンチュ 大根のコチュジャン和え 大根のナムル 
                     リョクトウ 韓国のり 松の実 クリ 牛肉 銀杏
                     美しい彩りは 陰陽五行説にある「五味五色」に基づいたものだそうです。   期待に応えてくれたピビンパでした。  
  
e0117945_1934188.jpg
お弁当の注文があったらしく、
忙しくパッキンぐしてました。 
いくつ?と聞くと、26コだそうで、ひとつひとつ石釜で焼いたものを
混ぜてから詰め込んでて、とても大変。
 

 

メニュー
[PR]
by kimikitak | 2011-01-12 19:13 | 韓国

サムギョプサル

e0117945_23045100.jpg 
サンパチッ
ソウル、カンナム地区の若い人の多いエリアのお店 
実は、ここでこの食事をしたあとにケガをしたのでした。 
このたびは、その足跡を検分し、食事もあらためて味わうため、
自戒をこめてまた出向きました。  
今回は、カンナで削ったようなサム・ギョプサルの豚ばら肉、
前回のように、バリバリ食べられませんでした。 
最近の、イソフラボン食に慣れたせいか、
再びのソウルに、胸がいっぱいになったのか… 
となりのテーブルでは、韓国青年たちの大声の会話、
残念なことに、韓国ドラマで耳にしたことのあるような
ことばは、全く聞こえてこなくて、何ひとつわかりませんでした。 
でもっとっても楽しそう!
 
豚肉はたれにつけて焼き
好みの薬味を加え、はっぱでくるんで食べます。
えごまはなかなかクセがあって
手ごわいです。
パクチーを初めて食べたとき
のように、かなり強烈。
でも、クセがあればこそ、
慣れるとはまりそうな気がします。
e0117945_23134859.jpg
最後におこげの雑炊がでてきますが、
これで、とってもお口も胃もスッキリします。 
 
e0117945_23204294.jpg

このお店に行くには、タクシーでちょっと長くかかりまして、ホテルの前にいた”模範タクシー”に乗せてもらいました。  模範タクシーのハイテクで親切なこと! 
電話で日本語の通訳とやり取りして、お店の目の前までは車が入れないという確認を伝えられ、こちらも場所はわかるから大丈夫と答え、安心して乗っていけます。 
この車はワンボックスのかなり新車、模範タクシーは、快適。 
夜景もきれいで、漢江の流れる都市のきらびやかな景色にはうっとりします。 
川のある景色は大好き、雄大でノスタルジックな感じもして、素敵でした。
  
[PR]
by kimikitak | 2011-01-11 23:29 | 韓国

ソウルからのおたより

e0117945_1244582.jpg
ソウル在住のKさんからいただいた、グリーティング・カード 
ソウルを訪れるお友達も多いと思うので Kさんはガイドやお世話も
けっこう忙しいのでは?
その中でも、昨年度、いちばん迷惑なお客だった私!
ですが、文面にはお人柄があらわれる、心のこもったメッセージを
のせてくれました。 
あれ以後、Kさんは、日本語教師の仕事もとても忙しそうだったのに、
心配して、メールやおたよりを何度もいただきました。 
朴さんにもお会いしてお礼がしたいと、ソウルにもまた行きたいと
思いつつ、寒くなってしまったので、南方をブラブラしていて申し訳ないまま。
ソウルは、零下になったりするようです。
また、行ってはご迷惑?とも思ってますがソウル懐かしい~ほどに
ユメのように月日が過ぎて行きました。
カードがとてもきれいだったので、撮ってみました。
すかし切り絵になっていて、タッセルもくっついていて、
ハングル文字もカリグラっぽく... いつも韓国らしいカードを
いただきますが、素敵だわ~と思います。 
修理にだしていた、GRデジタルがもどってきたので、おためし。 
たった2週間ほど預けていただけなのに、いじり方少し忘れてます><

e0117945_1354792.jpg

こちらは、切手。 韓国ドラマのでしょうか? 
誰なのだろう、などと思いながら見てますが、きれいな切手でした。
韓国ドラマといえば、近所の友が、’チャングム’に今ごろはまっているらしいのですが、
この歴史ドラマが好きな人は多いみたいですね。 
DVDを貸してあげようかと言われたので、いつかゆっくり続けざまにみてみたいです。
[PR]
by kimikitak | 2010-01-17 13:14 | 集合

朴さん登場

e0117945_215511100.jpg
 骨折の応急処置のあと、Kさんのお顔を見て、
申し訳なさでいっぱいの私。 悠然と流れる川のKさんは、このときは
優しく、なおかつキリっとテキパキと、病院の説明や処置、今後
どうするかなどを通訳してくれ、夫とふたり、あっちへ行ったりこっちへ
来たり。 「応急処置をしたが、手術は日本でした方がいいでしょう」
と病院側の勧めもあって、翌日日本に帰ると決定。 
また朦朧としている私、次に気がついたときは、見知らぬ男性がいました。 
Kさんが 「ごめんなさい、夫が接待中でつかまらないので、飛行機の
チケットを頼むので電話したら、この人来ちゃったんです」と、すまなそうにいうKさん。
え~?申し訳ないのはコチラ、とひたすら恐縮し、あやまる私。
「この人のこと、ぜんぜん気にしなくていいですから、勝手に来ちゃって
しょうがない、気にする必要全くない人ですから…  私が日本語教えた
生徒ですから」 などと、平然としているKさん。 
この男性は、朴さん(パク)、日本語ペラペラで、すごく明るく、優しい笑顔の方で
とても愛想が良く、自然、こちらも旧知の人のような気になって救われました。
この順天郷病院で、医師をしているお兄さまがいるとのこと。
Kさんは、朴さんに命令口調でいろいろ指示してます、そうか先生だからな~
朴さんは、日本で東工大に留学中Kさんに、日本語を教わったとのこと。
「とても日本語がじょうずですね、先生がいいですものね」とあれこれたずねると、 
Kさん曰く、「韓国の人は、だいたい半年教えると喋れます」とキッパリ!
え~っ?とびっくりしている私の前で、ペラペラ日本語で喋る秀才の二人。
朴さんの日本語を 「その使い方は違う」 などと、ときおり、訂正し、
言い直させるKさん。  厳しい先生だったんだろうな~ 
(異国でも、泰然と落ち着いているKさん、昔のままだわ~などと思う)
そんな会話を聞いているうちに、リラックスしてきました。 
(朴さん、いい人だわ、とても素敵だし、頭がよさそうだし、
  お茶目だし…と思ったりして、痛みを忘れる)

そして朴さんは特別手配で、大観航空のチケットをとってくれたらしいのです。
私のために3人が、忙しそう。 事務手続きや支払いや、翌日の手配やら…
その上、ホテルの荷物もパッキングして、チェックアウトもせねばならない。

                                 続く…

           
[PR]
by kimikitak | 2009-06-23 22:56 | 韓国

骨折

e0117945_19494212.jpge0117945_1950225.jpg
4月17日  帰国便
ソウル → 羽田
ファーストクラス

韓国旅行記録の次は、骨折顛末。
ときが経ったので少し、都合よく忘れつつあります。
旅行は、予定通り、ほぼ順調に進んだのですが、
残すところあと2泊というところ、 
 やり残したこと ミョンドン・インサドンでの買い物
           石焼ピビンパ、お粥、冷麺を食べること
           あと1回、芸術の殿堂でコンサート  などでした。

釜山から帰ってきたら、ソウルは雨、その夜の夕食のあと、 
お店からでたあとの坂を斜めに横切るとき、アッと思うまもなく
ズルッと滑って転んでいました。お尻からステンではなく、転んだ姿は
横座り状態。  靴は、運動靴。 
右足を捻る感じだったようですが、別に痛くもなく、何が起こったの?でした。
でも、立ち上がらない私に気づいた夫が、足をみて
「あ~、これはダメだ! 救急車呼ぶしかない、頼んでくる、待ってろ」
夫は冷静でした。
「エッ!? だいじょぶよ~」と言ったものの、おのが足をみて
やっぱりダメか~ 踝が変な方向向いている、
なんで~?信じられない!と頭の中が真っ白に。
お店のお兄さんもでてきて、足を押さえてくれ、大丈夫ですか?と日本語。
大丈夫だけど、今後私はどうなるの?とひとり絶望の淵。
外国に来て、えらいことをひきおこしてしまったという事実の方が
痛さよりも勝っていたようです。  
救急車はなかなか来ない。 この時点で、夫はソウル在住のKさんにも
SOSの電話をしました。 「何かあったら何でもします」と言ってくれてたとはいえ、
Kさんは、お子さんたちの夕食など忙しい頃であろうに、とんだ電話で、
さぞや驚き、大変だったことと思います。 
救急車に乗った頃には、もうなすすべのない自分、されるがままの自分を
ハッキリと認識したのでした。
こうなった以上もうどうしようもない、と。 、
どうもできない私より、これ世話する人の方が大変ということにも気づきました。
そして、病院到着。 順天郷病院という、大学付属病院で、
あとから知ったことによると、在韓日本人もよくいく病院らしいです。
通訳の女性が来て、「これから処置しますけれど、それはちょっと
痛いですが、がまんしてください」とやさしく言われました。 
かなり設備の整った部屋で、
数人の医師が、レントゲンを見ながら、脱臼している部分を数回に
わたって整復。  麻酔やら痛み止めも効いているのでしょうか、
朦朧としてきて、もうあまり思い出せません。 
次に気づいたときは、Kさんが来てくれたときでした。 
ホッとしたのは、なすすべのない私より、むしろ夫の方でしょう。
このあとの、病院での長い一夜、翌日の帰国まで、それはまた次回。
                                to be continued

...........................................................................................................................................
文部科学省 深海ワンダー

               これ とてもおもしろい!
               ゲームもできるし、
               泳いでる深海魚もキレイ!

[PR]
by kimikitak | 2009-06-22 21:14 | 韓国

セマウル食堂

e0117945_13173243.jpge0117945_1318341.jpg
ソウル セマウル食堂のこと 
これは、4月9日木曜日平日ですが、
江南カンナムの焼肉やさんや海鮮のお店が並んでいる通り、
このあたりは、はどこも混雑
このお店は、やはりガイドブックにより、出向きましたが、
お肉やさんが経営していて新鮮なお肉が食べられるとのことで、満席。
お店の外で並んで待ちました。 
名前を書いて、呼ばれて待つのは、日本といっしょ。
e0117945_13241187.jpg
この大混雑は、上のお店のすぐそば
海鮮を食べさせるお店です。
若い人がいっぱい。 
何を食べてるのか気になるところで
のぞいてみると、
お鍋をつついているようでした。
パワフルなソウルの夜 
このあたりは何度か通りましたが
いつもこんなぐあい。
オシャレして焼肉食べたりは大変でしょうが
そんなことはおかまいなし、
みんな豪快に食べて飲んで、
にぎやかにオシャベリしてました。

これにて、韓国旅行はおしまいにします。
長々、お付き合いいただきありがとうございました。
[PR]
by kimikitak | 2009-06-21 13:33 | 韓国