<   2015年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

読売書法展

e0117945_10324125.jpg昨日は、またまた六本木
国立新美術館に 読売書法展を見に行ってきました。 
ものすごくたくさんの作品、丹念にみるには時間がかかります。
やはり気になる仮名の作品を中心に見てきました。 
ほんの一部ですが、載せておきます。 
コメント欄は閉じています。

e0117945_10353837.jpg

                        まずは、人だかりがしてるこの書
                       最高顧問である 高木聖鶴氏の作品
                      おこがましいですが、さすがに素晴らしいです。

e0117945_10391694.jpg
 
                        顧問 池田桂鳳氏の書  


仮名の作品をいくつか
e0117945_1044829.jpg

                        この額装 きれいでした。 

 
e0117945_1045646.jpg

                        きれいな料紙が目立ち、人だかり。
 
e0117945_10472260.jpg

e0117945_1048513.jpg

                        今年は臨書部門もあるとか。

e0117945_112158.jpg
e0117945_1122049.jpg
 
e0117945_113022.jpg
 
e0117945_1134183.jpg

e0117945_11428100.jpg

e0117945_1152241.jpg


そろそろ 筆持たなくちゃ~!
からだ保持優先してると なかなかできません。
[PR]
by kimikitak | 2015-08-29 11:07 | 書道

夏のキッチン

e0117945_9291461.jpge0117945_9292281.jpg

毛ガニは、家で茹でてみた。
12分 蒸してもいいらしい、
今年は、イワシのお刺身をよく食べた。
あさりもぷっくりしたみが多かったので
頻度高。 

e0117945_9314737.jpge0117945_9315642.jpg

何といっても、フレッシュトマトが
たくさん使えるのが嬉しい夏
e0117945_9323637.jpge0117945_9324712.jpg

アナゴは、ためしに買って天ぷら。
意外にぷっくりしてたのでまたあげてみよう。
そろそろ秋。
こないだお初さんまが美味しかった!
[PR]
by kimikitak | 2015-08-26 09:35 | キッチン

ミッション・インポッシブル

e0117945_16523699.jpg
ハリウッドスターのトム・クルーズ主演の世界的大ヒットシリーズ
『ミッション:インポッシブル』の第5弾。
スパイ組織IMFに所属する腕利きエージェントが、
仲間たちと協力して暗躍する無国籍スパイ組織撲滅という
ハイレベルのミッションに挑戦する姿を活写する。
共演は、ジェレミー・レナー、サイモン・ペッグ、
アレック・ボールドウィンら。高度1,500メートル、
時速400キロメートルで飛行中の軍用機侵入を試みる、
トムの命知らずのアクションも見どころ。


e0117945_1654862.jpg


e0117945_165422100.jpg

一昨日はこれを見てきましたが、
もう最高!シリーズ最高ではないかと。  
1962年生まれのトム・クルーズ。 
そろそろ大丈夫なのか?という心配はすぐに払拭されます。 
かなり鍛えてるんでしょうね。
でも、
このシリーズ、そろそろつまらないのでは?
という詮索もいらぬことでした。
映画com.
  あとからみたらここにも、シリーズ最高傑作と!
れいによって、アレック・ボールドウィンが、憎々しいCIA長官。 
誰がいいものか誰が悪者か、最後まで気をもたせる数々のしかけ。 
前回までの作品より、展開が早いような気がします。 
絶対に飽きさせない中だるみなしの130分。
ロケ地も豪華で世界あちこちが楽しめます。
その上、ウィーンのオペラハウスでは、
オペラ トゥーラン・ドットも、かなり長時間
楽しませてもらえます。これには大感激!


ロケ地
 モロッコ(Morocco)
カサブランカ(Casablanca)
マラケシュ(Marrakech):(バイクチェイスのシーン)、Hotel Tigmi
ラバト(Rabat)
アガディール(Agadir:バイクチェイスのシーン )

イギリス
ロンドン(London):中心部(カーチェイスのシーン)、The Honourable Society of the Middle Temple
サウサンプトン(Southampton):Fawley Power Station
オックスフォードシャー州(Oxfordshire)ウッドストック(Woodstock):ブレナム宮殿(Blenheim Palace)

オーストリア(Austria)
ウィーン(Vienna):ウィーン国立歌劇場「オペラハウス」(Staatsoper)

マレーシア
クアラルンプール(Kuala Lumpur)

 
シニア値段1100円がお安く感じる、お得おとなエンタメ映画だと思いました。  
[PR]
by kimikitak | 2015-08-22 09:37 | 映画

モナリザで女子会

e0117945_6122178.jpg
先週お盆のさなか、14日に 
JRAで予して 
Uらと、Sごんと
モナリザ本店で
ランチを楽しみました。

e0117945_6141618.jpg
メニューを見ただけで
期待が高まります。

e0117945_6151627.jpg
e0117945_6153150.jpg


アミューズは、れいによってお花のお皿がステキ。

e0117945_6171111.jpge0117945_6172282.jpg

リエットは、塩辛くなくて美味しいです。

e0117945_618595.jpg

                         前菜  
                       これでもうかなりおなかも
                      いっぱいになります。

e0117945_6185193.jpg

e0117945_6194887.jpg
メインは豚肉のロースト これがまた柔らかくておいしい。 
モナリザといえばオリジナルなお皿。
これは、丸の内店からの景色を
うつしとったお皿だそうです。 

e0117945_62116100.jpg
e0117945_6212640.jpg
e0117945_621404.jpg


デザートは、各々デザインが異なり、女性向きのかわいらしさ。 

アリスさんのご紹介以来、何度となく JRWのランチを楽しんでますが、
この豪華さで 3000円+ 本当にお得だと思います。 

ここで2時間半ほど、たっぷりお喋りしましたが、
次は場所をガーデンプレイスに移してまたお喋り。  

e0117945_6253679.jpg

日常から離れての
女子会は、やめられません。 
また涼しくなったらね、と
夕方になって解散でした。


店内
[PR]
by kimikitak | 2015-08-20 06:28 | 集合

ヒルズのドラえもん

e0117945_8274367.jpg
テレ朝 夏祭り
国立新美術館で
美術作品を鑑賞したあとは、
近くの心臓血管研究所にお勤めの
友人A子に会ってお昼をご一緒。 
忙しい中、付き合ってもらいましたが、
ヒルズのドラえもんが去年から
登場してて、今年もかわいいと
案内してもらいました。

e0117945_831869.jpg
 e0117945_8312672.jpg 
子どもたちがみんな楽しそうです。
どらえもんは66体あるらしく、
スマホでQRコードをとりこんで
スタンプラリーをするみたいです。

e0117945_8542844.jpg
ここは、一緒に写真を撮るスペース
子どもが並んでいます。 
孫も連れてきたいけれど、
来年の方が年齢的にいいかも。 

e0117945_837753.jpg

                           友人によれば、
                           去年はトヨタが提供してて
                           どこでもドアがあったとか。
                           今年はいろはす
                           ここで、おもしろ写真が撮れます。
                           ほんの数分、ここにいただけですが
                           夢の世界 

e0117945_8432820.jpg
お昼は、どこも混んでますが
友人のおススメで稲庭うどん
限定ランチはすでになかったですが、
3種選ぶ、ミニうどんに満足◎

e0117945_845468.jpg


e0117945_8485337.jpg
テレ朝もイベントが始まりそう。
けやき坂側に出て、友人の心研の場所まで
お喋りして、さよなら。 
今度は、冬のイルミネーションのときに案内してもらいましょ。

e0117945_8495184.jpg
ちいバスに乗って赤坂に移動
  
e0117945_8502791.jpg 
赤坂サカス お次はTBS ここもたくさんの子供たちでにぎわってました。 
新橋に出てかえりましたが、暑い暑い。
小川軒のレーズンウィッチが売り切れなのが残念! 
[PR]
by kimikitak | 2015-08-19 08:57 | 集合

国立新美術館 公募展

e0117945_19324690.jpg
先週の水曜日
友だちが出展している
日美展
に行ってきました。
太陽ぎらぎらではなかったですが
蒸し~っと暑い六本木
この公募展は、
全国の作家さんの力作が
揃っていてとても
楽しいです。

e0117945_19362691.jpg
 
                          これが友人K子ちゃんの油絵 
                       前回より、腕をあげたなと思いました。
                      背景の赤にこだわりを感じます。
                      他の作品の中にあって、ひときわ目立つ
                      素敵な絵でした。
                      次回はどんな作品を描くのでしょう、
                      楽しみです!
                     えらそうに、ど素人の感想ですが、
                    素人の目は侮れないと思ってもらいましょう!

e0117945_19385773.jpg
では、好きと感じた作品を! 
これは、水彩画部門の大賞 
これが水彩画?という感じの質感ですが
とても緻密で美しかったです。 
同じ作家さんのもう一枚

e0117945_19405695.jpg

                      作風が同じで、緑が鮮やかな中に
                      少々色が入って素敵でした。

e0117945_19425631.jpg

                       こちらも人だかりがしてた水彩画
                      題材もモダンで、やはり緻密でした。 

e0117945_19443210.jpg

これは、色鉛筆画。 
見慣れたタイの風景ですが、
色鉛筆ならではの色使いかと。 

e0117945_1946183.jpg

                      こちらも水彩画 
                    行ってみたい 台湾の九ふんの風景 
                    一目で九ふんとわかるのが素晴らしいと思いました。

e0117945_19472695.jpg

ポップな感じの油絵 
いろんな表現があるのですね~ 

e0117945_19494782.jpg

                      絵手紙部門の作品
                     めちゃくちゃおいしそうです。 

e0117945_19503568.jpg

                      これが色鉛筆で描けるのが不思議
                     一度、トライしようかと
                     色鉛筆一式買ったのですが、う~ん…
                     アンパンマン描いてます。

e0117945_19521910.jpg

                     デッサン 
                     いいなです。

e0117945_19531924.jpg
 
                     水墨画も魅力です。 
                     いちばん目についたのを載せてみます。 

というわけで、たくさんの作品を見て 目の保養と
いろいろな刺激をうけてまいりました。
やはり、このような芸術にふれるお出かけも必要かと思いました。 

六本木その後はまた次回。
                     
[PR]
by kimikitak | 2015-08-17 19:59 | 集合

あん

e0117945_135118.jpg
「萌の朱雀」で史上最年少でカンヌ国際映画祭新人監督賞を受賞、
「殯の森」ではカンヌ国際映画祭グランプリを受賞した河瀬直美監督が、
2014年に旭日小綬章を受章した名女優・樹木希林を主演に迎え、
ドリアン助川の同名小説の映画化。
あることがキッカケで刑務所暮しを経験し、
どら焼き屋の雇われ店長として日々を過ごしていた千太郎。
ある日、店で働くことを懇願する老女、
徳江が現れ、彼女が作る粒あんの美味しさが評判を呼んで店は繁盛していく。
しかし、徳江がかつてハンセン病を患っていたという噂が流れたことで
客足が遠のいてしまい、千太郎は徳江を辞めさせなければならなくなる。
おとなしく店を去った徳江だったが、彼女のことが気にかかる千太郎は、
徳江と心を通わせていた近所の女子中学生ワカナとともに、
徳江の足跡をたどる。千太郎役に永瀬正敏、
ワカナ役には樹木の孫娘である内田伽羅が扮した。


e0117945_13155780.jpg


キネカ大森で鑑賞。何せ、施設が古くて、ちょっと居心地悪いけど、しかたない。 
ずっと前に、どりあん助川さんがラジオに出て、よさそうな本だったので
読みたいと思いつつ、そのままになってたのですが、映画化されたのなら
是非見たい。 
しかも情熱大陸で河瀨直美監督登場で、気分的によりもりあがって
ジュラシックに続き鑑賞。 
河瀨直美監督はカンヌでの評価が日本でより高く、情熱大陸でみたところ、
かっこいい人。 カンヌでの衣装がまたスゴくって、樹木希林が
おもしろく褒めてました。 
主役の樹木希林は、この役にピッタリでした。 
朋友の市原悦子と、ピッタンコかんかんに出てましたが、
やりたい放題の破天荒ッぷり。もうひとつ、おぎやはぎやの愛車遍歴では、
さらにエネルギッシュな車人生ッぷりを披露してたのが頭に残ってました。
この映画では、元ハンセン氏病患者で、あんを作らせたら天下一品の老女の
役ですが、ぶつぶつと小豆と対話しながら、やとわれ店長の永瀬正敏と
いいかけあいをしながら、あんを作る場面などとても風格がありました。 
近所の中学生役の実孫加羅さんは、もっくんにそっくりでした。 
もう一人、忘れてはならないのは、どら焼きや雇い主の浅田美代子。
ハンセン病に偏見を抱いて大騒ぎするのですが、 
まあ、知性なし、はすっぱ、浅はかな感じが、ホントにお上手。 
申し訳ないくらい、ピッタリ、釣りバカの美智子さんよりはまってると思います。
残念ながら原作を読んでいないので、原作ならではの良さはわかりませんが、
この映画、しみじみと良かったです。 
映像もきれいで、河瀨直美監督の他の作品も見てみようと思ったのでした。 
役作りをする俳優さんたちは河瀨作品は大変ということですが、 
こだわり方がはんぱではないのかもしれません。

e0117945_13354849.jpg
[PR]
by kimikitak | 2015-08-16 13:36 | 映画

ジュラシック・ワールド

e0117945_12452192.jpg
スティーブン・スピルバーグ監督によるメガヒット作
「ジュラシック・パーク」のシリーズ4作目。
前作「ジュラシック・パークIII」以来14年ぶりの新作で、
スピルバーグは製作総指揮を担当。
新鋭コリン・トレボロウ監督がメガホンをとった。
事故の起こった「ジュラシック・パーク」にかわり、
新たにオープンした「ジュラシック・ワールド」では、
ジャイロスフィアという球体の乗り物でめぐる恐竜見学や、
モササウルスの水中ショーなどで人気を博していた。
さらなる人気を獲得したい責任者のクレアは、
飼育係オーウェンの警告も聞かず、遺伝子操作により、
凶暴で高い知性をもった新種の恐竜インドミナス・レックスを作り出すが……。
オーウェン役に「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のクリス・プラット、
クレア役に「ターミネーター4」「スパイダーマン3」のブライス・ダラス・ハワード。


e0117945_12501878.jpg


e0117945_12505189.jpg
初日に見てきました。 まさに娯楽大作。 
ストーリー展開に何の期待もせずに行きましたが、
思った通り、このときああしてれば、やめとけば、
思いとどまっていれば
の連続。  
← これが、夢のある球体の乗り物。 

これに乗っている兄弟も、戻るようにというアナウンスの指示に従わず、
弟が帰ろうよというのにも耳を貸さず、えらい目に合うという、
お決まりのお約束の、イライラ、ハラハラ、ドキドキ。
レックスを作ったクレアも、この大騒動の張本人。 
大勢の犠牲者がでるのもなんのその。
逃げたり、闘ったり、大活躍のクレア。   
最後は、主役たちは助かって、ああ~良かった、みたいな映画ですが、 
もうこれは、超娯楽なのでケチのつけようはありません。
おもしろかったし、豪華だったので満足でした。 
この手の作品は、やはり、テレビでまた見ましたが第1作目が
いちばんです!
次は、トム・クルーズを見なければ…
[PR]
by kimikitak | 2015-08-16 13:04 | 映画

品川水族館

e0117945_1435716.jpg
先週、平日に品川水族館に
じじばば、ママ、孫二人で
品川水族館に あさイチ出向きました。

e0117945_1455028.jpg
  
                   楽しみにしていたクラゲ 
                  幻想的でとてもきれいでしたが、
                 孫1は、ちょっと怖いらしく 
                 楽しめるのはまだ先かと。 

e0117945_1472447.jpg

                   楽しみにしていたイルカのショー 
                  前3列は濡れるとのご注意でレインコート(100円)
                  着用とのこと。
                   4列目も少々ぬれます。
e0117945_149642.jpg
 
                    今までみたイルカのショーの中では
                   最高の演技! イルカのプールも最新設備で
                  音楽も楽しく、素晴らしい圧巻のショーでした。 
                 なんといってもイルカたちのおりこうさんなこと。 
                これも孫1には、少々おっかなビックリだったようです。

e0117945_14114382.jpg 

孫女児はずーっとねんねしていい子でした。 
お昼を食べがてら羽田空港に移動したのですが、
これが、うっかり行ったら、駐車場に入るのに並びました。
こんなことは初めて。 
途中あきらめようかと思ったものの 
1時間以上待って、ようやく駐車??


e0117945_1414737.jpg 
夏休みとあってか
こんな展示もあって、
北原コレクション 
楽しめました。 

e0117945_14161958.jpge0117945_14163151.jpg

懐かしのプレスリー
大好きでした。 
ちょうどプレミアム・アーカイブスで
プレスリーの生立ちをみたのですが、
貧しさがついてまわる少年時代だったようです。  
その少年があんな素敵な歌と夢を与えてくれました。 

e0117945_1421769.jpg

e0117945_1422459.jpg

                   引き出物トミカとは
                   なんとなんと!

この日は、孫1が水族館では抱っこ 
飛行場では大暴れ 
とにかく、みんなみんな疲れ果てました!
[PR]
by kimikitak | 2015-08-02 14:26 | 集合