<   2014年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

大統領の執事の涙

e0117945_2037883.jpg
実在したホワイトハウスの黒人執事の人生をモデルにしたドラマ。
奴隷から大統領執事となり、7人の大統領に仕えた男の波乱に満ちた軌跡を追う。
主演を務める『ラストキング・オブ・スコットランド』
などのフォレスト・ウィテカーを筆頭に、ジョン・キューザック、
ジェーン・フォンダ、テレンス・ハワードなどの実力派が結集。
メガホンを取るのは、『プレシャス』などのリー・ダニエルズ。
濃密なドラマとストーリー展開に加え、
アメリカ近代史を見つめた壮大な視点にも引き込まれる。


あらすじ: 綿花畑で働く奴隷の息子に生まれた黒人、セシル・ゲインズ(フォレスト・ウィテカー)。
ホテルのボーイとなって懸命に働き、ホワイトハウスの執事へと抜てきされる。
アイゼンハワー、ケネディ、ジョンソン、フォードなど、歴代の大統領に仕えながら、
キューバ危機、ケネディ暗殺、ベトナム戦争といったアメリカの国家的大局を目の当たりにしてきたセシル。
その一方で、白人の従者である父親を恥じる長男との衝突をはじめ、
彼とその家族もさまざまな荒波にもまれる。



辻堂のシネコン、初めて行ってきました。 
アリスさんの 感想
を拝見して、ますます見たくなり、辻堂までいくのはな~と思ったものの、朝一見たのは月曜日。 
少々長い映画のあと、ぶらぶらとテラスモールを歩きまわり、帰ってきたのは夕方。 
映画1本で一日、すっかりつぶれました。 
この映画、まず始まりにシューマンのピアノ・コンツェルトの哀愁を帯びた旋律が流れ、 
それが映像ととても合って、期待が高まりました。  
ところが、次なる場面、主人公セシルの子ども時代の綿花畑での黒人への奴隷扱いのひどさに
息も詰まりそうになり、そのあともずっと続くアパルトヘイトに、アリスさんも書かれてるように
それが、私たちの子供時代とかぶると思うにつけ、気分も重くなりつつの鑑賞となりました。
各時代の大統領のあり様もキャストの巧みな演技により、端的でわかりやすく、
あらためてアメリカという国の歴史も見つめることとなりました。
黒人に対する侮蔑の表し方のひどさ、白人であるというだけで優越性をあらわにする人々の
愚かしさに悲しくなるような場面がかなり多かったと思います。  たぶん、それは現在も
なくなったわけでは全くなくて、日本人とて差別の対象となってることは今もってまだまだあるのでしょう。
主人公セシル、英語では スシーという感じの発音。   
彼の人柄と、確固たる仕事ぶりに、ホワイトハウスでは珍重されるものの、 
待遇・賃金格差は是正されることなく、家族間には確執をもたらし、穏やかな日々はのぞむことはできません。 
がんばって養っても妻には孤独をもたらし、公民権運動に生涯を捧げる息子には軽蔑され、
次男はベトナム戦争で失うという辛いことの連鎖。
それでもこれでも空気となって仕えるセシル。それしか生きていく道はなく、家族を養うことはできないのですから。
若きケネディに期待をもった矢先の暗殺、セシルの落胆ぶりもはかりしれません。
そんなストーリーも、モーツァルトやメンデルスゾーンなどのクラッシックをはじめ、
雰囲気にあったサウンドの数々は、この映画の救いともなってるように感じました。 
どの場面にどの曲とまでは記憶できなかったのですが、音楽によって大統領の人柄をも
表しているようでした。 
アリスさん情報で、誰が演じてるかなど、インプットしてましたが、
最後のレーガンのアラン・リックマンにはビックリ。 ダイ・ハードは記憶に残る映画だったので。 
スケールの大きな、豪華キャストによる映画。  
これは、現代アメリカ人が見たらどう感じるのかな?とも思いつつ、長い映画でかなり学習にも
なる作品でした。 
もう一度くらい見ないと、理解できないところもあります。
[PR]
by kimikitak | 2014-02-26 22:11 | 映画

ランチ

e0117945_19102817.jpg
先週 Onda でN夫人とランチ 
開店当初より落ち着いて
ゆったりと。 

e0117945_19122036.jpge0117945_19123236.jpg

ここのアンティパストは、けっこういいと思います。
ブロッコリも一手間入ると、すぐれものの1品になるのです。 
スパゲティはイタリアン・オリーブ入りのペペロンチーニ
野菜がそこそこ入ってるのが◎でした。 
ただ、これを家でつくろうとすると、オイルもお塩もひかえてしまいます。 
私のデザートはカッサータ 
これはボリュームも満足、ナッツやフルーツが効いてます。
N夫人のはプラリネのジェラート これもちょっともらって美味 


韓国料理
[PR]
by kimikitak | 2014-02-25 19:25 | 集合

孫来る日曜日

e0117945_164951.jpg
きょうは、孫一家が来ることになっていて
楽しみだけど、連日買い物もあちこち。 
ちょうどいいことに、この美味しそうな卵を
K子さんにいただいたので、
卵かけごはんをご馳走しよう!
 
   寿雀卵 
初めての卵 サイトには、行列のできる卵とあって、
更に地図検索すれば、我が家からは11キロぐらいの伊勢原
ちょっと遠いけど、並んで買ってみたいです。  
卵かけごはん、私はあとでお試し~

昨日はすぐ近くのスーパーで、たくさん買ってたら、
近所のおばさまに、’あら、あなた、そんなに買っちゃってお孫さんでも来るの?’
と聞かれた。 
そう、孫一家に食べさせると言ったら、 
’そうよね、それが母親ってものよ~’って賛同してくれました。 

e0117945_1702177.jpg

                                 
                                       着いたとたんにスイッチを入れまくる孫
                                       ごはんをガブっとぱくつき、カワイイ。 
                                       会う度、変わってく。 

e0117945_1723252.jpg

忙しくってあまり写真も撮れませんでした。 

e0117945_1731938.jpg


                                       1食でお帰りあそばしたので、
                                       残りはもろもろ孫家、お持ち帰り
                                       よく、友だちからも似た話を聞きますが、
                                       どこも ジジ・ババはがんばるらしいです。 



e0117945_17381674.jpg 
 
ちりめん山椒  昨日は このレシピ で作りましたが、
お醤油の分量は減らして調整。
ドライのバージョンで 
これで、冷凍保存した山椒もなくなってしまいました>< 

                                     
[PR]
by kimikitak | 2014-02-23 17:11 | キッチン

お喋りなランチの記録

e0117945_16491299.jpg

月曜日 高島屋 冬物最終バーゲン最終日。
金曜日にいくつもりが、雪でボツに。
もうあきらめたのですが、友人も大丈夫というので
急遽、出向きました。 
雪で閉ざされていたあとなので、
デパートはかなり混んでました。

この度のいちごは 濃姫



e0117945_1651228.jpg


                                              ランチは鼎泰豊  


整形外科の日
[PR]
by kimikitak | 2014-02-21 17:01 | 集合

和みのミミ

鍋ねこミミです。
アムウェイのお鍋 これは鍋物のときによく使うのですが、
洗って拭いた後、しっかり乾かすために暫定的にテーブルの上においてたら、
この日は、何を思ったか足を入れてみて、そのうちからだ全体を入れようと
まあるくなったり、小さくなったり、くるくる回ったり、なんとかこのお鍋に
収まろうと必死のパッチ!  
だからって、お鍋よりアナタずっとおっきいでしょ~ 
でも、最後にはなんとかカタチおさまった感じ。 
ごくろうさん、かわいいね~♥♡♥♡と感じるのは我が家の人間だけのはず。 
でも、お願い、カワイイ!といってくださいね^^  ヨロシク!
e0117945_20553874.jpg



TVKの 『猫侍』というドラマ見てたのですが、映画になるみたいなので、
見ようかと思ってます(=^・・^=)
[PR]
by kimikitak | 2014-02-19 21:03 | 猫・犬

映画2本

e0117945_12142790.jpg
第143回直木賞を受賞した中島京子の小説を、名匠・山田洋次が実写化したラブストーリー。
とある屋敷でお手伝いさんだった親類が残した大学ノートを手にした青年が、
そこにつづられていた恋愛模様とその裏に秘められた意外な真実を知る姿を
ハートウオーミングかつノスタルジックに描き出す。
松たか子、黒木華、吉岡秀隆、妻夫木聡、倍賞千恵子ら、
実力派やベテランが結集。昭和モダンの建築様式を徹底再現した、
舞台となる「小さいおうち」のセットにも目を見張る。


ここのところ行けてなかった映画。
こないだのお休みに、これを見て、ちょうど時間が合ったので2本めも見てきました。 
アリスさんのご紹介もあって、楽しみで期待して行きました。 
残念ながら原作を読んでいなかったので、映像と文章の比較はできなかったですが、
飽きさせない、きれいないい映画でした。
いちばん感動したのは、昭和レトロな意匠の数々。  
小さなおうちに詰め込まれた、見逃せない生活道具。 
贅沢すぎず品の良いインテリア。 
キッチンと昭和の調理道具、食器の数々。 
凛として昭和の丁寧な暮らしが見えてきます。
松たか子の和と洋の装いも、まさに昭和のオシャレも見逃せません。
簡単にいえば不倫のはなし、キャスティングは吉岡に賛否両論のようですね。 
不倫だから、もうちょっと危うさを感じる美青年でも良かったのではと思いました。 

吉岡は、3丁目の夕日の茶川はピッタリだと思ったけれど、
こちらでは、’北の国から’(あまりみてないけど)のイメージを払拭できない感じに
うつってしまいました。 
原作を読んでなかったのが残念。 
妻夫木はいい青年、賠償おばあちゃんとどういう関係か、あまりわからず、あとから
おばあちゃんのきょうだいの孫なんだろと推測。 
それにしても大学生であんないい子はめずらしい。 
賠償おばあちゃんは、質素な生活ぶりながら、手編みの装い、
キチッとした食事から、生涯独身の凛とした生活がうかがえました。
若い日の女中、黒木華は、舟を編むのときのキャピっとしながらふてくされ気味の
今どきの若い子から一転、ほっぺの赤い清らかな女中さんへ。 
芯の強さを感じさせる、いい演技でした。  
結末をみて、想像でしか判断できないことも多く、原作を読んでみたくなりました。
小さいおうちの様子がどのように表現されてるかも知りたい。
私ぐらいの年齢のご夫婦が多く、けっこう混んでました。 


e0117945_12151610.jpg
実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの回想録を映画化した実録ドラマ。
1980年代から1990年代のウォール街で、若くして大金を稼ぎ、
その後証券詐欺の容疑で逮捕された彼の栄枯盛衰を見つめていく。
監督と主演は『ディパーテッド』『シャッター アイランド』などでコンビを組んできた、
マーティン・スコセッシとレオナルド・ディカプリオ。事実とは思えないほどのジョーダン
のエピソードもさることながら、ジョナ・ヒルやマシュー・マコノヒーら、実力派の共演にも注目。


こちらもアリスさんに 続きます。
日本の静かだけれど、熱い映画のあとは、ハリウッドの狂乱!
レオ様の変貌ぶりを見たくって2本目。 
感想はアリスさんと同じ。 
レオさまの熱演に拍手でした。 
あのギルバート・グレイプのときの、ジョニデの弟、知的障害の少年役から、
よくぞここまで、成長したことでしょう。 
思い起こせば、タイタニックを始め、ずいぶんたくさんの彼出演の映画を見てきました。 
見逃しているブラッド・ダイアモンドは録画してあるのでそのうちみるつもり。 
こんなことなら、華麗なるギャツビーも見に行けばよかった。 
それにしても、この映画はハチャメチャ。 
Fuck you! のあまりの多さにうんざりするほどでした。
いくら溺れると言ったって、酒・薬・女、どれも程度がひどすぎ。
稼いでも刺激に溺れないと生きていけない、それでいてドラッグの力を借りないと
怖くてしょうがない、強さと脆弱さを併せ持った、青年というかもうおじさん?を
ちょっとコミカルなまでに表現で、最後にはジャック・ニコルソンを彷彿とさせるほどでした。
自家用ジェット、クルーザーから、真っ白なランボルギーニ・カウンタックまで、
たっぷり豪華を味わえます。
地に足がつかない輩たちで、ちょっと食傷気味になりましたが、
長い映画、2本目もがんばって眠らずみました^^
 
 
[PR]
by kimikitak | 2014-02-16 12:37 | 映画

雪のあとの記録

e0117945_2020472.jpg


                                     昨日の雪は夜になると幻想的な風景になってました。 
                                     バレンタインで、若い人たちはいろいろイベントも
                                     あったでしょうにお気の毒。  
                                     こちらは、ひきこもるしかなく、ゆっくりテレビとお友だち。 
                                     夜中にフィギュア男子のフリーに、ライブで感動。
                                     ビリビリと伝わってくる緊張 
                                     さすがオリンピックはいろんな波乱あり。
                                     羽生結弦、オーサーコーチについてすごく成長したのでしょうね。 
                                     ニセ孫が羽生結弦のお顔によく似てて、なんだか
                                     不思議な気が。
                                     
                                    


e0117945_20272620.jpg
帰宅困難者になった夫は一泊
バレンタインのプレゼントがあってよかったね、です。
雪の中、でてった甲斐があったというもの。 
でも、雪かきなど大変だったようです。 

 
e0117945_20292993.jpg


e0117945_20311689.jpg
 
e0117945_20314715.jpg


e0117945_20431889.jpg


ミミは夜中おきてる私に付き合って
すっかりリズムが崩れたらしい。 
夜中、ひとり運動会であばれ、朝はお疲れで寝っぱなし。 
久しぶりにテレビを伝うミミの姿、やけに大きくなったもの… 

                                 
        
[PR]
by kimikitak | 2014-02-15 20:51 | 彩り

食記録

e0117945_23144172.jpg

Happy Valentine's Day
   雪が積もってく… 
   出かけようと迷ったけどやめてよかった。
   夫、帰宅できず。 
   ミミは外を眺めてため息!
   夜になって風強く、猛吹雪に見える。 
   さて、これからひとりソチ観戦しよう。

e0117945_23183175.jpge0117945_23184250.jpg

冬のあおもの 
さやもの、グリンピースも出始めてちょっと楽しみ。
晴れた日には、野菜干し。 
トマトはミニやベリーが安定して美味しい。 
なるべく安くて美味しいもの求めて、東へ西へ  

e0117945_2323469.jpge0117945_2323235.jpg

一昨日お初〆さば
真鯖、虫が多いと〆鯖OKとなかなかでなかった。 
ようやくだけど、ちょっとこわいので塩の状態で一旦冷凍 
数日前にはお初の鰹 脂ののってない鰹が好きなので即買い 
ここのところ連日食べてるのが 早春生わかめ  
この時季のわかめ、肉薄でおいしいのなんの。
ホッケは我が家では買わない魚、近所のSさんが、北海道から
のいただきものを、おすそ分けしてくれた。 
巨大なホッケ。 さすがにこれは美味しかった!
[PR]
by kimikitak | 2014-02-14 23:33 | キッチン

レストラン花水

e0117945_16194081.jpg


レストラン花水
                                 最後の書道教室の帰りに 
                                N夫人とNさんと。
                              昔、アクア・フィオーレのあった場所が
                             カジュアルイタリアンのお店になってました。 
                          お味は、可もなく不可もなく  
                            お茶は何度でも入れてくれて、長々お喋りできます。
                              両Nさんとは、またランチもいくことでしょうが、         
                                書道のあとのお楽しみはこれでおしまい。 



e0117945_16243158.jpg
これは、姪が送ってくれた
スティーム・クリーム 
いろんな缶の柄があるようですが、
私にはこれとニセ孫が選んだようです。
全身保湿クリーム
これべったりしてなくて気持ちいいです。
                    
[PR]
by kimikitak | 2014-02-12 16:30 | 集合

美味しいお菓子

e0117945_18501925.jpg
書展のときにいろいろといただきもの
わざわざ出向いていただいたおまけに
お気遣い申し訳なくですが、
美味しくいただいて感謝です。

e0117945_18521335.jpg
 

                                          megu さんから
                                     リリエンベルグのお菓子
                                翌日来たお嫁ちゃんがきゃ~!とか言ってちょっと食べちゃったあとの撮影です。
                            先日、プロフェッショナルでリリエンベルグの横溝さん、特集あったばかり。
                            ちょっと遠くに買いに走っていただいたみたいです。 
                          
                           さすがにどれも美味しいです^^ 

e0117945_18592063.jpg

我がブロ友のアリスさん 
毎度いらしていただいて
プレゼントいただいて感謝にたえません。
我が町の誇る葦のチョコレート
なんともいえないカワイイチョコレート
マカロンが半分いカットされたカタチが斬新。
これ色とお味がマッチしてます。 
ひそかにひとりで食べました。
これ、誰かにさしあげたいな~なんて思います。
ローラ・アシュレイのショッピンバッグがまた素敵! 

e0117945_1955240.jpg

ミニのバームクーヘン 
これは、PCサークルのときにみんなでいただいてしましました。 
などなど、お花やらいろいろのいただきもの、
ご足労いただいたおまけに恐縮です。 
私はこれで最後の書展参加でしたが、素敵な想い出がいっぱい頭の中に
インプット、楽しく終えることができました。 

皆様、ありがとうございました。
 

 
[PR]
by kimikitak | 2014-02-09 19:09 | 書道