<   2014年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

社中展

e0117945_18481671.jpg


                                      昨日から社中展 
                                    いつぶりだったか忘れましたが久しぶり

e0117945_1852170.jpg
e0117945_18521715.jpg
e0117945_18522859.jpg



表装の仕上がりで作品も数割りアップ 
なかなか納得いく作品が書けませんが、
それでも苦心の作 

友だちが見に来て、にぎやかしてもらいました。 
これにて、私は書道に一区切りつけるつもりなので、作品展もこれで最後
この期間中を楽しんでおります。 

次は私作を載せたいと思います。                                 
                                                             
[PR]
by kimikitak | 2014-01-30 19:05 | 集合

築地買い物の記録

e0117945_20141959.jpg

築地場外市場でのお買い物
目的は 
かつお節はいつもの秋山商店
 家に帰ってから小分けして冷凍庫へ 
 暫くこれでいいだしがひけるかな? 

食べる煮干し
ちりめんは、獲れたてを加工とのことで
味見して購入 
 
e0117945_20175334.jpg
中川屋のべったら漬皮付き
これはずせません

明太子や鮭はあちこちで見かけて
選ぶのに悩むのでテキトウに。 

吹田商店の昆布 
昆布はまだまだあるので
切り昆布小袋のみ
鳥藤の水炊き用の骨付きの鶏とつくね
西京漬けは、メロ(銀ムツ)とサワラ 
メロがいちばん高いけど、魚久よりはちょっと安い。 
野菜も目につくけど、そうそす安いとはいえず、この度はこれにて終わり  

築地の買い物は本当にワクワクする。 

e0117945_20225083.jpg

                                           帰ってからの夜ごはんは
                                         鶏の水炊き 
                                         白濁スープは市販品 
                                       次回は鳥仲さんの鶏でもいいかな? 

e0117945_20262628.jpg
拡大
                                        
[PR]
by kimikitak | 2014-01-29 20:27 | 集合

築地歩き

e0117945_19583395.jpg


                                               新橋に泊まったら朝散歩は築地


e0117945_19591964.jpg


                                               いつも素通りしていた築地本願寺
                                               この度初めて中でお参り。 

e0117945_2005156.jpg

中も荘厳で立派
お寺だけれどもパイプオルガンがあるようです。
 

お鮨
[PR]
by kimikitak | 2014-01-28 20:08 | 集合

かき小屋

e0117945_2133752.jpg


昨日は、所用で東京泊
                                          新橋第一ホテルから見えるかき小屋
                                      息子のリクエストで、ここで食事をすることに。

e0117945_21344423.jpg


                                            夕方、4時半予約 
                                          飲み物は持ち込み可というので、
                                        ビール・白ワイン・ロゼ・スパークリングなど
                                       重たいほど持ち込みました。 
                                      コーケージはひとり600円 

e0117945_21373572.jpg
お通しの蒸し牡蠣とムール貝 
@500円 


e0117945_21391868.jpg


                                           昨日は私は久々の不調
                                          鼻炎が悪化し、だるく風邪っぽい
                                        こんなときの生牡蠣ってどうなんでしょう? 
                                      ノロウイルスも怖いのですが、行ってみたら
                                     きっとノープロブレム?と手前勝手に判断 
                                   おいしいのなんの、気にしてたのがウソのよう。

e0117945_2143683.jpg


焼き牡蠣はクーポンでひとり一つサービスなので
焼き牡蠣もたっぷり、その他焼き物、
最後は焼きおにぎりで〆ました。  
孫は、眠くて眠くてしょうがないながら、持参のお弁当を
遮二無二食べてました。  

e0117945_21471488.jpg
e0117945_21472716.jpg


朝散歩にでるときのかき小屋
おとなりは、2号店のジャックポット 
予約もとりにくく、人気ありなのでしょう。 

牡蠣は、亜鉛もたっぷり、食後感もスッキリ、
調子悪くなることもなく、美味しかったです。 
[PR]
by kimikitak | 2014-01-27 23:32 | 集合

ホノカア・ボーイのロール・キャベツ

e0117945_7401185.jpg

こないだ見た ホノカア・ボーイで美味しそうだったロール・キャベツ
レシピを検索して作ってみました。
ないものもあったので私風アレンジ
今のキャベツは小さいので、一つにつき
葉は2枚使うことはできなかったけど、なんとかクリア。 
卵は入らず、チーズやソーセージの刻んだのが入る。
中でも、白いごはんがつなぎに入るのですが、
これが美味しさの秘訣かも。 
今まで食べていたロール・キャベツとひと味違って
もっちり・ふわで美味しかったです。
最後に生クリームとサワークリームが入るのでハイカロリー
酸味を嫌いそうなので生クリームだけにしましたが、
おかげでこってりして好み。  
もとはといえば、高山なおみさんのレシピですが、
数あるロール・キャベツのレシピの中でも
リピートしたい1品になりました。
[PR]
by kimikitak | 2014-01-26 07:56 | キッチン

カステラとお茶とランチ

e0117945_213073.jpg
1月最終の書道のお稽古日 
 
e0117945_104627.jpg


e0117945_10462866.jpge0117945_10464280.jpg


                                        そのあとのランチ
                                        おなかいっぱい!
[PR]
by kimikitak | 2014-01-24 21:05 | 書道

ヨコハマおでかけ

きょうはヨコハマおでかけ、ゲラゲラ笑って一日はあっという間 
コメント閉じてます、くりかえしなので。

e0117945_23371549.jpg 

レストラン・ウイークが明日からなので
きょうは月並みにゆっくりできるスペース
梅の花で、お豆腐ランチにしました。 
2時間くらいかかって食事はお喋りタイムでもあります。 

e0117945_2339551.jpg
e0117945_23401055.jpg


e0117945_23413267.jpg


その後は、元町をぷらぷらと。
試着と買い物。ゲラゲラと。  
帰る頃には真っ暗に。 
それでもあたたかな一日。 
[PR]
by kimikitak | 2014-01-23 23:45 | 集合

南蛮漬けのたれ

e0117945_22416.jpg



                                I子さんがお取り寄せしたこれ、
                               美味しいからと いただきました。
 
e0117945_2261762.jpg

別に南蛮漬けにこだわらず、何にかけても美味しいらしいのですが、
とりあえず、冷蔵庫にあったチキンを片栗粉をまぶして
カラッと揚げてかけてみました。 
うっすら甘くて酸っぱすぎず、美味しい。 
簡単にチキン南蛮ができました\(~o~)/
          
ドレッシングもマリネもいちいち作ってますが
たまには、こういう無添加の美味しいタレが
楽ちんで美味しくて嬉しいです。 
                      


e0117945_22112532.jpg
  

                                さてこれから寝るまでのステップ 
                             お風呂、歯磨き、歯間ブラシ まで終わりましたが。 
                           お布団に入るに至る準備がまだです。
                          その前に、ドラマ10を見ようと思ってますが、 見たら即寝たい。 
                         湯たんぽ、マスク、手袋、首巻き、お水、アラーム。 
                        なんだか冬は大変です。                 
[PR]
by kimikitak | 2014-01-21 22:15 | キッチン

ホノカア・ボーイ DVD

e0117945_2085953.jpg
解説: 人気作家・吉田玲雄の同名原作を映画化したハートウォーミング・ストーリー。
ハワイ島に実在する町ホノカアを舞台に、町の映画館で映写技師として働くことになった青年と、
そこに暮らす人々の人間模様がつづられる。
監督は『いぬのえいが』の短編「ねえ、マリモ」の真田敦。
主演は『ハルフウェイ』の岡田将生。料理、映像、音楽など、
あらゆるジャンルの才能たちが結集し、オールロケで作り上げた優しい作品世界が堪能できる。


あらすじ: 恋人にフラれ、大学を休学したレオ(岡田将生)は、
ひょんなことからハワイ島にあるホノカアの映画館で映写技師として働くことに。
ホノカアは、レオが半年前に“伝説の虹”を探し求め、
恋人と道に迷った末にたどり着いた町だった。
不思議な魅力に吸い寄せられるように再びやって来たこの町で、
レオは風変わりだが心優しい人たちと出会う。



2009年3月公開の映画
予告編は見た記憶があり、変なタイトルだなと思った。 
主人公レオは岡田将生、人気作家・吉田玲雄の実体験をもとにしてるらしい。 
この吉田玲雄のこと知らなかった。
あのポーター吉田カバンのプロデュース父子の息子であったとは。

夫の先輩おいちゃんが、昔ハワイ島の町に行った時、気に入ったひなびた町ホノカア、
ニュー・シネマ・パラダイスを思い起こさせる映画館があってすごくいいと。 
映画になったので、DVDで見たのを貸してくださった。
ゆったり流れるリズム、日系の人が多く住むひなびた町の長閑さ、まだ手が加わってない
自然、海、またゆったりのリズムに合うサウンド、などすべてが心地よい。 

映画館の女主人、いつも何か食べてふくよかな松坂慶子、
あのかわいらしい声がいい雰囲気を醸す。
お客のいないときは、床屋の椅子でのけぞって転寝する正司照枝
80過ぎて、まだ女性に興奮するじいさんは、喜味こいし 
冒頭の場面で口うるさくめんどくさそうなレオの恋人に蒼井優 
レオが、この町で恋するピーナッツアレルギーの彼女に長谷川潤
ビーの作る美味しそうな揚げパン・マサラダマラサダが載ったブログを見てやってくるのは深津絵里
と、豪華なキャスト 

レオに毎日美味しいご馳走を食べさせるビーには倍賞千恵子 
この映画、見どころは多々あるけれど、
ことに目が釘付けになったのは、このビーがお料理をうみだすレトロで
こざっぱりしたキッチン。 
いかにも古き時代からのアメリカらしい。
琺瑯のお鍋、飯台、お櫃、くまさんのかき氷、ミキサー、ファイヤーキングの食器、
どれも、丁寧に大切に扱われてるのがわかる。
ビーにはちょっと高すぎるアメリカサイズの調理台。 
決して広くないから、ものがあふれてるけれど、きちんとお料理する人のキッチンだ。
 
ハワイハワイときてみたけれど~ と口ずさむ歌に、郷愁が漂って、人間はみんな
ひとりよ、と静かに暮らすビーの生活に、はなやぎを与えたレオ。 
ビーの作る食事をポラロイドで毎度写す。
ロールキャベツは、調理プロセスも撮られていて、本当に美味しそう。
ググれば、レシピがいろいろ出てくる、再現したいものです。 
つなぎにごはん、チーズや、生クリームも使って、濃厚でとても美味しそう。
どのお料理も美味しそうで、誰が担当かと思ったら 高山なおみさんでした。 
DVDなので、何度もキッチン場面見てみたけれど、もい1度みてみようかしら。 
食いしん坊にはこたえられませんが、 この映画、
少々、悲しい現実もストーリーにあって、ほのぼのとだけはしてられません。 
満月の夜には月の虹が見られるという自然、本当に見られたら素敵でしょう。 
ファンタジーのような仕上がりの映画ですが、最後、日本に戻って
1年後、レオがこの町を再び訪れるときは、成長した姿が現実味を感じさせます。 
エンディングの歌は小泉今日子。潮騒のメモリーよりほのぼのとしている。

かもめ食堂のように、また見たくなる、心に残りそうな映画でした。   
[PR]
by kimikitak | 2014-01-19 20:49 | 映画

やっと出会ったケトル

e0117945_17545254.jpg


                                           2年前くらいから、やかんを探してました。 
                                         いつもミルクパンでお湯をわかしてたのですが、蓋もないし時間もかかり無駄でもあります。
                                        T-falなどの電気湯沸かしも視野にいれましたが、どうも納得がいかず... 
                                        こないだ アドキッチンから野田琺瑯のケトル半額のメールが入ったものの、北欧風ケトルはSold out

                                        それを見た瞬間からやかん探し。
                                        
                                        ネットぐるぐるして、とうとうこれに決めた! 
                                   
                                        1.7 ㍑ 小ぶりでちょうどいい大きさ。

e0117945_1812520.jpg   


ドイツ シュワター  
このメーカー 知りませんでした。
黄色、オレンジと鮮やかな色もありましたが、 
我が家にはやはり白がよいかと。 
たかがやかんなんですけどネ!
                                        
                      
[PR]
by kimikitak | 2014-01-18 21:54 | キッチン