<   2012年 06月 ( 33 )   > この月の画像一覧

お粥

e0117945_18433980.jpg


                                                            お粥朝食 
                                                            白粥とおかず
 

e0117945_1925231.jpg
e0117945_1931874.jpg
コロッケ夕食
コロッケも久しぶりかも。 
もしかしたらこれも檀一雄かもしれないけれど
人参を星砂のように細かく切って、というくだり。 
星砂人参を入れたコロッケ。
ちょっと粗め  

 
e0117945_1971035.jpg
 
                                                            うさぎ皿には一夏限定ぬか漬け  
                                                            塩分が気になるのでかなり浅漬。  


                                                        
                                                       
[PR]
by kimikitak | 2012-06-30 19:13 | キッチン

ヨコハマ

e0117945_22151498.jpge0117945_22154734.jpg

e0117945_2244876.jpg


きょうはヨコハマ。 
朝、バス停に行こうと信号待ちをしていたら
近所の友人Uババがクルマから手招き!
きょうもまたラッキーなことに、駅まで乗せてもらいました。 
ババはジムに行くところ、私は月火水と出たので、きょうは休憩。
2日も続けてついてます^^
幼馴染とデパート歩き。 
きょうは、崎陽軒ビル、アボリータムでプレミアム・アフタヌーンティー
予約してのぞみました。 
普通のアフタヌーンティなら12:00から
このプレミアムは13:00から。 
思った以上に充実した内容で◎でした。 
これで1,980円はコスパ良しです。 
普通のとかなりの差があります。
デパートも、そろそろSaleで、本格的Saleの前哨戦のようで、
賑やかです。 ここはまだ辛抱。 
  

特売
[PR]
by kimikitak | 2012-06-28 22:36 | 集合

さくらんぼ

e0117945_2256038.jpg
姪のところからやってきた
ラビットすいか
カタチかわいく、皮うすく。 
甘くてみずみずしいです◎ 

e0117945_2257715.jpg
きょうは、下の玄関で、友人のクルマに遭遇。 
私のところに さくらんぼを持って寄ってくれたようでした。 
ラッキーとばかりに、乗せてもらってカーブスへ。
いつもだったら、歩いて行くところ、有酸素運動にはなりますが、着いた時点で大汗です。 
爽やかエアコンクルマで、快適。
おかげで筋肉運動よけいにがんばりました。
山形からお取り寄せしたという佐藤錦。
甘くて美味しかった~  
効率よくあれこれできて良い日でした◎
[PR]
by kimikitak | 2012-06-27 23:04 | 集合

サクリファイス

e0117945_22184472.jpg
ただ、あの人を勝たせるために走る。それが、僕のすべてだ。

勝つことを義務づけられた〈エース〉と、それをサポートする〈アシスト〉が、
冷酷に分担された世界、自転車ロードレース。
初めて抜擢された海外遠征で、僕は思いも寄らない悲劇に遭遇する。
それは、単なる事故のはずだった――。
二転三転する〈真相〉、リフレインの度に重きを増すテーマ、
押し寄せる感動! 青春ミステリの逸品。



タルトタタンの夢で、ご馳走ミステリーを堪能、同じ著者が書いた全く違う
テーマ、自転車競技のミステリ-、これもおもしろかった。 
続編もあるようで、この興奮のあとゆえ、そのうち読みたいと思います。
   ↓ 

あの『サクリファイス』の続編、遂に登場。今度の舞台は、ツール・ド・フランス!

あれから三年――。白石誓は、たった一人の日本人選手として、ツール・ド・フランスの舞台に立っていた。
だが、すぐさま彼は、チームの存亡を掛けた駆け引きに巻き込まれ、
外からは見えないプロスポーツの深淵を見る。そしてまた惨劇が……。
大藪賞受賞、本屋大賞2位に輝いた傑作の続編が、新たな感動と共に満を持して刊行。


ツール・ド・フランスはテレビで何度か見て、まずは、先頭の選手が風よけの役割だったり
することにビックリした記憶がありますが、 この競技はかけひきもあってとっても複雑。
テレビで解説つきで見てもとてもシロウトには理解しがたいもの。 
何故に、エースを勝たせるためにアシストでがんばるのか、意味がわからないままでした。 
この作品を読んで、チーム競技のあらかたがわかった気がしました。 
文庫解説によれば、自転車競技関係者の間で評判を呼んだ、っとなっております。 
'08年のツール・ド・フランスでは、生中継の間に解説者がこの本を紹介したとのこと。 
最初は、軽くロードレースが誰にもわかるよう、説明的なドラマが展開しますが、
後々、どんどんドラマが恐ろしい方向へ行っちゃいます。 
果たして、悪いのは誰?な~んて思いながら、進みました。 
事の真相が徐々にわかっていく段階で、思いもよらぬ結論が導きだされます。 
エースとアシスト、ひとりでは決して勝てない競技、
それでもエースを勝たせるためのチーム競技。 
過酷なスポーツであることをあらためて思い知らされました。 
最後の最後のオチのところまで、誰が悪いのか、
作者の思う壺ツボに振り回されながら読みました。 
ゾッとするような成り行きでしたが、
穏やかな主人公、白石誓の輝かしい未来に心が和んだところで終わり。
続編に期待がかかります。 


  
[PR]
by kimikitak | 2012-06-27 22:52 |

いただきもの

e0117945_21534050.jpg
上の階のTさんから、採れたてお野菜を
たくさんいただきました。 
あぁ、ありがたい。 
いつもお高いトマトを
あれこれ考えつつ買ってます。 
きゅうりもピッカピカ。
早速、洗って保存。 
きれいなじゃがいも、
そうだコロッケ作ろう、
でも週末。 
とりあえずはポテトサラダ。
  
e0117945_21582941.jpge0117945_215852100.jpg

玉ねぎもたっぷり使ってオニオンスープ。
こないだ新聞で、あえてプリゼを省いたソラマメの簡単キッシュが紹介されてたので、
作ってみました。 
でも、ある材料をつかったので、しいたけ、マッシュルーム。 
ソラマメの緑があったらカワイイのに。 
  
   14cm 深さ2cmのタルト皿 2枚分
     ソラマメ 6さや
     マッシュルーム 6個
     玉ねぎ 1/3個
     ベーコン 2枚
     卵 2個
     生クリーム 60cc
     牛乳  60cc
     ナツメッグ 少々
     エメンタールチーズ 40g  
   180℃ 15分       
 

冷めても美味しい、これって気軽に作れていいかなと思いました。 


e0117945_2216730.jpg 
こちらはソウルのKよさんにいただいた韓国海苔。 
左側のは、ごはんにかけて食べると美味しいですよってことでした。
まだ開けてなかったので明日の朝、食べよう。 
 
e0117945_22192492.jpg
きょう食べた石焼きピビンパ(ソリャミョッ)の上にも
のってるのってる、美味しいです。  
ここのお店のピビンパ、熱くてフハフハしながら食べます。 
[PR]
by kimikitak | 2012-06-26 22:22 | キッチン

朝食の記録

e0117945_18502986.jpg
本年お初冷やし中華、数日前の朝食 
夫に出す食事は朝が中心になりました。
 
e0117945_18522313.jpg 
半田麺 
と 豚の角煮久しぶり 

e0117945_18554342.jpg
 
                                                         あんかけ焼きそば  
 
e0117945_18571987.jpg
最近好きな、トーストサンド 
  
e0117945_18583026.jpg

                                                          こちらも焼きサンド 
 
e0117945_190084.jpg

 e0117945_1903180.jpg
私の朝食=トマト甘酢。ミミに見守られる。
[PR]
by kimikitak | 2012-06-25 19:11 | キッチン

最近の生ものなどなど 

e0117945_14323285.jpge0117945_14334034.jpg

最近のワイン
  ワインにすると必ずパンも食べたくなるので、太る率が高いのが困りもの。 
また、新顔 キンミヤ焼酎の梅汁割り 
  月曜BSの『吉田類の酒場放浪記』はよく見る番組
  以前紹介された京成立石の「宇ち多」 
  そのお店で出される梅汁割り。
  息子が行ってみたいというのを聞きつけて思い出し、
  夫は行ったことがあるらしく、急にネットで探して取り寄せたのですと~。 
  キンミヤはセブンイレブンにもありますが、ジュースがなかなかないのだそう。
     焼酎 9 : 梅ジュース 1  
    キンミヤは甲類の焼酎 
 
e0117945_14453377.jpg e0117945_14485136.jpg

















どちらの日もお刺身。 
魚というと どうしてもとりあえず生が好きです。 
お肉も生レバーが禁止になるようで、(;_;) 
レバーも火が入らない方が美味しい。
生レバが好きな人いますか~?  
でももう食べることはないのかも。 
 
e0117945_14514728.jpg
e0117945_14523520.jpg


ホタテはちょっと炙ってイタリアンぽくしても美味しい。
鰆は、さすがに塩焼きです。  
お肉もレアがいいかと。
でもカルパッチョならもっと好き。  

 
e0117945_14584040.jpg e0117945_14585271.jpg

最近はごはんを炊いたらおひつに。 美味しさ1割増し。 
胡椒のミルがどれもこれも調子悪く、しかたなく叩き潰してるので粗め。

e0117945_156426.jpg

                                                        粗々胡椒をかけた
                                                        ごぼう、コーンの
                                                        ポタージュ
 
e0117945_1594073.jpg
最近食べた イカ生 
だるまイカさんは美味しいです^^ 
[PR]
by kimikitak | 2012-06-24 15:13 | キッチン

崩れる

e0117945_934533.jpg
こんな生活、もう我慢できない…。自堕落な夫と身勝手な息子に翻弄される主婦の救いのない日々。
昔、捨てた女が新婚家庭にかけてきた電話。突然、高校時代の友人から招待された披露宴。
公園デビューした若い母親を苦しめる得体の知れない知人。
マンションの隣室から臭う腐臭…。
平穏な日常にひそむ狂気と恐怖を描きだす八編。
平凡で幸せな結婚や家庭に退屈しているあなたへ贈る傑作短編集。

崩れる
怯える
憑かれる
追われる
壊れる
誘われる
腐れる
見られる



平凡で幸せで退屈なんてことはないけれど、移動中に短編は読みやすいのでブックオフで購入。
前に読んだ小池真理子の短編と感じが似ている。
著者初めての短編で巻末に自註解説、集英社文庫解説(桐野夏生)、
角川文庫版解説(藤田香織 書評家)がついていて、
読んだあとの解説もたっぷりで、薄い本のわりに読み応えがありました。 
かなり前に読んだわりに、タイトルを見ると内容を思い出す、ということでインパクトあり。
8つの話、すべてテイストが違い、このあたりは作者も苦労しながら生み出したらしい。
この作品の時代背景はまだ携帯電話が普及する前、 
その後に起こったさまざまな事件はこちらも今に至るまで思い浮かぶも鮮烈なものがありますが、
それを見越したような作品でした。 
最後の解説に、貫井作品の短編の魅力に開眼した人は、ぜひ
中編集『光と影の誘惑』と、約十年に渡る歳月をかけ完成した短篇集
『ミハスの落日』も手にとって欲しい、とのおススメが書かれてました。
さらに容姿端麗、頭脳明晰なオレ様作家探偵・吉祥院慶彦が活躍する
『被害者はだれ?』も楽しめるらしい。 
φ(..)メモメモ  おもしろ進めるのは何より、読んでみようかな。
[PR]
by kimikitak | 2012-06-24 13:34 |

5月の金環日食 

e0117945_1921163.jpg

                                                    もう感動も忘れてしまった5月の金環日食 
                                                    もう次は何?の状態ですが、甥が撮ったという写真を残したいと思います。 
 
e0117945_19245663.jpg

  
e0117945_19254878.jpg

  
[PR]
by kimikitak | 2012-06-23 19:26 | 彩り

カレーうどん

e0117945_2015710.jpg

昨日、近所の友だちが来ておみやげをくれました。 
名古屋に行って、オリエンタルカレーを。 
飛騨高山は夫婦限定のバスツアーに参加したのですって。 
夫婦限定はとても静かでいいそうです。 
右側のお菓子が高山のです。 


e0117945_20174768.jpg
早速、オリエンタルカレーで、カレーうどんを作って食べました。 
これって美味しい!
作り方は簡単。 
分量どおりに入れて混ぜるだけ。 
スパイシーだけれど、
程度がちょうどよく、とろみもちょうど。 
ちょっと黄色っぽい、ターメリックがきいてるのかしら。
今度名古屋に行ったら買ってこよう~
ポチッでもあるでしょうけど。 
確か、唄は聴いたことあるような… オーリエンタル カレエー

 
e0117945_20212163.jpg
こちらは水牛印のカレー粉でいつも作ってるもの。 
最近は油揚げを入れるようにしてます。 
カレー粉と、小麦粉とよく混ぜて
だまにならないようにとろみを
調整して、っとけっこう手間が
かかります。
オリエンタルのが簡単!
日々のカレーうどん、水牛印と決めてましたが
他にも目をむけようと思いました。 
 
e0117945_20302754.jpg
 
ミミもこの天気はかったるいのか、寝てばっかり。 
食っちゃ寝状態です。 
[PR]
by kimikitak | 2012-06-22 20:32 | キッチン