<   2011年 10月 ( 38 )   > この月の画像一覧

かばん屋の相続

e0117945_19171331.jpg
池上信用金庫に勤める小倉太郎。その取引先「松田かばん」の社長が急逝した。
残された2人の兄弟。会社を手伝っていた次男に生前、
「相続を放棄しろ」と語り、
遺言には会社の株全てを大手銀行に勤めていた長男に譲ると書かれていた。
乗り込んできた長男と対峙する小倉太郎。
父の想いはどこに? 表題作他5編収録

 
短編ながら、どの話も内容が濃くておもしろいです。
銀行の融資や手形のことなど、ここのところ池井戸さんのおかげで
少しずつわかるようになってきました。 
今回は、大田区の中小企業相手、大手銀行だったり、地元信用金庫の
職員が各々主人公になってますが、大田区は私の出身地なので
なんとなく背景も目に浮かぶようで、ことにリアリティがありました。 
池井戸さんは、あのあたりの支店に勤務したことがあるのだろうか?
と思えます。
融資をするか見送るか、バンカーの葛藤の中、
見えてくる事情が多々あって、先を読むのにドキドキします。 
そこには、想像以上のからくりがあったりして、意外性があって
とてもおもしろいです。
手形や稟議のことがあるので、もらさずシッカリ読まないといけません。
銀行内部の人間関係も描かれていて、
ことにワルモノ上司がやっつけられるのはスカッとします。
銀行員とその妻、銀行内恋愛など、盛り込まれてるので
おカネのこと以外もなかなかおもしろいのです。
表題作の《かばん屋の相続》
これは、タイトルをみただけで、あ~、あれだな、と思ったのですが、
京都の一澤帆布、解説にもあるとおり、あの争いのことに着想を得たようでした。
この本では、場所は池上。 
京都で、わざわざ私も買った丈夫な袋、その頃は争いもなかったわけですが、
この本の結末とはまた違うドロドロがあるのでしょうか、
今はあのお店どうなってるのかな?とふと思いました。
軽く読める一冊ですが、着想豊かでひきつけるストーリー、
2005年~08年にオール読物に掲載された作品ということです。
一方で他の長編も書きながらは大変なこと、池井戸さんさすが! 
[PR]
by kimikitak | 2011-10-31 22:24 |

クミアワ

e0117945_8452057.jpge0117945_8453736.jpg

iphone4s に変えて、いろいろ機能が増えたはものの、私メに必要ないものも多く、
もったいなく使ってます。そんな中、
無料アプリの クミアワで遊んでみました。
写真を選んでコラージュできるもの。 
こちらは、固定のフォームの中から、数通り変化。
 
e0117945_8542749.jpge0117945_8543755.jpg
 
こちらは手動で好きな所に移動 
写真は10枚まで。 
ウォールペーパーもいろいろあって、おもしろいですが、
やはり、センスが問われるようですね。 
[PR]
by kimikitak | 2011-10-31 15:33 | 集合

和食

e0117945_19535195.jpg
ひとりのときの玄米朝食 
連日おなじお惣菜が続く。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

               本日の鯖塩焼き夕ごはん 
               最近、もりもり食べてるキャベツは
               アリスさんおススメの牛角のキャベツだれで。 
               キャベツにからみやすく、少量かけるだけでいい味。
               バーミキュラ無水調理の肉じゃが。 
               
                                    お醤油 大2.5
                                    みりん 大2弱
                                    砂糖  小1
                                    とろ火 20分 

バーミキュラを火にかけてから、その他のものすべてが整い
30分でごはんのしたくは終わる簡単調理。
この他、スーパーにぎり鮨 夫用(500円)  
e0117945_195506.jpg


[PR]
by kimikitak | 2011-10-29 23:41 | キッチン

向田邦子

e0117945_22243551.jpg
脚本家、エッセイスト、小説家、
すべてにおいて第一線で活躍した向田邦子。
飛行機事故による急逝から30年。
今なお、愛され続けるその素顔に、
文壇関係者らが寄せた追悼文、弔辞、回想から迫る。
愛猫、愛用品、旅の土産、ままやの献立、旨いものなど、
百余点の秘蔵写真も収録。
不世出の作家の全魅力が蘇る、ファン必携の一冊<


向田邦子が今生きていたら...?
あらためてそう思うこととなりました。 
向田さんはカッコイイ!
若い頃の写真や、エピソードがもりだくさんで、
本当に聡明な方(えらそうにそんなこというのおこがましいですが)
行動的な素敵な先端の女性だったこと、あらためて
知ること多かったです。 
猫のマミオ・マハシャイが見たくて買ってきましたが、
向田先生の作品の数々、テレビドラマなど思い出しながら
懐かしい思いにもひたりました。
タイのコラット猫、マミオを手に入れるのも相当苦労があったようですが、
この本でもそこそこプロセスわかりました。 
マミオも写真も多々載ってる本で、 
なんだか嬉しくて、周囲の猫好きの人いまわしているところです。 
 e0117945_22381471.jpg
マミオの奥さん、チッキイ夫人も、カワイイ猫。
子孫繁栄してる途上だと思います、
とても幸せな猫たちだったのでしょうか~
 
[PR]
by kimikitak | 2011-10-28 22:42 |

上海帰りのUさん

e0117945_20222751.jpg
きょうも秋晴れ。 
近所の友人と茅ヶ崎中海岸ガラでランチ。 
お得なインドカレーでした。

こないだ上海に行ってきた友人、
上海情報をいろいろ聞き、
写真も見せてもらいましたが、
思って以上に、きれいに整った街。
ハイテクな街の感じ。 
いつの間にか、ひとりっ子政策も
なくなってるそうです。 
上海の人口2000万とはけっこうな大都市。 
風水の関係ということで、丸を使った建物も
目立ってました。
テレビCMでも見ますが、
今、上海蟹もおいしい時期とか、
オス、メス、どちらも美味しかったそうです。
飲茶もショウロンポウも食べ物すべて
美味しかったそうで、
野菜や豚肉などについてくる、タレ、それがとても美味しかったと。 
食べ物に魅かれる私、行ってみたくなりました。
上海は日本と同じような気候らしいですが、
こないだ行ってきた雨季のバンコク
大洪水が気になってます。 


 e0117945_20314811.jpg
おみやげの中国紅茶。  
ここは、とても素敵な茶館で、
行ったら絶対おススメの場所らしいです。
このお茶、ゆったりした時間にのんびり
お茶時間したいです。
  
e0117945_20343395.jpg
 
 パンフレットを見ても素敵な建物とスペース。 
上海にこんな素敵な場所があるのですね~ 
 
e0117945_20355020.jpg 
ハンカチも上海ならではのデザイン。
上海三越といっても、オークラに入ってるショップのものだそうで、
素敵な袋入り。


e0117945_20411967.jpg
突然の博多は、夫の福岡のおみやげ。 
これも白いごはんがすすむ、 
おそろしい秋。   
[PR]
by kimikitak | 2011-10-27 20:43 | 集合

横浜

e0117945_21443148.jpg
 きょうは友人と横浜。 
だいたい朝一行動ですが、
きょうの横浜はいつも以上に朝から人が多いです。 
あれこれみたあと、ランチ。 
候補の三田屋はいつの間にか他のお店に変わってました。 
その上、どこも混んでてすごい列なので、
東口へ。 ミクニも候補だけれど、スカイビルに上るのもめんどうになって
いつもの崎陽軒ビルで。 
 
e0117945_21474721.jpg

e0117945_2148469.jpgボリュームがあって満足ですが
可もなく不可もなくでしょうか。
 
[PR]
by kimikitak | 2011-10-26 21:49 | 集合

猫鳴り

e0117945_20272439.jpg
ようやく授かった子供を流産し、
哀しみとともに暮らす中年夫婦のもとに一匹の仔猫が現れた。
モンと名付けられた猫は、飼い主の夫婦や心に闇を抱えた少年に対して、
不思議な存在感で寄り添う。
まるで、すべてを見透かしているかのように。
そして20年の歳月が過ぎ、モンは最期の日々を迎えていた…。
「死」を厳かに受けいれ、命の限り生きる姿に熱いものがこみあげる。


いっしょにいるだけで を貸してくれたSさんが、今度はこの本、
’猫鳴り’がおススメ、「すごく引き込まれる」という、
猫ものらしいので、早速読んでみました。 
読み始めたら、本当にぐいぐいと引き込まれ始めました。
帯に、『静かだが力強い筆致は見事というしかない』とありましたが、
まさしくその通り、猫のことをたぶん知り尽くしてるから描けるのでしょうが、
無駄な表現が1行もないのでは、と感じました。
うちにも猫がいるから、猫好きだからというのを差し引いても
たぶん誰でも引き込まれるのでは? 
1章は、子をもてなかった夫婦が、見つけた仔猫を手元におくまで
モンと名づけた不思議な少女も、不気味さを伴って大きな役割をもつキャラクター
2章は、ブラック・ホールに入ってしまった少年と猫との話。
3章は、ひとり残された藤治が見つめる、猫の老いと死
全体に暗いトーンで、どの章もこれでもかこれでもかというほど
一筋縄でいかない。その表現力にじらされます。 
泣き止まない仔猫を見つけてから、何度も何度も捨てに行く信枝。 
それでも何度でも戻ってくる仔猫、それなのにまた捨てにいく信枝。
「猫はそのあと二度と振り向かず、いつまでも向こう向きに立ちすくんでいた」
「猫は動き始めた...ついさっき信枝の方にやってきたときの、
 あの確信を持った賢明な足取りで逆のほうへ」  
この場面とその躊躇ない’これでもか’で、もうたまらなくなりました。  
2章の不登校の少年の暗い衝動を止めるかのごとくのモンの視線、
ここでもまたいやというほどじらされます。  
3章は、信枝を病気で失ったあとの、藤治がモンを看取るのですが、
ひとりぼっちになってしまう、若い頃から死を恐れていた老いた藤治。
それを見透かしたかのように、モンが教えてくれる様々なこと。 
ここは、結末かなり感動です。
我々みんなに訪れる死というテーマが潜んでいました。
モンの荘厳な死。みごとな死。 
泣かないと思っていても涙がでそうでした。 
 
どういうジャンルに入る話なのかわかりませんが、
1匹の猫の生涯とその周囲にもたらす重みが描ききれてる感じは、
薄い本ながらとても内容が濃く深く、心に残りそうでした。
ほのぼのしたエッセイ’いっしょにいるだけで’と
また趣向の違う猫の物語でした。 

猫鳴りとは、主人公のひとり藤治が、モンの喜びの表現の
のどのグルグルをそう呼んでいたのでした。
モンが気持ちをほどいて、猫鳴りをしてくれるのが生きてる証。
撫でると猫鳴りが返ってくるとホッとする藤治。
もしも...  
そんな気持ちがひしひしと伝わってきて、ジリジリとしました。
  
引き続き、この著者の’9月が永遠に続けば’を
読みたいと思います。
[PR]
by kimikitak | 2011-10-26 21:42 |

ニャン

e0117945_18485980.jpg
呆れる猫オバサンになってしまったようで、
こんなのまでカワイく感じてしまう
猫写真です。
猫ともよく喋ってる不気味さも伴ってます。

オッサンのPCにまとわりつき、
あげくはキーボードに乗り、
カーソルに反応という、
それだけのこと。 

m(__)m 
 e0117945_18561028.jpg
こっちも↑と似たようなもの
テレビの鳥に反応した画像。 
初めてテレビに反応、
それだけのこと。
 e0117945_18574245.jpg 
陽だまりが好みなこの頃
夜ともなれば、至近距離にやってきます^~^
[PR]
by kimikitak | 2011-10-24 19:05 | 猫・犬

玄米

e0117945_1961513.jpg
 e0117945_1964326.jpg新米の季節、
玄米を通販。 
夏は玄米を食べる気にもならず、
久しぶり。
圧力鍋にカムカム鍋を入れて50分。
これはそのときどきで30分でも大丈夫。 
朝、むだに早起きしたとき、火にかけてしまえば、
他の家事をしてる間に炊き上がります。 
で、ひとり朝食。
おでんの残りで。
次はお雑炊で。 
2合炊いて、残りは冷凍。
ひとりごはんにちょうど良いです。 
それにしてもハラモチがよいようです。 
[PR]
by kimikitak | 2011-10-22 19:15 | キッチン

青い鳥

e0117945_11111732.jpg
村内先生は、中学の非常勤講師。国語の先生なのに、
言葉がつっかえてうまく話せない。
でも先生には、授業よりももっと、大事な仕事があるんだ。
いじめの加害者になってしまった生徒、父親の自殺に苦しむ生徒、
気持ちを伝えられずに抱え込む生徒、
家庭を知らずに育った生徒―後悔、責任、そして希望。
ひとりぼっちの心にそっと寄り添い、
本当にたいせつなことは何かを教えてくれる物語。


たいていの重松ファンの方は、もうとっくに読んでられると思います。
アリスさんのところでもレビゅーを拝見したような。
今頃になってブックオフで買った文庫で読んでよかったことは、
重松氏の文庫のためのあとがきが掲載されてること。 
さまざまな理由からひとりぼっちになってしまった生徒に寄り添う村内先生、
8編の連作ですが、どの状況も辛かったり、悲しかったり、
解決や出口があるのかなと、胸が痛くなります。  
どの章も、こんなとき周囲の大人はどうすればよいのだろうと
問いかけながら読みますが、やはり答などでてきません。
影のように登場する吃音の村内先生。 
もうこの先生に託すしかありません。
あとがきによれば、初めてヒーローの登場する物語を書きました...
といっても、きっと多くの人は納得してくれないだろう。 という書き出し。 
無力で不格好、憧れの存在というにはほど遠い。 それでも、ヒーローを
書こうとしたときには、村内先生はすでに胸のなかにいた、とのこと。
しゃべろうとすると言葉がつっかえてしまう人を書いたのは’きよしこ’
に続いて2作目だそうで、なぜ繰り返し書くのかというと
重松氏自身が吃音だから、という答え。 
「吃音というコンプレックスに押しつぶされた形で教師になることをあきらめた
僕の、ありえたかもしれないもうひとつの人生を村内先生に託したかった...」 
そうだったのか、重松清はもしかしたら、教師が聖職になっていたかもしれないの
ですね。
読んでいて、村内先生はかっこよかったです。 
村内先生ならなんとかしてくれる、本当にこんな先生が実在したら、と
思わずにはいられませんでした。 
先生自身の、私生活は全くわかりません。 
寄り添っては、次の場所へ行ってしまう先生。 
影のように、次の場所へ。 
何かの折りに、また村内先生が登場して欲しいと期待してしまいます。 
[PR]
by kimikitak | 2011-10-22 17:30 |