<   2010年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

紅葉

e0117945_23271754.jpg

月曜、お墓参り(雨) 火曜、都内紅葉(小雨) 姪と宴会、 
きょうは、晴れて帰宅。 銀座から、病院によって検診して、家まで
ひとり運転して帰ってきたけど、こんな日にかぎってムダに晴れて
眩しくってトラックは多いし、疲れました~
けれど、帰ってから、根性で運動に行ってスッキリ! 
  e0117945_23323119.jpg
 
冨士霊園の紅葉の写真 
雨でなければ、ブルーと赤になったのかも。 
でも、タイミング的にはかなりいい時だったようで、
きれいでした。 
  e0117945_23341225.jpg
 
散ってる葉っぱも素敵。 赤い景色は見ごたえありました。
[PR]
by kimikitak | 2010-11-24 23:37 | ドライブ

酒粕

e0117945_16172525.jpg


                  かす汁   これは私の好物。
                          家族が好まないので、久しぶりに自分用に作って 
                          ひとり、数回食べました。 
                          柚子をちらして。
                          からだは温まるし、おいしいんです^^  

               e0117945_16421713.jpg   


柚子繋がりで、
大根の柚子ドレッシング、生ハム・トマト。 
う~ン、柚子があると何でも美味しい^^

 e0117945_16205995.jpg 

かす繋がりで鮭の粕味噌漬け。 
こないだ、ギンダラでも作り、
その味噌床を再
利用。 
私好みで適当な分量ですが、
けっこう満足。 
1パックに、2切れ3切れ入ってるので、
工夫してます。
 

今週は、夫帰らず、ひとりまったりしてましたが
あしたは母を連れてお墓参り、そのあと
数日でかけてきます。 
[PR]
by kimikitak | 2010-11-21 16:33 | キッチン

レシピ 

e0117945_20235088.jpg
寒くなったので魚の一夜干しにも
最適な季節となったとして
新聞で紹介されていた。
meguさんのところでもおいしそうに
干してあったわ~  
この鮭の一夜干し、切り身を使うので簡単。
 
  鮭 2切れ
  水 400cc
 白ワイン 大1
  塩  小4 
  ローズマリー
冷蔵庫で、この漬け汁に5時間つける
漬け汁から出して、ざるに並べて一晩干す。 
 
e0117945_20333793.jpg
イカの一夜干し
  
  するめいか1ぱい
  水 2000cc
 塩 6g (小1) 
   酒  大1/2 
 漬け汁に10分つけてから、一晩干す 
   
e0117945_2036446.jpg 
のっぺい  新潟の郷土料理。
こないだ、朝の連ドラ『てっぱん』で 冨司純子が作ってました。 
このドラマに出てくる大家さんのお料理、すごくおいしそう。
私は、これをよく作るけれども、本場で食べたことないから適当。 
きょう、書道で新潟出身の人に聞いてみましたが、
おおむね、こんな感じでいいみたいでした。 
あとはイクラをちらすわけですが。 
でも、たぶん作り手によってかなり違うものになるんだろうと思います。

    カツオだし
    干し貝柱、ごぼう、人参、蒟蒻、さといも、椎茸、れんこん 
    イクラ 
[PR]
by kimikitak | 2010-11-19 20:41 | キッチン

愉楽の園

e0117945_19332220.jpg
愉楽の園  宮本輝
1989 3月
文藝春秋

熱帯モンスーンの風土と小乗仏教への信仰が巻き込む「虚無の海」に漂う者たちと、
「生死の海」を泳ぎ悪魔とひたすら闘う者たちの赤裸な姿を描き、
心と風土のかかわりをとらえて文芸作品に新しい世界をひらく。
底知れぬ蠱惑のなかに、心と風土のかかわりをとらえる問題の長篇小説。


こないだ、バンコクに行くという友人が、ガイドブックにあったご当地小説のオススメ
にしたがって読んでおもしろかったと言ってたので、読んでみました。 
あとがきによれば、宮本輝氏の真の処女作 『弾道』は、
行ったこともないバンコクを舞台にしたもの、27歳のときに書いた作品で、
その小説は荒唐無稽で出鱈目でひどい文章 … …  
真の処女作を蘇らせようと書いたのが本作とのこと。
『愉楽の園』というタイトルは、プラド美術館に所蔵されている
ボッシュの絵の題からヒントを得ているのだそうです。

けっこうボリュームのある話で、20年前くらいのバンコクでのことと思って
読みましたが、今の時代とは違う未発達なぶん、よけいにエキゾチックで、
本文中に表現されている ’バンコクの魔法’ この国には、なんか
媚薬みたいなものがたちこめている… というくだりからも感じる
ように、不思議なムードの漂った話でした。  
どのぐらいの取材でこういう長編が書けるのか、作家というのは
すごいな~と思います。
登場人物もただものではない人が多いのですが、
その頃のリアルなことなのか、まことしやかなだけなのかは 
わからないけれども、バンコクという街のありとあらゆる側面をもりこんだ感じで、
チャオプラヤ川、入り組んだ運河をイメージしながら、
このじゅうぶんに妖しげな世界を楽しみました。
[PR]
by kimikitak | 2010-11-19 20:07 |

快晴 

e0117945_14175573.jpg


                   きょうの書道     おやつがたくさんで嬉しい我々^^  
 
e0117945_1420206.jpg

久しぶりに書いた般若心経
目がコリコリ、(お)心スッキリ。 
あらが目立つのでちょっとだけ。 
[PR]
by kimikitak | 2010-11-19 14:23 | 書道

ゴースト

e0117945_1920173.jpg
世界的ヒットを記録した「ゴースト ニューヨークの幻」
(90)の舞台を日本に移したアジア版。
松嶋菜々子と「宿命」のソン・スンホンが主演を務め、
ウーピー・ゴールドバーグが演じた霊媒師役に樹木希林。
「リング」「呪音」シリーズなど多くのJホラー作品を手がけてきた
一瀬隆重がプロデュースを務める。
会社経営者の七海はある日、陶芸の勉強をするため
日本に留学している青年ジュノと出会い、
恋に落ちる。しかし2人の幸せな生活が始まった矢先、
七海は事件に巻き込まれ命を落とす。
七海の魂は天国に行くことを拒否し、
ゴーストとなってジュノのそばに留まることを選ぶ。


ものみだかい気持ちとでもいいましょうか、
見てきました。 
新聞には、映画の冒頭、松嶋菜々子が魅力に欠ける...とあったのですが、
確かに、なんかくすんでしまった感じは否めなくて、歳を重ねたのかな?
などとみてたのですが、なんかヘア・メイク・ファッションがちぐはぐな
感じも受けて、ご本人も不本意だったかもしれません。
なんて勝手に思ったわけですが、 
なにせ、やまとなでしこのときのキラキラ感がないので、
ちょっと残念な仕上がりでした。 
ストーリーはわかってるとおりに進み、わかりやすいままですが、
この映画でも、樹木希林がやはり存在感ありでした。 
ソン・スンホンは爽やか! では、相手役は誰だったらもうちょっと
良かったかな?などと思いながら、見てしまいましたが、
途中から、大イビキが隣りのブロックから聞えてきました。 
眠る気持ちはわかりますし、私もよくうすら眠くなりますが、
やはり本気で寝ないように、体調万全で映画に行かねばと
心にきざみました。
エンディングの歌、このファルセットは誰かな?と
思いながら聴いたのですが、平井堅 の歌声でした。 
いろいろと楽しめる映画であったのは確かです^^

次に見たい映画... 『武士の家計簿』 12/4から
[PR]
by kimikitak | 2010-11-17 19:44 | 映画

堀文子展

e0117945_236035.jpg

もうそろそろ終わり、ようやっと 堀文子展に行ってきました。 
以前、高島屋のときにも見たときとそう変わることはなかったのですが、
今回はゆっくり、鑑賞できました。 
 
e0117945_23184299.jpg
 
ゆきつ戻りつ見て、 感動した次第です。 



More
[PR]
by kimikitak | 2010-11-16 23:27 | 集合

二本松の最中

e0117945_20545723.jpg

近所のおばちゃまのおみやげ
福島県二本松の老舗 日夏の最中 
大納言とおおふく、2種類のボリュームのある最中。
おばちゃまご夫婦は、仙台、福島と初めての新幹線と仙石線での旅
紅葉も最高に綺麗だったようでした。 
ところが、慣れない荷物を持っての道中がけっこう大変で、
ひなびた温泉へのバスに乗り遅れるやら、
あげく最後のタクシーに荷物をひとつ忘れて、
それがもどってくるまでの顛末まで、おみやげ話はもりだくさんでした。
お疲れもとれぬままお持ちくださった貴重な最中、ありがたく頂戴しました。
だからっていうわけでもなく、 この最中とってもおいしいです。 
ことに白いお豆のおおふく、私大好きで、感謝しつついただいてます。 
 
[PR]
by kimikitak | 2010-11-15 21:12 | 集合

書道のあとのランチ

e0117945_14322617.jpg

書道のあとのお仲間ランチ
いつものなので、珍しくないですが、
スープは、焼きさつまいものポタージュ。
N夫人の湘南ケーブルのカードによる
フリードリンクは、キールと赤ワインのミックス、
これ、とても深くておいしかったです^^  
デザートがバラのゼリーで見た目も華やか、おいしかったです。 

ここのところパソコンがご機嫌ななめ。 
自分でもあれこれメンテナンスしてみたけれど、動きもとろく
立ち上がりも悪く、気もち暗くなる。 
ランチはおいしく食べたけれども、暗い。 
週末で夫が帰ってきたので、どうしよう~と、泣きついたけれど、
不親切で、’新しいの買ったら~、7を買えば~’っていうお答え。 
ようやっと見てくれて、あれこれ手をいれてくれて少々動きはよくなりました^^ 
でも、ご機嫌みつつなので、そのうち買わないとダメかな~というところです。 
[PR]
by kimikitak | 2010-11-14 14:55 | 集合

しらたき

e0117945_2014875.jpg

きょうの晩ごはん  シラタキ肉じゃが
カーブスの帰りに、駅地下で久しぶりの友人に出会いお茶。
運動のあとだというのに クリームみつ豆を食べてしまいました。 
汗をかいたあとなので、とてもおいしくて満足。  
いろいろ喋ることもつもってて、すぐに真っ暗に。 
みつ豆食べたけれども、夕飯は食べました^^ 
 
e0117945_20104764.jpg
 

片付けてて、久しぶりにでてきたサンタ。 自分で描いたとはいえ、目つきがあやしい。 でも もう飾っちゃおう~ 
[PR]
by kimikitak | 2010-11-11 20:16 | キッチン