<   2009年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

外泊

e0117945_2172060.jpge0117945_218423.jpge0117945_2184312.jpg

一泊外泊から、無事戻ってまいりました。
一月以上ぶりに紫外線を浴びたので、ハイテンション!
久しぶりの我が家で、ちょっと一息。
といっても、自由に動き回れるわけではなく、
一苦労・二苦労ありましたが…
隣の病室の鰻やさんのオクサマからいただいた鰻。
さんざん食べたいと騒いだので、ご主人が
焼いてきてくれました。
あとは、念願のお寿司。
家では夫の作ったごはん。
病院食から解放されたのが何より。
最後は、焼き鳥で〆て、病院に戻ってきました。
残念ながら、ビールなし。
実は、この焼き鳥屋さんは病院の近く。
この病院の先生たちもよく来るとか、
こんなところで会いたくないです^^
サラ・ブライトマン…久しぶりにゆっくり
DVDが見られて嬉しかったです~
あとは、ランランとウィーンフィルの
シェーンブルン宮殿前のコンサート(録画)
この二つで、外泊して良かったと実感。
さらに、ビッグイベントのお風呂。
大の字になって寝られる我がおふとん。
こんな当たり前のことが、当たり前じゃなくなって初めて気づくありがたみ。

e0117945_21205633.jpge0117945_21214069.jpg
今朝、息子たちのところにも
立ち寄って、おじゃまむし。
装具をつけた足を見て、警戒するボブ。




一苦労
[PR]
by kimikitak | 2009-05-31 21:27 | その他

石窟庵 ソックラム

e0117945_19251196.jpg
ブルグッサから 上り坂・山道を歩き、もうひとつ世界遺産、石窟庵へ
3.2kmといえども、1時間かかる山道で、かなり疲れました。
でも、その甲斐あって、素晴らしい国宝にため息。
これは、写真撮影禁止なので、以下のリンクで
もう一度ゆっくり、説明つきでみてみました。
e0117945_19255870.jpg
新羅千年の歴史と息遣いがこもた石窟庵は、統一新羅の文化と科学、宗教的な情熱の結晶体であり、国宝の中でも最上なものとして見なされる文化財です。 慶州ガイドより石窟庵 ソックラム

 
 
[PR]
by kimikitak | 2009-05-29 19:36 | 韓国

病院生活(2)

e0117945_14541293.jpg
リハビリの他、さしてノルマもなく、
相変わらずのんびりしてますが、
来週末くらいに退院の予定となりました。
その前に、明日、我が家にお試し
一泊することにしました。
外泊許可をとってのことです。
ケガ先輩に聞くと、家に帰ると
すごく疲れるらしいですが、
医療スタッフによれば、
普通の生活をするのがいちばんの
リハビリとのこと。
状態としては、PTBギプスという
装具をつけて、松葉杖という
ロボットのような感じですが、
足に荷重できるようになるまでは
それで歩くわけです。
ゆえに、家に帰っても、かなり
工夫しながら暮らすのだと
思います。
とりあえず1泊、がんばってみます。

私の骨折は、その種類の中でも
「脱臼骨折」ということで、
複雑に折れたと思って勝手に
複雑骨折と言ってましたが、
それは、また種類が違ってました。
説明は最初に受けたのですが
どうもアタマにはいりませんでした。 
[PR]
by kimikitak | 2009-05-29 15:24 | その他

仏国寺

e0117945_7534989.jpg
テグから列車に乗って
世界遺産の古都 慶州(キョンジュ)へ
古代日本ともつながりの深かった
新羅の文化・政治の中心地で、
町全体が文化財396点を有する
巨大な遺跡地


桜の見ごろが終わったばかり
なのは残念。
でも国際的観光都市だけに
観光客でにぎわっていました。
兵役休暇中と思われる兵士
と彼女というカップルの姿も
あちこちでみかけました。
e0117945_854318.jpg
世界遺産  仏国寺 ブルグッサ
751年の創建ということ 
焼失、廃仏政策などで荒廃が
続いたとのこと。
1969年の発掘調査の後 ’73年に復元
e0117945_8145465.jpg
殿閣に入る前の石組み
石組みの上が仏国であり、下が現世の人が住むエリア 
e0117945_8245489.jpg
姿の美しいお寺
[PR]
by kimikitak | 2009-05-27 08:28 | 韓国

光るスーツ

e0117945_13114052.jpg
韓国に入って2日目頃、
「テカリスーツを着ている人がやけに多い」
と、そういうことには目が早い夫が着眼。
そう言われてみれば、なるほどなるほど、
ソウルの街は、光るスーツやジャケット姿の男性がとても多い。
流行ってるんじゃない?と思っていたら、
KTXの中の雑誌に、このソン・スンホンの姿が載ってました。
みんながソン・スンホンみたいにというわけにはいかないでしょうが、
これはきっと今流行っているんでしょう!
[PR]
by kimikitak | 2009-05-25 13:19 | 韓国

KTX

e0117945_7593653.jpge0117945_801457.jpg
KTX 韓国新幹線でソウルから東テグへ 
KTX はフランスの技術  最高で 300km/時 出ます。
それなのに、ほとんどゆれを感じなくて乗り心地は良かったです。
ただ普通車輌はそれほど、座席は広くもなく平凡、
進行方向ともともと反対を向いている座席もあるのが不思議。
テグは、ソウルと釜山を結ぶ交通要所。
慶州に行ったりするのにここを足場にしました。
東テグの駅は、またまたガラス張りで、モダンです。

e0117945_838869.jpg
KTXの顔 (ナビより)
[PR]
by kimikitak | 2009-05-24 08:12 | 韓国

病院生活

e0117945_2024363.jpg
入院して1ヶ月以上経ったので
ここで、記念に病院の話題。
もうそろそろ退院の話もでてますが、ここまでくると
すっかり病院にも馴染んでしまいました。
すでに、ここではフル株となってしまい、日々
新手の怪我人がどんどん入ってきます。
あの日あのとき、なんでああなっちゃった~と後悔するような
皆さんの怪我の事情、患者同士も馴染んでしまいます。
看護師さんとも仲良くお話する機会もあり、ちょっと
秘密っぽい病院事情も聞いたり、なかなかの
人間ウォッチングの場でもあり、ちょっとおもしろいです。これも、少々
快方に向かっているからでしょうか。
e0117945_20362039.jpg
病院食は、1600kl 、基本食。
おいしいときもあれば、見たくもないときもあり、まあ
とにかく痩せるにはもってこいの食事です。 
が、内臓他、問題なしなので、差し入れなどで潤い、
痩せるさまたげになっています。 
夫は自分でまかなってたまに写真を送ってきます。
ワンパターンになってるようですが、病院食よりマシにみえます。
e0117945_20451163.jpg
息子たちも2度ほど来てくれましたが、そのあと、必ずみんなで
食事宴会をやるようで、みんなゴキゲン、なんだかな~、私だけハネとは!
癒しの猫写真をメールで送ってきたりするので、まあよしとしよう。
ときどき、友だちがあらわれ、ホールで長々喋ったりもして、
元気なだけに、日常が戻ったような気にもなります。
’のだめカンタービレ’のコミックを持ってきてくれたので、
今はこれを愛読中。19巻もあるので長いお楽しみ。

与えられた本
告白 湊かなえ   これもとうとう読みました。 ちょっとこんなのありかな?と
 思いました、それに、日記に逐一を書く母の文体も気になりました。
 でも、サクサク読めることは確か。
血の味  澤木耕太郎
  この話、あまり好きではなかった。 どうして、こんな小説書いたのかしら。
錆びる心 桐野夏生
  短編なので、どの話も、結末が近く、それなりにおもしろかった。

というわけで、好き勝手な三食つき日々を送っております。
そろそろ、家庭復帰をイメージして、心の準備をしないといけません。
[PR]
by kimikitak | 2009-05-22 20:59 | 健康

ドーナツ

e0117945_19302160.jpg
 街を歩いて、ロッテデパートに連れて行ってもらいました。
e0117945_19383131.jpg
着いたとたん目に入った クリスピー・クリーム・ドーナツ
思い出して、今も食べたいドーナッツ! 

e0117945_19405680.jpg
私とKさんが買っている間、席を確保していた夫は、
隣のおじいさんにつかまって話をしていました。
どうやら、韓国語を教えられているらしく、紙に書いて説明をうけていました。
’韓国語は簡単だ’とかなんとか。 日本語も英語も堪能なおじいさんで、
家族が買い物に行っている間の暇つぶし中、日本人とみた夫に、
話しかけてきたようでした。 日本の大学で教えていた経験があるという、
インテリおじいさんに、夫は適当に相槌をうっていましたが、かまわれて
困っちゃったというとこでしょうか。夫、インテリに非ず。
悠然と流れる川のような人Kさんも、韓国語の助け舟をださず
知らんぷり、なかなかおもしろかったでした。
[PR]
by kimikitak | 2009-05-21 19:52 | 韓国

曹渓寺 チョゲサ

e0117945_12475216.jpg
精進料理のあとは、チェゲサへ
チョゲサとは、韓国仏教の最大宗派である、
大韓仏教曹渓宗の総本山。
1395年の建立、火災などの焼失により再建
1950年代の仏教浄化運動
(日本統治下で僧侶の妻帯が普及したのを妻帯禁止に戻すこと
を主とした)や、2003年の改革運動に大きな役割を果たした寺

ということは、韓国のお坊さんは独身?

e0117945_12563458.jpge0117945_12582243.jpg

近辺には仏教関係のお店が
僧衣はグレイ  靴は道端屋台で売られていました。
[PR]
by kimikitak | 2009-05-20 13:01 | 韓国

精進料理

e0117945_12573456.jpge0117945_12583623.jpg
キョンボックンを見学した後、
Kさんに精進料理が食べたいとお願いし、
インサドンにある、『山村』 へ案内してもらいました。
通りから小道に入った奥にあり、こんなところに?
という奥の方でしたが、とても広々。 お寺がやっているという
精進料理のお店。 すごくいい雰囲気、素敵でした。br clear=all>
e0117945_1332222.jpg
お料理はコースのみ。 
心地よい空間で、完璧なヘルシーなお料理!
体の隅々まで洗われるようでした!
お心の中も清くなった感じでした、このときは!
次から次へお客さんが現れ、とてもはやっているようでした。
[PR]
by kimikitak | 2009-05-19 13:14 | 韓国