打たれ強く生きる

e0117945_22262935.jpg
打たれ強く生きる 城山三郎
この感想をだらだら長々と書いて、(途中、友人からの電話で喋ったり
お風呂にはいったりして)、さらに続きを書いて送信ボタンを押したとたん
画面が消えてしまった(((p(>o<)q))) ヒェ~!
あの長ったらしい感想は載せるなということらしい…
だらだらしたものは2度と書けないので、やめておこう~

昭和58年5月~12月 日経流通新聞の 
「人生のステップ」に掲載されたエッセイで、
3ページほどの短文が70ほど。
文庫化にあたり、’三本の柱’などが、新たに
書き加えられたということで、  
この’三本の柱’、書道のお仲間の方が話題提供して
くれて、本を貸してくれました。 
これがとてもいい話なのでした!
でも、2度目は事細かに書くのはヤメにします。

企業で働くサラリーマンを対象に書かれているのであろう
という内容が多いし、時代も古いですが、現代にも
通じる、心に残るもの、気になるエピソードなど
もりだくさんでした。
[PR]
by kimikitak | 2009-03-25 22:48 |
<< お弁当の記録 野球 >>