湯浅

e0117945_17454598.jpge0117945_17461071.jpg
平成18年に、全国初の
国の 『重要伝統的建造物群保存地区』 に選定された
《醤油発祥の地》湯浅の町並みです。 
このような古いものを暮らしながら残して
いくというのは、大変だろうとついつい
住んでいる人の気持ちになる旅人です。

ガイドブックによると
醤油は、鎌倉時代に由良・興国寺の僧、法燈国師から伝えられた
嘗味噌である金山時味噌の製造過程から生まれたもので
湯浅が発祥の地
最盛期には92軒の醤油蔵も今は20数軒となってしまったとのこと。


各家の軒先には、伝統のある古民具などが飾られていて
見どころがいっぱいでした。

e0117945_17572342.jpgこれは、こちらでも見かけますが。
醤油蔵も残っている『角長』の、お店で たまりを買ってきました。
ちょっと安かったでしょうか。
[PR]
by kimikitak | 2009-01-21 18:02 | ドライブ
<< 最近の食べ物 薔薇盗人 >>