千畳敷と三段壁

e0117945_19471248.jpg  千畳敷
波の浸食を受け、
複雑な地形を形成している砂岩です。 
広さは約4ヘクタールで、
畳を千枚敷くことができるというのが
名前の由です。
来岩は非常にやわらかく、
すぐに傷ついたり欠けたりします。

という説明にあるように、落書きがけっこうありました。
この岩は色もさまざま、形状もさまざま、
あちこち、跳びながら移動するのも
おもしろく、海に斜めに下がって
突き出した岩では、ころがり落ちそうな
ところもあり、恐がっている人も
いました。 

e0117945_202085.jpge0117945_2012914.jpg

三段壁
千畳敷の南海岸にそそり立つ高さ50mの断崖。
その昔、漁師たちが通りゆく船や魚の群れを見張った場所「見壇」
に由来するといわれるこの大岩壁は、
南北2kmにわたって展開され、岩肌に打ち寄せる黒潮が
激しくぶつかり合うダイナミックな光景には、
自然の迫力を感じずにいられません。


このような説明は、帰ってきてから見て、
そうかなるほどダイナミックだったと、
思い出しています。
地球が丸いと感じられる水平線に感動
いわくのありそうな洞窟にも入ってみたいところ、
パスでした。
[PR]
by kimikitak | 2009-01-19 20:11 | ドライブ
<< 本州最南端 南紀 橋杭岩  >>