お初伊坂幸太郎

e0117945_185041100.jpg 重力ピエロ
ようやく読んだ伊坂幸太郎
といってもかなり前。
あらゆる賞にからんでいるのに、初めて読んだのです…
過激な始まりで、度肝を抜かれているうちに、淡々とした文章に
入り込んでいる感じ。 
でも、もひとつ馴染めないでいるうちに、
明らかになっていく事実。で、ズンズンと読み進みます。
こんなお父さんというか、こんな人いるのかな~と思いながら、
どうしてもリアリティーを感じなくて、ついいろいろと
なんくせをつけたくなりながらもサクッと読了。
そんなに好きではなかった、これは、もはや私の感性では、
ついていけないのかも。
私ってどんなオバサンなんだろう?
そっちを考えてしまいました。
でも、
『本当に深刻なことは陽気に伝えるべきなんだよ』
などという
キュンとなって、アタマに残る会話もあちこちにあって、やはり
素敵な作品なんだろうな~
読んだあと息子に送ったけれど、読んだかな?
まともな感想を聞きたい。
[PR]
by kimikitak | 2008-12-21 19:17 |
<< 東京奇譚集 今年最後の書道 >>