私の男

e0117945_2195032.jpg 私の男
   138回 直木賞作品   
ずいぶんと待ってようやく借りてきましたが……
う~ン、と唸ってしまい、嫌悪感に満ちてしまい、
はっきり言って、えぐくて、痛くて、好きになれない作品。
それでも、先に進まずにはいられなくて、最後まで
がんばって読みました。
近親相姦というタブーがテーマで、
それをものみ高くならないよう上手に書いたのでしょうが、
それがかえって、気持ち悪さを増幅。
現在から過去へ遡る、こだわった構成で、
ミステリアスな知りたい部分が解明されていくので、
読まずにはいられないように進んでいきますが、
結末もスッキリしないし、読後感としては、
ぐったり疲れた、そんな感じでした。
文章自体は、凝りすぎてなくて、読みやすいのに、
不思議とどんどん、重たくまとわりついてくるようでした。
作者の他の作品を読んでないですが、
他の作品をすぐには手にとりたくない気がしてしまいました。
若い人なら、受け入れやすいのかな?などと思いました。
[PR]
by kimikitak | 2008-12-06 21:42 |
<< お蕎麦大好き 東野 >>