速水御舟展

e0117945_20395065.jpge0117945_2040451.jpg

近代日本画家の巨匠速水御舟120点の展示 
先日、みてきましたが、 きょうは 御舟についての
中島千波氏の講演があるということで 
平塚市美術館に行ってきました。
...日本画家から見た 速水御舟 ...

e0117945_20453470.jpge0117945_20455133.jpg
速水御舟は明治41年14歳の時、松本楓湖の安雅堂画塾に入門
中島千波氏の父である中島清之氏が、この塾で5歳後輩という
つながりだけということのすべりだし、 中島千波氏、とても
気さくでおもしろい方、お喋りが下手だからとおっしゃってましたが、
とてもお上手、楽しい1時間半でした。
御舟の絵の解説というより、私見を好きに話しますから、
と、先日観た絵を日本画家ならではの切り口で、語って
くれました。 本当に、好きに批評ならぬ、意見・感想を
述べられていました。  
 巨匠・天才御舟といえども、その人間らしいところ
も紹介されて、著名な日本画も身近なものに感じました。
酷評されたという、京の舞妓は、28日からの展示。
重要文化財の炎舞、この展示にはありませんでした。 
[PR]
by kimikitak | 2008-10-18 21:13 | 彩り
<< スワンナプーム ル・ノルマンディー >>