夏のバーゲン

e0117945_22544823.jpg

きょうは友人と高島屋で安いもの探し。 
それで、買った私の靴。
私、サイズが小さくて安定が悪くて、ころんだりも
よくするし、けっこう靴には気を払います。
長時間用に、軽いコレを。 前に買ったのは
洗って大切に履いてましたが、 だんだん
くたびれてきたので、ガンバッて買いました。
靴というと足  この足にまつわる話を含め、メル友のおじさまから
クオリティー・コントロールとやらの またまたちょっと難解な
メールをいただきましたが、まずわかりやすい部分を
載せてみます。 転用が好きなこの頃。 

人間の体でも、いつも無意識でいますが、体重50kg以上身長1.5m以上を、わずか20cmほどの足で立っていると言うことは大変な事で、例えば前に倒れそうになると、三半規管 と目が検出し、アキレス腱を引っ張れと脳が命令します、それでそのままにしてると後ろにひっくり返るから、今度は甲の筋肉を引っ張る命令を出します。  それを常に物凄い速さで繰り返してるので、立っていると疲れるわけですし、酔っ払ったりすると倒れるのです。
 ちなみに、足が大きいと小さい人より楽で、馬鹿の大足間抜けの小足と言いますが、脳の働きの速さとの関係で、かなり当たってると思います。

 このように、車を真っ直ぐ走らすのにハンドルをコチョコチョ動かすように、人間の言動,行動は無意識のうちに「クオリティ コントロール」の考えで動いてると思います。


それで、私は小足なので立ってるのが楽でないわけでしょうか~
小足と体重の関係がよくないような気もします。

ちょっと難しい部分
QCの考えは、人間世界何事にも通用することから会社でQC活動が盛んになっています。
 つまり「ネガティブ制御(一方通行はポジティブ制御)」の考えなのですが、P,D,C,A,サークルと言って「P(プラン)」->「D(ドゥ)」->「C(チェック)」ー>「A(アクション)」を繰り返しながら進むと言うことです。  しかし、この考えは世の中全てに当てはまることで、例えば恋愛でも、ちょっと行動(言動)に出て相手の反応でどうするか考え、次の行動を考え実行してみるのと同じです。



それからe0117945_23182564.jpge0117945_2319679.jpg
ナショジオを買ってきました。
れいの、相模湾の写真の前に 寒い冬に身を寄せ合うこの猿のおしくらまんじゅう…これもカワイイ!
[PR]
by kimikitak | 2008-07-08 23:31 | 集合
<< 六花亭 風呂敷 韓国から >>