堀文子展

e0117945_10534956.jpg昨日、実家に行く前に、横浜で途中下車。
週末の横浜は、本当にすごい人の流れ、
ただ、午前中なのでまだましでしょうか。
絵には詳しくはないものの、日本画が好きで
楽しみにしていた 『堀文子展』
覚悟していたより、ゆったり観ることができました。
そこは、期待した以上の素敵な世界。
その素晴らしさは、野いちごさんの感想
でのお話をみるとよくわかります。
堀文子さんの、生きてきた世界が
多くの作品に表現されて、ずっと眺めていたいもの
ばかりでした。 
流れていたビデオ…
97歳の現在の、大礒の自然に囲まれた
生活の様子には驚き、遠い目で憧れます。
ものを生み出す方は、一人暮らしは寂しいどころか
、テーマがありすぎる多忙な日々とのことでした。 

e0117945_11215558.jpg お庭の甕の中にいるミジンコ。 
顕微鏡で観察して描かれたポップな感じが
なんともかわいい。  
真っ黒な背景に銀の糸、クモの巣も本当に芸術的。
淡い色調の花々は、やはり美しくて’白い紫陽花’が
ことに好き。 
絵葉書となったものを私も買ってきましたが、
みなさん好きなものを思い思い選んでいて
大混雑、とぶように売れていました。

e0117945_11373665.jpg
[PR]
by kimikitak | 2007-10-14 11:38 | 彩り
<< 山頭火 秋の味 >>