スーク

早朝のドバイ到着。きらびやかな空港で目を覚ますと
まずは exchange.  1ディルハム=33円
前の人が ’シュクラン’ と言ったのでで マネ。
以後、シュクラン 一本やり…  ( v^-゚)Thanks♪
おはよう も こんにちは も 覚えられませんでした。

ホテルからは 迎えの車がきます。 
ネットでアーリー・チェックイン可能ということだったのに、
あくまでも、料金がかかるとの冷たいお言葉。
諦めずに交渉する夫。 こんなとき、ネチネチ・シツコイ性格
が幸いします。
ということで、2時まで放浪しなくてすみました。
e0117945_207115.jpg

ゆっくり休んでテレビはお料理番組。なんとも明るくにぎやかなこと。

e0117945_203334.jpg



e0117945_20112650.jpg


スークに行きたい! お腹もすいている。
この物価高の国でも、タクシー代は安いとの情報で、気楽に乗って
’ゴールド・スーク’へ。 金を買うわけではありませんが。
アラブ文字の名前ネックレスも作ってくれる、
というのは、若ければ飛びつきます。

ここは 豚肉は食べない、お酒も飲まない国。 
ビールもどきを勘違いして飲みながら、チキンのバーガー、
おいしかったです。 
本当は ケバブ が食べたかったのですが。

e0117945_2032011.jpg



e0117945_20182361.jpg


日中は、お店も閉まっているところが多く、人も少ないです。
次は、 スパイス・スーク へ  サフランサフラン
[PR]
by kimikitak | 2007-05-21 20:23 | ドバイ
<< スパイス・シーク 留守 >>