人魚眠る家

e0117945_14142549.jpg
娘の小学校受験が終わったら離婚する。
そう約束した仮面夫婦の二人。
彼等に悲報が届いたのは、面接試験の予行演習の直前。
娘がプールで溺れたー。
病院に駆けつけた二人を待っていたのは残酷な現実。
そして医師からは、思いもよらない選択を迫られる。

過酷な運命に苦悩する母親。その愛と狂気は成就するのか。
愛する人を持つすべての人へ。感涙の東野ミステリ。



姉から図書館からのこれが回ってきて、2日で読めるからと
ムリだと思ったけど、660人待ちだというので急いで読んだ。

瑞穂とその弟をあずかってプールに連れて行ったのは
薫子の母親と妹 
溺れたというより、排水溝に手が挟まって動けなくなった瑞穂。 
ICUに運ばれた瑞穂は脳死と医師から告げられ、
臓器提供の選択の意思を確認される。 
夫の浮気への不信感から離婚寸前のふたりの前に共通の課題が。 
一夜考えるという、両親。 
さて、わが子だったら、わが孫だったら。 
気の毒なのは、あずかっていた薫子の母親。 
代わりに死にたいとボロボロ。わかるこの心境。
答えをださなくてはならない、翌日、瑞穂の手がちらっと
動いたことにより、臓器提供どころか、瑞穂をこのまま生かしておきたい
と考える薫子。 
播磨テックスという最先端技術の会社を経営している夫、 
財力と技術力で、瑞穂の自呼吸をさせることに成功。 
これは、今の技術では無理なのではないのかな? 
そのことによって、仮面夫婦も仮面のまま離婚せずに瑞穂を
見守り、家に連れて帰ることになった。  
そこから始まる、苦闘の日々。
周囲の人を大勢巻き込んで、狂ったように瑞穂の世話をする薫子。 
実家の母親も、もう薫子のいいなりに。 
そこからは、最先端技術を駆使して、車いすで外出もできるのである。 
でも、とっくに脳は壊滅状態なのにもかかわらず、あたかも
手足が動いているような、そんな日々。  
ミステリーというか、脳死、臓器移植がテーマの人間模様とでも
いうような作品。 
思ったより、読み進むのは大変だったし、イライラ感もわいたけれど、 
考えさせらるとことはいっぱいあって、医療に関しても少々
詳しくなった感じ。 
よかったのは、各々の人の心情がうまく描き書かれていたことでしょうか。
薫子の両親、妹、姪、播磨テックスの社員とその恋人、
瑞穂の弟の心の中も、大変に複雑。    
最後は、うまくまとめて、少々リアルにいい方向が見えます。    
[PR]
by kimikitak | 2015-12-20 14:36 |
<< 丸の内イルミ 最近の甘いもの >>