はぶらし

e0117945_2013436.jpg10年ぶりに会った友達を、
どこまで助けたらいい?
揺れる心が生み出した傑作ミステリー!

脚本家の鈴音は高校時代の友達・水絵と突然再会した。
子連れの水絵は離婚して、リストラに遭ったことを打ち明け、
1週間だけ泊めて欲しいと泣きつく。
鈴音は戸惑いながらも受け入れた。だが、一緒に暮らし始めると、
生活習慣の違いもあり、鈴音と水絵の関係が段々とギクシャクしてくる。
マンションの鍵が壊されたり、鈴音が原因不明の体調不良を起こしたり、
不審な出来事も次々と起こる。
水絵の就職先はなかなか決まらない。
約束の1週間を迎えようとしたとき、
水絵の子供が高熱を出した。
水絵は鈴音に居候を続けさせて欲しいと訴えるのだが……。
人は人にどれほど優しくなれるのか。
救いの手を差し伸べるのは善意からか、
それとも偽善か。揺れる心が生む傑作ミステリー!


タルトタタンの夢 サクリファイスと 風合いの違うストーリーを2冊ほど
読んだと思う、ところが、今度のはとてもイライラするミステリー 
イライラするということは、そのぶん、その先が気になるスリリングな展開。
この手の迷惑な隣人やら、入り込んでくる人の映画は
よく外国映画で見る。そのイライラ感とほぼ一緒だけれど、 
他人事ながら恐怖感も味わうのである。 
タイトルの’はぶらし’ そこにすべてが表れているともいえる。
最初の日に、余分があれば歯ブラシを貸してほしいという水絵。
後日、歯ブラシは買ってきたけれど、新品もお金も返すこともない
水絵。 
たかが歯ブラシ、でもそのことに違和感を感じる鈴音。
そこがそもそものことの重大さを感じさせるしかけ。
他人を家にいれるといれるということは、それ相応の覚悟がいる。 
最近はやりのシェアハウス、それこそも大変そうと思えるが、
一人の空間から、他人と調和をはかる生活に、すっかり疲れた
鈴音の気持ちがよく伝わってくる。しかも無賃。 
結末はそれなりに、大きくなった水絵の息子のことばで
すべては明白になるが、全編を通して、ちょっと背筋が寒くなる
雰囲気をかもした話で、こわおもしろかった。 
[PR]
by kimikitak | 2015-11-13 20:39 |
<< お酉さまの日 最近の食 >>