紙の月

e0117945_21492187.jpg
銀行勤めの平凡な主婦が引き起こした
大金横領事件のてん末を描いた、
『八日目の蝉』の原作などで知られる
直木賞作家・角田光代の長編小説を映画化。
まっとうな人生を歩んでいた主婦が
若い男性との出会いをきっかけに運命を狂わせ、
矛盾と葛藤を抱えながら犯罪に手を染めていく。
監督は、『桐島、部活やめるってよ』などの吉田大八。
年下の恋人との快楽におぼれ転落していく
ヒロインの心の闇を、宮沢りえが体現する。


あらすじ
バブルがはじけて間もない1994年、銀行の契約社員として働く
平凡な主婦・梅澤梨花(宮沢りえ)は綿密な仕事への取り組みや
周囲への気配りが好意的に評価され、上司や顧客から信頼されるようになる。
一方、自分に関心のない夫との関係にむなしさを抱く中、
年下の大学生・光太と出会い不倫関係に陥っていく。
彼と逢瀬を重ねていくうちに金銭感覚がまひしてしまった梨花は、
顧客の預金を使い始めてしまい……。


e0117945_2153284.jpg


感想書いたのに、送信したら送信できず。
なので簡単に。 
原田知世の連ドラの方が、現実感あり。 
宮沢りえは、少々年取ったものの、平凡な主婦というには美しく
中学時代からの直情的で屈折した性格がこわいような、
そんな役どころが、今の彼女に合っているようです。
大学生には池松壮亮、モソモソ喋る、覇気のない青年役がピッタリかも。 
若くて何かと気がまわるテラーに大島優子。 
梨花に何かと訳知り顔で差し出口をする様子が、とても上手。
だらしない上司や、あまり見栄えのしない銀行員の中で
きりっと、仕事一筋の小林聡美で映画は引き締まります。 
とめどなくなりふりかまわず横領したお金で贅沢三昧する姿、
最後、小林おつぼねと対峙する姿、などなど圧巻でした。 
やはりエンタメ、飽きずにさいごまでいきました。 

今夜届いたボジョレー、週末までおあずけです。
[PR]
by kimikitak | 2014-11-20 21:52 | 映画
<< いちょう祭り オリエンタルのお花 >>