日美絵画展

e0117945_19371485.jpg

きょうは、朝になって行くことを決めて
国立新美術館へ

友人が 第14回日美絵画展で国際文化カレッジ賞に入選ということで
鑑賞に行きました。
暑いので、おのぼりは大変だとあきらめ気味でしたが、
思い切ってGo!

お義理で見るというより、
水彩画、日本画、パステル画、色鉛筆画、
絵手紙、デッサン、ちぎり絵 など、
興味がある分野も多く、
とても気になってたのでした。

e0117945_19465135.jpg

                                    まずは1階の水墨画展。 
                                    これは、作家さんのものも多く、
                                    とても心ふるえる感じが多々ありました。
                                    水墨画って、描いてみたいと思ってましたが、
                                    あまりのすばらしい作品の数々に
                                    ムリだろうな~と。 

e0117945_19502039.jpg

                                    友人Kこの油絵作品 
                                        勝山漁港
                                    ボリューム感もあり、目立つ、力強い作品だと
                                    思いました。 
                                    賞の中でも上位のようで、実力あるんでしょう。 
                                    今後も頑張って欲しいです。 

e0117945_1954315.jpg 

なにせ全国公募なので、作品の数もとても多く
きちっと観るには相当な時間がかかりそう。 
でも、パッとインパクトのある作品が目に飛び込んできます。 
私好みは近寄ってしっかり眺めます。 
世の中には絵心のある達人がこんなにもいらっしゃるのだと
ある意味本当にビックリ! 
天才の作品展もいいけれど、
こうした一般の方々の作品は作風も多岐にわたって、
飽きずに楽しめるので、とても価値あると思いました。
一般といっても入選作、プロの方のもあるので
見応えがあります。
現実を忘れるひととき。 
やはりアートってとても大きな力があると思いました。


                                    
                                                                    
[PR]
by kimikitak | 2013-08-16 20:07 | 集合
<< 美術館ランチ 七つの会議 >>