ハピネス

e0117945_22452683.jpg
三十三歳の岩見有紗は、東京の湾岸地区にそびえ立つタワーマンションに、
三歳二カ月の娘と暮らしている。結婚前からの憧れのタワマンだ。
おしゃれなママたちのグループにも入った。
そのリーダー的な存在は、才色兼備の元キャビンアテンダントで、
夫は一流出版社に勤めるいぶママ。
他に、同じく一流会社に勤める夫を持つ真恋ママ、芽玖ママ。
その三人とも分譲の部屋。
しかし有紗は賃貸。そしてもう一人、駅前の普通のマンションに住む美雨ママ。
彼女は垢抜けない格好をしているが、顔やスタイルがいいのでいぶママに気に入られたようだ。
ある日の集まりの後、有紗は美雨ママに飲みに行こうと誘われる。
有紗はほかのママたちのことが気になるが、美雨ママは、
あっちはあっちで遊んでいる、自分たちはただの公園要員だと言われる。
有紗は、みんなには夫は海外勤務と話しているが、隠していることがいくつもあった。
そして、美雨ママは、有紗がのけぞるような衝撃の告白をするのだった……。
「VERY」大好評連載に、新たな衝撃の結 末を大幅加筆!


新聞で見て興味をもってたところ、カーブスのエンタメ好きの友だちがまわしてくれた。
「ハマるよ~!」と言って。 
本当にのっけから最後まで、飽きることなくいっちゃいます。 
ただし、この話の主人公とママたち、私の子どもの世代ということもあるので、
ジェネレーションギャップは大きいし、ついつい姑目線にもなって見てしまいます。 
しかし、それ以上に、この主人公有沙には、同調、共感、好感どれも無理。 
桐野さんは、有沙をゆっくりと成長させていくカタチでまとめてるけど、 
いつもイライラさせられます。 
でも、私たちの子育て中にも似たようなことはあったな~と時代は違えど世の母親たちの
孤独や焦りは、そうは変わらないのかとも思えました。 
タワーマンションは、シニアになった今なら住んでみたい空中住空間。 
そこで子育てするということは、今の時代でもちょっと特殊で、
その様子もリアルで、桐野さんは相当リサーチしたものと思われます。 
これを読んでると、どんなに眺望が素晴らしくても、ホテルのようでも、
住みたい気にならなくなりました。  
角田光代の「森に眠る魚」も子育てママの話、あれは本当にあった話だし、
夢中で読める度合いも相当なもの、レベルの高い作品だと思って印象深いですが、
それに比べてしまうと、現代タワマン子育て、ちょっと納得いかない部分も多く、
浅い感じましました。  
でも、おもしろい! 
ネタバレになるので、感想もほどほどにですが、エピローグでそう来るのか?と
思っても見なかった結末にちょっとハッとさせられビックリ!  
ここに至って、いろんな問題がシッカリ見えてきて、著者のメッセージも
伝わってくる、そんな感じでした。   
姑、母親目線の私が読むのと違って、今の若い子育てママたちはこれを
どう感じながら読むのでしょう。
[PR]
by kimikitak | 2013-05-07 23:37 |
<< 映画とお茶 初節句のキッチン >>