ペニンシュラでランチ

e0117945_1737366.jpg
ウォーキングも終えてチェックアウト。
ここはエレベーター前 
ここでです。 
長身の若い男性と、対照的なちょっとおデブの小さな男性。
鏡を前にマフラーを丹念に巻いてました。 
どうやら小さい方は付き人? 
どう見ても韓流スター。
長身と言っても、190センチ以上クラスでガタイも立派。
小さい方が韓国語を喋った! 
チラチラ見るも、私の知ってるスターではなく、ともあれカッコイイ。
とても同じ人間とは思えません。 
エレベーターがきて乗り込みますが、
黒いマスクとメガネの準備をしてました。 
ここで、『アンニョン・ハセヨ』とでも話しかければよいものの、
圧倒的オーラに声が出ず。
降りるときは、どうぞとばかりに感じがよい。 
降りたあとは待っていた日本人スタッフたちと出て行きました。 
いったい誰なんでしょう。
  

e0117945_17473453.jpg

                                        我々は、歩いてペニンシュラへ。 ランチを食べます。

e0117945_17484769.jpg

                                                最上階のピーター
                                                スタイリッシュな空間 

e0117945_17501272.jpg
平日なので女性が多くにぎやか。
夫予約のお得プラン  
’あまり期待できないよ“ということでしたが、
まずはグラスワインがサービス。 
 
e0117945_17515152.jpg
ランド地方風サラダ フォアグラ・砂肝・様々な味でのお楽しみ
マスタードドレッシング 

サラダの中に、小さなフォアグラなどが潜んでます。 

e0117945_17535139.jpg
鶏胸肉のバスク風 サフランニョッキとパプリカの味わい
辛味のアクセント 

あっさり胸肉。 バスク風というのでどんな?と期待したけど、
トマトソース。  鶏は柔らかいけれど、うちでも作れそうかななんて
生意気なことを思いました。 
でも、ニョッキが3つ、これ美味しい!  

e0117945_17564463.jpg
Peter's デザートセレクション 

食事はゆっくりと運ばれてきて、かなり時間をかけて終了。 
ここの食器、カトラリーはドイツのなんたらハイデルベルグで、
スペース・インテリアも同じかな?と。 
モノトーンでゴテゴテしてなくて素敵でした。 
もてなし方はなんとなくそっけない感じ。  

e0117945_17594775.jpg
ペニンシュラ、見回してみたけれど、
Bangkokの方が、何かとゴージャスかな?とか
また勝手に思いました。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

e0117945_1852373.jpg
帰りに、孫のところにサンタしに立ち寄りました。 
ボブ、足にできた傷をなめないようにと
エリザベスカラーを巻かれてました。 
掻きたいところも掻けないし、おもしろくないようで
ごきげん悪い顔してました。 
[PR]
by kimikitak | 2012-12-22 18:09 | 集合
<< 実家1泊2日 築地 ウォーキング >>