チャングム

e0117945_21441810.jpg

2005 年第一刷 
もうこのドラマはかなり前に話題になり、何度も再放送されてるけど
見ないまま。 
最近になって、朝のテレビ東京でオンエア。 
気づかずにいたら、N夫人が教えてくれて14話になっていた。 
初回から見ないと見るきが失せますが、そこは韓国ドラマ。
途中からでもなんとかついていけそう。
何せお料理がいろいろ出てくるので見たいなと思ってました。 
N夫人がこの本を貸してくれました。 
ですので、1話からのあらすじや、エピソード、歴史、宮廷料理など、盛りだくさんの
内容を把握しながら録画で追っかけてます。 
とても内容の濃い本です。 
宮廷料理のおいしそうなこと!
1話終わるごとに、必ず次が見たくなるしかけ。 
というわけで、日々、これにはまっています。
もう、皆さん見ちゃったあとなので今更ながらですが、おもしろいです。 


e0117945_21572264.jpg
私は五六歳。あと数年でもう還暦に手が届く年齢です。
でも、私に初めて会った人は「とてもそんな年齢に見えない!」といいます。
実際、自分の体の各部分の「年齢」を調べてもらったところ、
脳年齢──三八歳、骨年齢──二八歳、血管年齢──二六歳、
という驚きの結果が出ました。私の肉体は、実年
齢よりもゆうに二〇歳以上も若いことがわかったのです。
そんなビックリするような「若返り=アンチエイジング」
をどうやって実現させたのか? 「食事の内容と生活習慣を変える」ということ、
ただそれだけです。それなりに努力はしましたが、
あくまでも日常生活の延長上のこと。お金や時間を特につぎ込んだわけでもありません。


今はテレビ露出度も高く、今更読んでもと思ったのですが、興味沸くアンチエイジング、
売れてる本に手をだすのも、なんなので、図書館で順番待ちしました。 
テレビに出てるとイヤミな発言も多く、また、お顔はいぜんの太ってるときの方が
むしろいいのでは?と思いましたが、見た目というよりも内面からでる若さに対しての
発信ということなので、想像してたような、どうしたら若く見えるというような
内容ではありませんでした。 
これまでに見た健康番組や本や新聞の情報などで、あらかた自分の中での健康に
対する知識はかなり増えてますが、この本も、なかなか興味深い内容で
なるほどなるほどと思うことが多かったです。 
氏の家系は、医師で、医者の不養生で先祖は早死、ゆえに実践し始めた健康法の
数々が、医学的見地から切り込んでるので、わりと納得できるといえます。 
でも、ごぼう茶は飲みたくないし、一日一食はとても真似する気にはなりません。 
一貫して言ってることは、病気になるのは悪い生活習慣・不摂生によるもの。
ガンの発生のメカニズム
免疫を高め過ぎてはいけない
甘いモノを食べると血管が傷つく
スポーツをすると健康になれない
冷え性の人こそからだを冷やす 
風邪をひいたら安静は間違い
糖尿病のメカニズム
など、気になる内容がわかりやすく書かれていて
取り入れるか取り入れないかは個人の自由として私には
賛成できる内容が多かったです。
最終的には食べ物に言及していて、果物・野菜・魚はまるごと皮まで食べると
なるのですが、できかねることも多々あります。 
ですが、腹6分目はさもありなんなんでしょうね。 
でも、あまりストイックだと長続きはしないこと必至。
ことに私のような食べすけには、無理が多いです。
別に長生きしたいと思ってる人はそう多くないと思いますが、
日々は楽しく過ごしたいもの。 
やはり、少々気をつけながら生きていきたいと思うこの頃です。 
南雲先生が今後、どのように人生を展開されるのかも、興味ありです。
[PR]
by kimikitak | 2012-11-01 22:35 |
<< 初おでん 最近のミミ >>