鳥重 東山とし子さんの本

e0117945_1371444.jpg
「ぶつよ!」「もう飲んじゃダメ」。渋谷のんべえ横丁の小さな焼鳥屋を60年間守り続けた女将が、
お客さんに口癖のように語る名文句です。
イチロー、石橋貴明、秋元康、ホリエモンといったグルメ有名人に愛され、
もちろん無名の常連客にも愛される奇跡の焼き鳥屋。
予約は3か月先。美味しいのは当たり前。
女将と話しているうちに、だれもが元気をもらい、帰り際には誰もが次の予約をしてしまう。
元気が出る女将の言葉の数々。
親から継いだ店ののれんをたたむわけにはいかない、
その一心で、身を削って、安く、美味しい、焼き鳥を作り続けた女将の生き方に、
日本女性の素晴らしさを感じない人はいないでしょう。



2011年年末に一度だけ訪れた 鳥重さん
味にも、おかあさんの佇まいにも大感動した鳥重体験。 
そのとき、本が出るからと、メールアドレスを記してきたのですが、
講談社からメールがきて、鳥重のFacebookからアマゾンで予約。 
たった一度しか行ってないのに、おかあさんの本がすぐにも読みたくなる
おかあさんに一目惚れでした。 その名は東山とし子さん、御年、71歳。
この本の写真撮影は浅井慎平さん。 料理写真は断っていた氏も、
常連だったこのお店のためならと、リアルな写真となってます。 
お店に行ったときは、忙しく働くおかあさんの姿は、あまりよくは拝見しませんでしたが、
本に載ったとし子さんは美人です。  
食べてるときもしょっちゅうかかってくる電話 「鳥重でございます」のその声の
上品だったこと! 
このおかあさんと美味しくって安いこのお店のファンは、この本を
手に入れたかたも多いと思います。 
まさに鳥重のすべてがつまってました。 すべてはおかあさんの語りから編集された
ようなので、戦後から今日まで、飾ることなく真摯につむがれています。 
秘密であってもよさそうな、仕入れ先から、たれや調味料、お酒やワイン、使ってる炭、
仕込みから、片付けまで、すべて本当のことが語られて淡々と潔いです。 
営業中はトイレにたつこともできない、立ちっぱなし。 6時から3回転が終わると日付が変わる頃。
その後、ご主人が迎えに来て、二人でお店の片付け、洗い物、 換気扇の掃除、火鉢の処理、
すべて終わって家に帰ったらすぐ、仕入先の留守電に明日のものの注文。
その後、お店でだす漬物のしこみ、家の食事の準備、などなど、寝るのは4時半。
起きるのは9時半、すぐに鶏の仕込みにかかって3時頃まで。 
日々の過酷さは半端無さそうです。 
実は、とし子さんはこの商売が好きではなかったらしい。  
お父さんが亡くなり、母、兄と亡くなったあとを、意地で守ってきて、今では
天職となったとも。 
子どもが小さい頃は、勉強もみてやれない、一緒に過ごせない辛さも味わった。 
とし子さんは家族愛に満ちた方、だからでしょうか、お客さんにも人間愛で
接してるのかもしれません。 
お客さまに感謝といいながらも、きらいになることも、それは無断キャンセルする輩。 
そんなことの繰り返しから、このお店のルールが自然とできたのでしょう。
来店するな著名人のエピソードも、とし子さんならはな切り口で語らてるのも興味深かったです。 
たとえば、以外と背が高い美人、「あなた、たまに宮崎あおいさんに似てるっていわれません?」って
お聞きしたら、「本人です」で、大笑い。 ご両親はよく来店してたのに、娘自慢もしなかったとか。

これだけの仕事をこなした方だからこそ光ることばがいっぱい詰まった本ですが、
「人間はこの世を去るまで失敗の繰り返し」
「きょうから何もしなくていいんだでは、人間ダメになります」
「親というのは、子どもの声ひとつでだいたいわかります」
「母にならって男女差別はいたします」
「嫌なことを先にかたづけ、いつでもできることは後回しに」
「女らしさとは、自分自身に与えられたことをしっかり務めながら、主義・主張を
しっかり述べることができること。家庭をしっかり守り、いつでも夫の片腕となれること」
などなど、ちょっと古いと感じることもお母さんが述べると、そうだな~と思ってしまいます。 
鳥重がなくなったらどこにいけばいい?おいうお客さんには
渋谷マークシティの近くの「鳥竹総本店」がオススメだとか。

この12月でお店を閉めて引退したら、お母さんは、何をなさるのでしょうか。 
引き際も肝心、健康に生んでくれた親に感謝して、休むことなく続けたことももう終わり。 
もう一度くらい、あの焼き鳥が食べたかった、あのお母さんの仕事もみてみたかった
と思わずにいられません。  何せ予約とれませんし。
最後の最後のお客様はどんな方なのでしょう?  







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0117945_14183192.jpg
e0117945_14185189.jpg

巻末に皆様へのメッセージとして書かれてました。
我が家の苗字も見つけました^^ 
[PR]
by kimikitak | 2012-10-08 14:20 |
<< 第2冷蔵庫の記録 ロイヤル・ホアヒン・ゴルフコース >>