忠武路テジカルビ

ソウル2日目の夜は、テジカルビ。 テジとは豚肉のこと。
ガイドブックに載ってるお店。
{30年の秘伝のタレが決め手}ってことで、
  忠武路テジカルビ  コネスト
ここへ行くのに、地図を見ながら方向を考えていたら、若い美人のお嬢さんが
どうしたの?という感じで声をかけてくれまして、 「あっちの方よ」と、
教えてくれました。  前回も思いましたが、ソウルの民も親切。 

e0117945_618452.jpg 
たぶんここ、とあたりをつけたら
ガイドブックに載ってる
おじさんが 顔をのぞかせました。 
ビールを飲んじゃったあとながら楽しみ。
おじさんは、日本語もある程度できます。 
焼き網がなかなか点火しなかったら
「調子悪いね、でも大丈夫」なんて
言ってました。

e0117945_6222429.jpg

e0117945_6245441.jpg 

秘伝のタレにつかったテジカルビ 
 その他、サム・ギョプサル、豚ヒレの塩焼きとありましたが
 テジカルビのみ。 
ほとんど地元の方、ここでも、右テーブルのおじさんが笑いかけてきます。
そのおじさんはにんにくを網の上で焼いてました。
となりでは、若い女子二人が、悩みかなんか話してるような感じ。 
焼き方は、お店の人が手伝いに来ました。
ハサミでチョンチョン切って、食べごろになるとすみによせて
いいよ~って感じ。
薬味をのせて葉っぱに包んで食べるのですが、
私はそのまま食べた方が好き。 
柔らかくて大変美味しかったです。
 
e0117945_6342493.jpg

月曜の夜、仕事帰りの方たちが飲んでってる図。
食べ終わって歩いてますが、夫は近くに冷麺街があると言って、
まだ食べる気でした。  
ところが、お店はあるにはあったのですが、どこも人の気配なく、
あきらめました。   
これで韓国マシッソヨも翌朝食のみ。 2泊はあっという間。 

e0117945_647716.jpg

                                                        帰り道に見つけた 似ミミちゃん    
[PR]
by kimikitak | 2012-06-16 13:08 | 韓国
<< サヨナラ ソウル  ル・ニコ・ア・オーミナミ >>