花宵道中

e0117945_9365145.jpg
男に夢を見させるためだけに、生きておりんす。
叶わぬ恋を胸に秘め、抱いて抱かれる遊女たち。
驚愕のデビュー作。R-18文学賞大賞受賞。

どんな男に抱かれても、心が疼いたことはない。
誰かに惚れる弱さなど、とっくに捨てた筈だった。
あの日、あんたに逢うまでは――初めて愛した男の前で客に抱かれる朝霧、
思い人を胸に初見世の夜を過ごす茜、弟へ禁忌の恋心を秘める霧里、
美貌を持てあまし姉女郎に欲情する緑……儚く残酷な宿命の中で、
自分の道に花咲かせ散っていった遊女たち。
江戸末期の新吉原を舞台に綴られる、
官能純愛絵巻。R-18文学賞受賞作。



アリスさんのレビューで知った憧憬カトマンズが読みやすくおもしろかったので、
引き続きこちらを読みました。
過去作品なので、すぐに図書館からきましたが、長待ちしていたものと重なって
しまい、焦りつつ読了。
第5回女による女のためのR-18文学賞受賞
このような賞があるとは知りませんでしたが、あえて手に取るには
いささか歳をとりすぎてしまったかと思ったのですが、心に沁みる作品でした。 
短編連作形式で、人物が他の章へと絡んでいき、人間関係がかなり複雑で、
あ~、こう繋がるのか、と納得しながら読むのでちょっと大変。
吉原にも格というものがあって、この話は、’総籬をもたない小見世、張見世に半籬があるぶん
小格子までは落ちないが、お茶屋の呼び出しだけでやっていけるような上玉揃いでもない’
山田屋の女郎たちの物語。
貧乏な村から売られたり、攫われたりして、年季があけるまで大門から出られない
遊女たち。死なずに生き抜けば大門の外に出られる。
’生きてゆくのは諦めてしまえばそう辛くない’とくくられます。
そんな哀しい遊女たちの話ではあるものの、ありんすことば、吉原を映し出す
表現の数々は、キラキラと美しい。 我々にとっては伝え聞いた世界ゆえ、
その単語にはおびただしくルビがついてますが、とにかくことばが魅力的。
官能部分も多々表現されてましたが、あまり淫猥な感じでもないのは女性のために
女性が書いたからでしょうか。
登場する遊女たち、単にからだを売る女ではなく、プライドを持った
激しくも活き活きとした姿が描かれてます。
江戸遊女、こんなこともあんなことも、すべてを書いてしまおうというような
作者の心意気を感じました。
最後に『私たちの知らない吉原で、恋に泣いて、思いを遂げられないまま
死んでしまった遊女たちの魂が、少しでも慰められることを願います』とは著者のことば。
遊女の魂を考えると少し放心しますが、選考委員の角田光代さんも 
『読み手の内に色彩を残すというのは、並大抵のことではない。文句なしの大賞受賞』と
絶賛されてます。 
そうです、色彩を残すのでした。 

さてこれを返したら、次も次もきてる、大変。 
[PR]
by kimikitak | 2012-04-22 10:35 |
<< 休日朝食  最近のごはん4月 >>