猫鳴り

e0117945_20272439.jpg
ようやく授かった子供を流産し、
哀しみとともに暮らす中年夫婦のもとに一匹の仔猫が現れた。
モンと名付けられた猫は、飼い主の夫婦や心に闇を抱えた少年に対して、
不思議な存在感で寄り添う。
まるで、すべてを見透かしているかのように。
そして20年の歳月が過ぎ、モンは最期の日々を迎えていた…。
「死」を厳かに受けいれ、命の限り生きる姿に熱いものがこみあげる。


いっしょにいるだけで を貸してくれたSさんが、今度はこの本、
’猫鳴り’がおススメ、「すごく引き込まれる」という、
猫ものらしいので、早速読んでみました。 
読み始めたら、本当にぐいぐいと引き込まれ始めました。
帯に、『静かだが力強い筆致は見事というしかない』とありましたが、
まさしくその通り、猫のことをたぶん知り尽くしてるから描けるのでしょうが、
無駄な表現が1行もないのでは、と感じました。
うちにも猫がいるから、猫好きだからというのを差し引いても
たぶん誰でも引き込まれるのでは? 
1章は、子をもてなかった夫婦が、見つけた仔猫を手元におくまで
モンと名づけた不思議な少女も、不気味さを伴って大きな役割をもつキャラクター
2章は、ブラック・ホールに入ってしまった少年と猫との話。
3章は、ひとり残された藤治が見つめる、猫の老いと死
全体に暗いトーンで、どの章もこれでもかこれでもかというほど
一筋縄でいかない。その表現力にじらされます。 
泣き止まない仔猫を見つけてから、何度も何度も捨てに行く信枝。 
それでも何度でも戻ってくる仔猫、それなのにまた捨てにいく信枝。
「猫はそのあと二度と振り向かず、いつまでも向こう向きに立ちすくんでいた」
「猫は動き始めた...ついさっき信枝の方にやってきたときの、
 あの確信を持った賢明な足取りで逆のほうへ」  
この場面とその躊躇ない’これでもか’で、もうたまらなくなりました。  
2章の不登校の少年の暗い衝動を止めるかのごとくのモンの視線、
ここでもまたいやというほどじらされます。  
3章は、信枝を病気で失ったあとの、藤治がモンを看取るのですが、
ひとりぼっちになってしまう、若い頃から死を恐れていた老いた藤治。
それを見透かしたかのように、モンが教えてくれる様々なこと。 
ここは、結末かなり感動です。
我々みんなに訪れる死というテーマが潜んでいました。
モンの荘厳な死。みごとな死。 
泣かないと思っていても涙がでそうでした。 
 
どういうジャンルに入る話なのかわかりませんが、
1匹の猫の生涯とその周囲にもたらす重みが描ききれてる感じは、
薄い本ながらとても内容が濃く深く、心に残りそうでした。
ほのぼのしたエッセイ’いっしょにいるだけで’と
また趣向の違う猫の物語でした。 

猫鳴りとは、主人公のひとり藤治が、モンの喜びの表現の
のどのグルグルをそう呼んでいたのでした。
モンが気持ちをほどいて、猫鳴りをしてくれるのが生きてる証。
撫でると猫鳴りが返ってくるとホッとする藤治。
もしも...  
そんな気持ちがひしひしと伝わってきて、ジリジリとしました。
  
引き続き、この著者の’9月が永遠に続けば’を
読みたいと思います。
[PR]
by kimikitak | 2011-10-26 21:42 |
<< 横浜 ニャン >>