牛肉の赤ワイン煮

e0117945_17562992.jpg
ブフ・ブルギニオンを作ろうかと思いついて、
お鍋に肉と野菜と赤ワイン、それを冷蔵庫で一晩。 

翌日は、お肉に塩コショウして焼き付け、
野菜は炒めて、ワインのお鍋にもどして
煮始めました。 
とろ火にして数時間、ただただ煮るだけ。
やわらかくなったところで、お肉だけとりだし、
野菜入りワイン煮汁を(さめてから)ミキサーに
かけたんです。 
そしたら、変な色になっちゃいました。
茶ソースのよう。

なんかそそらない色になっちゃったけど
しょうがない。

こういうお料理は、
赤ワインの選択がいちばんのキーなんでしょうネ。 






















ピンクのお鍋はバーミキュラ。
意気込んで買ったわりに、
買ったことで満足し放置。
しまいこんで、ようやくでデビューとは情けない。
無水調理は、牛肉の付け合せの野菜。
野菜を並べて、とろ火で30分。 
とろ火の具合も、程度問題なので、
慣れないと...
できあがりはタジン鍋とかルクエと同じような感じかしら?
しまいこまないで、このお鍋もどんどん使わなくっちゃ!
と思います。
次は、ミネストローネが簡単かな...
とりあえず、かわいいピンク、カウンターに鎮座。  



[PR]
by kimikitak | 2011-10-17 18:15 | キッチン
<< アウトバーン 空食 >>