夜行観覧車

e0117945_20313487.jpg
父親が被害者で母親が加害者--。
高級住宅地に住むエリート一家で起きたセンセーショナルな事件。
遺されたこどもたちは、どのように生きていくのか。
その家族と向かいに住む家族の視点から、
事件の動機と真相が明らかになる。
『告白』の著者が描く、衝撃の「家族」小説。


ようやく図書館から順番がきて読み始め、
冒頭部分から目が離せなくなって、これは一気読み。 
中学生彩花の暴れるところから始まりますが、
このキレッぷり、母親真弓のへたな対応が、ますます娘を逆上させる。
そんな場面が何度もあり、スイッチが入って暴れる場面、実際にこんな子は
いるんだろうなと思わせる会話の記述がリアルで、とてもうけてしまいました。
おもしろいと言っては失礼な深刻な問題ではあっても、どこか滑稽。
ホントに憎たらしい娘「育てたように子は育つ」という感じ。 
あこがれの高級住宅地にやっとこさ小さな家を建てた、この遠藤家。
まるで反対ともいえる向かいのエリート医者家族の高橋家、
彩花の癇癪に呼応するように、高橋家にも叫び声が… 
絵に描いたように幸せに見えた高橋家でおきた殺人、
その家族に潜んでいたことが、
紆余曲折の果てにあきらかになっていきます。
おせっかいな隣家の小島さと子もキーになる重要人物ですが、
このキャラも相当なもの。 
ちょっと偶然が多いかなとは思いましたが、
予想外の展開で、最後に少し希望の光もみえてまとまります。
まとまったとみえて、最後に週刊誌に載った真相は、実際とは違う
「死人に口なし」と思わせるもの。 これをどう解釈するかは
ちょっと悩んだところ。
人の気持ちがわからないと(そう簡単にわかりあえるはずはないけれど)
何げないことばでも深く人を傷つけるということなんでしょう。
言った方は、傷つけたことも知らずにいる。
そんなことはどこにでもありそうなことではあります。
他人ならば離れていけばよいですが、
家族は日々の積み重ね、小さかったことがどんどん増幅して大きな問題に
発展するのを、どこかで変えることはできないのでしょうか?
そんなことを思いながら読みました。
ブームになった感のある『告白』よりもこちらの方が読後感はよく、こちらの方が好きかな。  
 
[PR]
by kimikitak | 2011-07-20 21:35 |
<< 3連休のごはん 午後ティー >>