白銀ジャック

e0117945_17244086.jpg
ゲレンデの下に爆弾が埋まっている――

「我々は、いつ、どこからでも爆破できる」。
年の瀬のスキー場に脅迫状が届いた。
警察に通報できない状況を
嘲笑うかのように繰り返される、
山中でのトリッキーな身代金奪取。
雪上を乗っ取った犯人の動機は金目当てか、それとも復讐か。
すべての鍵は、一年前に血に染まった禁断のゲレンデにあり。
今、犯人との命を賭けたレースが始まる。
圧倒的な疾走感で読者を翻弄する、痛快サスペンス!


いきなり文庫化、売れてるというし、目につくので思わず買った。
う~~ン! 期待しすぎたかしら~!
っていうところです。 
スピーディな感じもしなくて、というかあまり読み進まなくて
もたもた読んで、よけいにおもしろくなくなったのかも。 
ゲレンデの描写などが、スキーヤーでもボーダーでもない
私にはくどく感じてしまったし、リアリティも感じなくて
ようやく読みました。 
[PR]
by kimikitak | 2011-01-20 17:30 |
<< 書道の日 病院のあと >>