タッカンマリ

e0117945_2355591.jpge0117945_23693.jpg
夜の街を歩く070.gif
東大門(トンデモン)を目指して歩く… 
新しいビルの前の大きな歩く人オブジェ、ちょっとレゴっぽい。
清渓川(チョンゲチョン) 川の遊歩道は歩いてみたい名所
現在22の橋がかかりライトアップされてきれいな5.8キロの川。
 e0117945_23211483.jpg東大門のタッカンマリ横丁へ  
途中、アウトドア用品店がズラリと並び、
横丁あたりにつくと、
焼き魚がズラリと売られてました、
何の魚かしら~?  
  e0117945_23252087.jpg ここがいちばん
流行ってるお店らしく、長蛇の列。
チンハルメウォンジョ タッカンマリ 
このおばさんのお顔を見てると
入ってみたくなるものの、 
いつまで待ってれば順番が
くるのか見当もつかず、
2番手のお店で妥協することにしました。 
 e0117945_23283945.jpg e0117945_23285652.jpg
ミョンドン・タッカンマリ ここもにぎわってましたが、とりあえず座れました。
 
e0117945_23305758.jpg


                     座ったらすぐにドーンとでてきた、この洗面器のようなお鍋  これこそがタッカンマリ                
                     鶏一羽が丸ごと入ったスープ鍋  手際よくハサミでちょんちょんと切られ、そこに砂肝、トッポギ、ジャガイモなどが投入されました。 
 
e0117945_23344883.jpg


                     次にタレの説明、それは日本語です。 
                     お店独自のタレに、にんにくおろし、タテギ、韮の刻んだの、マスタードを入れ、よく混ぜるのだそうです。  と、ここまでで説明は終わり。 
                     
                     あとは、周りを見まわし、どうやって食べてるのか観察しながら煮立つのを待ちました。 
                     キムチを投入しぐつぐつなったら灰汁をとり、薬味ダレにつけて、いたたきます。 
                     みんなにぎやかに食べて盛り上がってます。 タテギはそれほど辛くもなくコクがあり、たっぷり入れて食べても大丈夫。 
                     トッポッキがことのほか美味しい、ジャガイモもこのタレにあってて美味しい。もちろん、鶏で栄養満点。  
 e0117945_23431289.jpg
〆にカルグクス(うどん細麺)を入れて、
スープと一緒にいただきます。
ここで、トッポッキを追加すればよかったと軽く後悔。 
10種類以上の材料を5時間煮込んだというスープは、
最初よりもどんどんおいしくなってて、
とてもあとをひき、いつまでもいただいてました。 
ここのお店ので大満足でしたが、並ぶ人のあふれてる
チンハルメおばさんのところは、何がどれほど違うのか
知りたいところです。 
このお鍋、私は大変気に入りました。 
                      

 
[PR]
by kimikitak | 2011-01-13 23:50 | 韓国
<< 明洞聖堂 石焼きピビンパッ >>