旅する力

e0117945_2054155.jpg 沢木耕太郎/著
誰もが憧れ、夢見た〈深夜特急〉の旅。
遂に、あの旅が、終わる――。
何万もの熱狂的読者を持ち、
バックパッカーのバイブルと呼ばれ、
既に古典の風格すら備えている『深夜特急』。
第三便の刊行から十六年の時を経て、
遂に〈最終便〉が走り出す! 
本編には書かれていない裏話や、
沢木耕太郎ができるまで、ともいうべき
デビュー直後の秘話など、
旅に関する文章の集大成となる、
初の長編エッセイ。
発売日 : 2008/11/28









なかなか借りられず、ずいぶんと待ちました。 
のっけから、ちょっと嬉しい記述が。 
その小さな旅がすべての始まりだったのかもしれないという一節
沢木氏が池上に暮らしていたといのは、こないだ’無名’で知ったところですが、
この一文では、友だちの家に行ってて、ある日曜、友だち一家はマツザカヤに行くというので
帰宅した沢木少年は、どうしてもマツザカヤなるところに行きたくなって、
大森駅からひとりでキップを買ってでかけたという。 小学生のころのことです。
奇しくも、私はよく母に連れられて大森駅からマツザカヤに行ってたのでした。
あの頃は、やけに遠いところに行ったのだと思ってました。 
マツザカヤはふたつあり、御徒町、銀座、どちらかわからなかった沢木少年は
御徒町を選んで、アメ横を歩いたりの冒険となったらしい。
マツザカヤがすべての旅の始まりとは、ちょっと嬉しくなってしまったのでした。
でも、あくまでも私は連れ歩かれたので、少年がひとりで行こうと思って
実行したのはそれだけで尊敬に値します。  
それから気になって、沢木氏と地域のつながりを検索していくと、
沢木氏が通ったお店に 大森の鶏料理’葡萄屋’がでてきて、これにもビックリ。
アクセルママたちや家族とちょっと昔はよく行ってたお店なので、
何か余計な親近感がわいてしまいました。
それからの沢木少年は、よくご両親が許したと思われるひとり旅を繰り返してるのです。
もとより利発な少年だったのでしょうから
あたりまえのように、見守ったご両親なのかもしれませんが。
本当に、かわいい子には旅をさせよ、っというところなのでしょう。
あの深夜特急の旅に出る顛末、書くに及ぶ顛末、
思い描いていたのとは違いました。 
けっこうな孤独や不安もかかえながら、言葉もわからず、それでもぶれることなく
予期せぬできごとに対峙したのは簡単ではなかったのだとわかりました。
少し前に読んだ、ベトナム旅行の本の巻末対談に、
高峰秀子が、夫の松山善三が、’あんなおもしろい本を出したら
日本の若者がみんなマネをして海外に飛び出していくだろう’と、
’でも沢木さんのように頭がよければいいが、危ない’というような意味あいの
くだりがあり、その通りだと思ってたのでした。
この本にも、そんな、若者のこと、仕事をやめていく人、
彼女をおいて出て行く人のことなどもでてました。
あの情報が少ない時代に、安全を確保するのは大変だったのでしょうが、
イチがバチかみたいなところも、その判断が重要なのですね。
旅には適齢期というものがある、その年齢にふさわしい旅がある。 というのも、ごもっともですが、
それが沢木氏の文章となると、説得力があって、今一度考えさせられます。 
旅の集大成として 印象的なのは
旅は偶然に満ちている。さまざまな偶然が旅を変容させていこうとする。
たとえば、いくら厳密な予定を組んでいたとしても、予期しなかった
できごとに遭遇して変化を余儀なくされる。...  
 
というようなことですが、思いもよらないことに晒されて、訓練され、
柔軟に対応できる力を得る、という内容にも、沢木氏だからこその
重みがありました。 
同じような旅をしてる人も世の中にはいっぱいいたのでしょうが、
バイブルとまでなる旅とその報告は、今もって新鮮にワクワクしながら読めるのだと思います。
こんなにもときが経ったのに不思議です。
この本にもワクワクするような箇所がいっぱいありましたし、
思うところいろいろあったのに、感想がうまく書けないのがもどかしいです。 
[PR]
by kimikitak | 2010-06-23 21:07 |
<< 小袋 林真理子 いいんだか悪いんだか >>