日本食

e0117945_19562757.jpg
タイ・カンボジア日本食 
私は、何も外国で和食を食べなくてもよいのですが、
日本食を食べたがる犯人は夫です。
おなかをこわしたりするのも私ではなく夫。
タイでは、日本食の大ブームで、日本食のお店もピンきり。
ホテルや一流店の本格的なものから、ラーメン屋さん、チェーン店系列など、
値段もさまざま。  
そこで我々が食べるのは、タイ人にも人気のあるような、ほどほどのお店です。
大戸屋は、まず日本では入らないお店ですが、ここのお豆腐、板そばはおいしく、胃が疲れた
ときなどありがたい1品。
CoCo壱番屋も日本では入らないですが、
普通の日本式カレーでおいしいと感じます。 
坦々麺というお店は、日本人がいっぱい来る、ことに単身赴任のお父さん風が
目立ちます。 海老フラいカレーなど、ごてごてしたメニューが多いです。
ホテルなどでは、タイ人は少なく、白人がお箸をごく自然に持って、お寿司を食べてたりします。 
歌行灯というのも、古くからあるうどんのお店、セットものがお得なようで、すごい取り合わせと
なりますが、だしもおいしいです。 
わりと、とんかつは、失敗のない選択だと思います、でも...
結果、わざとらしい日本食がほとんどで、
家で食べるようなふつうのものを食べるのは、なかなかむずかしいことでして、
’家のごはんがいちばんおいしい’となります。 (私が料理上手というわけでなく) 
カンボジアにも、日本食があって、ちょっとビックリしました。 
銀河というお店、ツアーでも使われるようですが、現地のちょっと
富裕層のような感じの家族も来ていて、お寿司など、たくさん食べたいだけ
食べていました。 そんなに驚いてはいけないのかもしれませんが...
[PR]
by kimikitak | 2010-01-25 20:23 | タイ
<< ラフマニノフをシロウト耳で 焼肉 >>