アンコール・トム 南大門 

e0117945_19323999.jpg
 寒いので、あのカンボジア・シェムリアップで流した汗を忘れそう。 
思い出しながら、写真を整理。 ガイドさんにうけた説明をもっと覚えていられたら良かった。 
カンボジア遺跡を見るには、まずこのチケット売り場で、顔写真入りの入場券を購入。
この場で、顔写真を撮られるので、ニッコリ笑いたいところ。 
1日券20ドル、3日券40ドル、7日券60ドル と わりあいにお高い入場料が必要。
入国のさいにも査証が20ドル必要、出国にも空港使用税25ドルが必要。 
米ドルが通用し、何かとお金がかかります。 この国の通貨はリエル。 
この日、夫が日本で申し込んでおいた1日日本語ツアーに参加しました。 
7名の日本人、ワンボックス(エアコンきかず暑い)で主要な遺跡に連れて行ってもらいました。

e0117945_1955476.jpg
e0117945_1956798.jpg
まずは、
アンコール・トム(大きな街という意味) 
1辺が3km高さ8mの城壁に囲まれた大型の城塞都市で、内部はバイヨン寺院、王宮、遺跡群がある。
ジャヤヴァルマン7世が創建(クメール王朝最盛期の王) 12世紀末
王はベトナムのチャンパ群によって破壊された王都を再建し、
仏教による『神都』として再生させた。 

    ~カンボジア政府観光局ガイド~
↑ 南大門  巨大な四面観音菩薩像が彫られた五つの門のうちのひとつで、
ここから入りました。  
シェムリアップに来て、初めて見る遺跡に、期待が高まりました。
ここを通って、まっすぐいくとアンコール・トムを象徴する遺跡 バイヨン寺院へ。 
[PR]
by kimikitak | 2010-01-04 20:21 | カンボジア
<< バイヨン 初詣 >>