また行きたい永平寺

e0117945_2343274.jpg
e0117945_2354395.jpg
e0117945_236562.jpg
永平寺
ちょっとまた思い出しました。 
天井画が素晴らしく、
その後歩いた回廊も、気持ちよかった。 
今頃、もう紅葉でしょうか。





傘松閣(さんしょうかく)
吉祥閣(きちじょうかく)から二階に上って最初の大広間が傘松閣で、平成7年6月15日に再建された鉄筋コンクリート造り2階建の建物です。

 これは平成14年(2002)に迎える道元禅師の750回大遠忌の記念事業の一環として平成五年より2年の歳月をかけて完成したものです。

 旧傘松閣は、昭和5年(1930)の二祖国師(孤雲懐奬禅師・こうんえじょう)の650回忌の折りに建立された170坪(約560平方メートル)、総檜造りの160畳の室でしたが、これは、そのままを永平寺町の資料館に移転、復元されています。

 新築の傘松閣は一階に参拝者や祠堂殿(しどうでん)法要に上山された方の控室等が置かれ、二階が160畳敷の大広間で、格天井には当時(昭和5年)文展・帝展に入選した南画の大家144名による230枚の花鳥図がはめ込まれ、絵天井の間として有名です。大広間正面には現薫宮崎奕保(みやざきえきほ)猊下の染筆による「傘松閣」という額が掲げられています。 

[PR]
by kimikitak | 2009-11-02 23:09 |
<< ’もったいない’の心と生活 ちょっと前に読んだ本 >>