入院数日

e0117945_1745051.jpg入院中、姉がもってきた
銀座かずやのお菓子
せっかくのお菓子ですが、
ベッドにつながれたまま、
食べました、情けない...
でも、プルルンとしておいしかったです。
入院した病院は、実家の近くだったので、
姉・母が現れて、入院グッズもそろい
洗濯も日々頼めました。
検温、バイタルチェック、回診、点滴は日課。
術前検査=肺活量、心電図など、進みます。
いろいろ、コトが進むにしたがって、
一瞬にして転んだことを激しく後悔したりします。
数日後の夜、真央ちゃんのスケートを見ていたら、
’スミマセン、患者さんが来ますから’と、看護師さんたち 
救急患者が隣りに入るため、
私のベッドを、一旦、廊下に出すとのこと。
真ん中のベッドを入れるためには、
ドア側のベッドを出さなければ入れられない、
なんということ、そんな病院あり? レトロ病院恐るべし。
というわけで、私はベッドに横たわったまま、廊下へ。
そこで、ベッドごと入ってきたのが、
大腿骨骨折のれいの寝かせてくれないご婦人。
寝たきり生活の、お仲間ができたと喜んだものの、
その後、このおばあさんで苦労することに...
軽く考えていた手術も、夫もよばれ、
お医者さまからの説明を受けると、
チタン8センチプレート、ボルト数本(結果7本)、スクリュー2本で
固定するとのこ...おそろしい~007.gif
そんなつもりは全くなかったので、おびえはじめました...
[PR]
by kimikitak | 2009-07-09 20:31 | 健康
<< 若夫婦 ピザ >>