朴さん登場

e0117945_215511100.jpg
 骨折の応急処置のあと、Kさんのお顔を見て、
申し訳なさでいっぱいの私。 悠然と流れる川のKさんは、このときは
優しく、なおかつキリっとテキパキと、病院の説明や処置、今後
どうするかなどを通訳してくれ、夫とふたり、あっちへ行ったりこっちへ
来たり。 「応急処置をしたが、手術は日本でした方がいいでしょう」
と病院側の勧めもあって、翌日日本に帰ると決定。 
また朦朧としている私、次に気がついたときは、見知らぬ男性がいました。 
Kさんが 「ごめんなさい、夫が接待中でつかまらないので、飛行機の
チケットを頼むので電話したら、この人来ちゃったんです」と、すまなそうにいうKさん。
え~?申し訳ないのはコチラ、とひたすら恐縮し、あやまる私。
「この人のこと、ぜんぜん気にしなくていいですから、勝手に来ちゃって
しょうがない、気にする必要全くない人ですから…  私が日本語教えた
生徒ですから」 などと、平然としているKさん。 
この男性は、朴さん(パク)、日本語ペラペラで、すごく明るく、優しい笑顔の方で
とても愛想が良く、自然、こちらも旧知の人のような気になって救われました。
この順天郷病院で、医師をしているお兄さまがいるとのこと。
Kさんは、朴さんに命令口調でいろいろ指示してます、そうか先生だからな~
朴さんは、日本で東工大に留学中Kさんに、日本語を教わったとのこと。
「とても日本語がじょうずですね、先生がいいですものね」とあれこれたずねると、 
Kさん曰く、「韓国の人は、だいたい半年教えると喋れます」とキッパリ!
え~っ?とびっくりしている私の前で、ペラペラ日本語で喋る秀才の二人。
朴さんの日本語を 「その使い方は違う」 などと、ときおり、訂正し、
言い直させるKさん。  厳しい先生だったんだろうな~ 
(異国でも、泰然と落ち着いているKさん、昔のままだわ~などと思う)
そんな会話を聞いているうちに、リラックスしてきました。 
(朴さん、いい人だわ、とても素敵だし、頭がよさそうだし、
  お茶目だし…と思ったりして、痛みを忘れる)

そして朴さんは特別手配で、大観航空のチケットをとってくれたらしいのです。
私のために3人が、忙しそう。 事務手続きや支払いや、翌日の手配やら…
その上、ホテルの荷物もパッキングして、チェックアウトもせねばならない。

                                 続く…

           
[PR]
by kimikitak | 2009-06-23 22:56 | 韓国
<< Kさんご主人登場 骨折 >>