景福宮 キョンボックン ①

e0117945_12494156.jpg
Kさんに、李氏朝鮮時代の正宮、
「景福宮(キョンボックン)」を
案内してもらいました。
日本語ガイドのイヤホンも借りて
もらったので、詳しい説明が
聞けました。

待ち合わせの10:00は
ちょうど、
守門将交代式が行われていて、
まるで映画のよう、とても
見ごたえがありました。
Kさんによると、この衛兵たちは、
市職員とか、役者志望の方が
演じているそうです。
体格の良い、カッコいい
人たちで、写真撮影にも
応じてました。


景福宮は1395年(太祖4年)創建された
李氏朝鮮の正宮。易姓革命で1392年、
朝鮮を建国した李成桂(イ・ソンゲ)と
その支持者たちが首都遷都を決定し、
即位から3年後の1395年、
高麗の首都である開京
(ケギョン・現在北朝鮮にある開城(ケソン)の旧名)
から首都を漢陽(ハニャン、現在のソウルの旧名)
に移す過程で造られた宮殿で、
現在の青瓦台(チョンワデ・大統領官邸)
のような機能をしていた李朝の心臓部でした

... ソウルナビより ...


背後に見える山
白岳山(ペックァッサン)は、
Kさんによると、
北から逃げてくる人がいるので
登山禁止となっているとの
ことでした。
さすが、まだ、停戦中の国
いろいろな事情があるようです。
[PR]
by kimikitak | 2009-05-17 13:14 | 韓国
<< 景福宮 キョンボックン ② もくれん >>